« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/22

YKT(2693)

先週、YKT(2693)という会社の株を買いました。この会社、もともとは山本機械通商株式会社という堅い名前でJASDAQ銘柄なのにずいぶんな老舗、らしい。機械商社なのに証券コードは食品セクタの中の人、らしい。値動きも存在もかなーり地味なんだけど、その分誰も注目していないのか、どの指標を見ても割安、ということで、とりあえず390円台で打診買い。

その後の目論見としては、今週は子株還流ということで少し安くなるだろうから380円がらみから買い下がって保有株を増やす方針、と思ってたんだけど、出来高も増えて株価は上昇・・・どうも上っぱなれるっぽい動き・・・_| ̄|○

今月いっぱい400円で買い指ししてるので、どなたか売ってくださいな。まぁ、買えなければこのまま暫く放置ですかね。目標は、うーん、どうしましょう。なんか逃がした魚はデカいという話もあるし、こういうのに限って大相場に発展しそうな予感、なんて妄想も織り込んで、とりあえず1000円くらいを目指してみますか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D2Hsのことなど

先日、ニコンがD2Hのマイナーアップデート版としてD2Hsを発表しました。実の所、D2Hと比較して余りスペックが変わってないので、買い換えることはないと思うけど、思う所を書いておきます。

大きな変更点はないんだけど、ワイヤレストランスミッターのWT-2に対応したのは良さげです。D2HはWT-1には対応してるんだけど、ノートパソコンにサーバー組んで・・・とか設定が面倒臭そうだったのでパスしてました。WT-2は、基本的には無線LANで簡単に繋がる、らしい、ので、ちょっと興味あるかな。
あと、画像エンジンの変更については勿論興味深々で、どんな絵が出てくるのか楽しみですね。とりあえず、高感度で、ローノイズになっているらしいのはいいです。もしも今よりもっと「ポジフィルム」ちっくな絵作りだったら、買い換えてしまうかも知れません。

変更してない点では、画素数が増えなかった事は評価したいです。400万画素はA4程度のプリントには十分なので、むしろ画素の面積の大きさを生かした深いラチチュードを持つ低画素素子に育てて今後も出して欲しいですね。とはいうものの、次期機種はさすがに600万画素くらいにはなるかな。

D2Hは初めてのデジ機ということで、飛びついたんだけど、今度は既にデジ機持ってるので、のんびりと構えて高見の見物、です。

えっ、D2Xは・・・ちょっとデータ重杉なので・・・-_-;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/16

口内炎

先日から口内炎が出来て、けっこう辛い思いをしています。出来た場所は舌の奥の左側で、どうやら奥歯が当たって数年に一回くらい口内炎になる、らしい。当初は舌の奥の鈍い違和感だったのが、だんだん痛くなってきて、喉の方まで痛く感じるようになったので、扁桃腺でも腫れたのかと思ったりもしました。

とりあえず、痛みを抑えるには「鎮痛剤」でしょ。と思ったんだけど、検索したらアスピリンやバファリンは副作用として口内炎になることがあるって・・・これでは本末転倒だな、と思いつつ、痛みは唇をかみ締めて我慢することに決定。

食べても飲んでも痛いんだけど、考えようによってはダイエットのいいチャンス!・・・なんて、能天気に構えてみるものの、舌を動かすとそれだけで痛いので、喋るのも億劫。さすがに仕事では電話の応対もするし会議とか打ち合わせでずっと黙ってるわけにもいかないので、薬でも飲んで早く直す方針(注1)に。

といったわけで、チョコラBB(注2)という薬を数日前から服用中。ビタミンBが口内炎に効くらしい。時々飲むのを忘れたりするせいか、今の所効いてる実感はゼロなんだけど。ちなみにホームページには「ただし、これらの症状について、1カ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談すること。」と書いてあった。一ヶ月放置すれば普通治るって。それでもまぁ、気休めにはなる、かな。


注1:それでも医者に行く、という選択肢はない、らしい。最近は医療事故とか院内感染とかいろいろあるからね。まさか口内炎で医療事故はないと思うけど、もっと重い病気をうつされる可能性は、ゼロではないと思う。待合室にいる人はほとんど病気持ちだし。

注2:チョコラBBのホームページ見ると、「女の子のお薬」ですね、これは。もうすぐなくなりそうなんだけど、買いに行くのに勇気が必要っぽい。口内炎が治る頃には、お肌がスベスベになったりしてね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/02/15

撮影会

日曜日に撮影会に行って、まる一日撮影してきました。

撮影会っていうと、殺伐とした雰囲気(注1)できれいなおねいさんが写ってるだけのカットを撮りに行く、みたいなの想像してしまいますね。今回行ったのは少人数制の撮影会で、交代で撮ります。自分が撮っている間は、ポーズ付けとかは割と自由に撮れたりします。とはいっても、同じ設定で撮りたい人もいるわけで、立ち位置を移動するなど設定を変える場合は、周りと相談して了解を取ったり、みたいな最低の約束事はあるんですけど。

この日はハウススタジオ(注2)で一通り撮った後は、好き勝手な設定で撮ってもいいとの事だったので、カーテンの前に立ってもらって、カーテンをつかんでもらいました。カーテンのしわが綺麗に流れているものをまず数点選んで、視線をもらってるカットもあったのですが比較的アンダー目に撮ったこともあって、視線を外している方が雰囲気あるかな?と思い、こんな感じのをセレクトしてみました↓

DSC_6967ss

以前のブログで、おねいさん写真がなんか面白くない、とか書きなぐったんだけど、今回撮影するにあたって、少し露出に関して考え方を変えることにしました。今までは、一枚撮ってヒストグラム見て、露出補正して・・・なるべくヒストグラムの山が明るい所から暗いところまでまんべんなく存在するようにして、デジカメの狭いダイナミックレンジを有効に使って撮る、とかいうのを心がけてたんだけど。別にハイキーならハイライトは飛んじゃってもいいし、ローキーならシャドーは潰れてもいい、とは以前から思っていたけど、そもそも一番明るい所が白じゃないような場合は、ヒストグラムの山が偏って、ダイナミックレンジを使いきれてなくても問題ない、という結論に達したのでした。別に暗い場所は暗く写ればいいんだし。

それと、今までは「おねいさん写真」はプラス補正しておねいさんの顔を明るく撮るのが基本、とも思ってたんだけど、写真集やらを見てると、比較的ローキーな写真でしっとりとした感じの写真も結構あるんですね。勿論、ローキーが似合うシチュエーションってのもあるわけなんだけど、「場合によってはおねいさん写真だって、普通にマイナス補正するだろ?」という、当たり前の方向性がなんとなく見えてきました。

とはいうものの、いきなりマイナス補正しちゃう程大胆な性格でもないので、ヒストグラムに頼らない、を目標にしました。まぁ、カメラ内蔵の露出計はあてにならない事が多いので、今回は入射光露出計(注3)を信頼してみることにしました。銀塩時代には比較的多用していた露出計ですが、デジになってから、銀塩と微妙に結果が違うような感じがなんとなく信用できなくて、ここ最近は全然使ってなかったんだけど、やっぱりちゃんと露出計って、マニュアルでシャッター速度を設定して撮影すると、一度設定しちゃえば撮影中は割りと無頓着でいられるのでいいですね。


注1:一人のおねいさんを大勢のカメラマンが囲んで「視線おながいしまつ!!」とか叫びつつ、隣のカメラマンを肘で牽制しつつ、近寄れないから望遠レンズで撮影・・・っていう感じですか?うーん、過去に一度、そんな所に迷い込んだことがあったな(苦笑)

注2:普通、スタジオというと、白いアールのついた壁とか、布を下げたりして背景を作って、傘とかのライトをいっぱい使って・・・というのを想像しますが、ハウススタジオは、一戸建てとかマンションとかの部屋を使って、ソファとかベッドとか、そんなのを小物?として撮れるスタジオです。いろんな設定で撮れるのが魅力です。

注3:入射光露出計、といえばセコニックですね。今使ってるのはデジタルなやつだけど、スタジオデラックスなんかも渋くていいなぁ、なんて思ったり。電池いらないしね。そいえばFM3Aとスタデラ買って、電池レスなお散歩写真撮りたい・・・なんて夢見てた時期もあったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/12

元の木阿弥

↓の日本風力開発の株価はすぐに下落して、定位置に戻ってきました。元の木阿弥です。短い夢でしたけど、この株は短期狙いではないので気にしないことに。むしろ他で利益が出たらこっそり買い増ししたいですね。

それはともかく、最近は鉄鋼株が加熱しているらしく、連日大商いが続いています。まぁ、今からじゃ遅いよなぁ、なんて一ヶ月くらい前に思ってたし、住友金属を買い平均42円で持っていたので、少しずつ利食いはじめていたんだけど・・・。なんと、木曜日に住友金属を166円で5000株も買い増ししてしまったのでした。

相場的には一億株を越える出来高から、そろそろピークだろう、と思ってたんだけど、1/26も一億株以上の出来高をこなしてさらに上昇中。原料不足で仕入れコストが2倍になってるリスクもあるけど、鉄鋼不足から価格転嫁は順調で今期末利益も大幅アップ。なわけで、増配の憶測も出ています。この傾向は構造的、つまりは長期的な流れのようなので大相場に発展する確率が高い、と読んだわけです。

世間では目標300円とか言ってるみたいだけど、目標待たずに少しずつ売りあがっていく予定。ヘタレだから。

それにしても、せっかく売り上がって利益を出してきた住金株。今回の買い増しで株数倍増で、購入単価も倍増になってしまいました。もともと高い時に買ってたのを少しずつナンピンしてコスト下げてたのに、こっちも元の木阿弥の様相・・・
鉄鋼の価格と同じく、仕入れコストを価格転嫁して売却できると嬉しいんだけど・・・見るたびに「そろそろピークアウトするだろ」的なチャートではあるな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/07

日本風力開発が一時ストップ高

このあいだ買った日本風力開発の株がストップ高になる活況となりました。素直にうれしいんだけど、持ってるのは1株だけですから。残念。
地球温暖化防止の京都議定書が16日に発効されるので、それにむけて環境関連株は注目されるであろう、と予測してます。まだ市場は環境関連をテーマとして織り込んでない状態で、実際に発効されたとしても何故か「織り込み済み」と称して反応しないこともあり得るんですけど、その場合でも国家的プロジェクトが数年は後押しするので、それにつれて業績も上がり、長期ホールドも問題なし、という目論見は変わらず。

いちおう数年はホールドしてみる予定だったんだけど、明日もストップ高だと売ってしまうかも、ですね。複数単位持っていれば、適当な所から売り上がることも可能で気分は楽なんだけど、1株だと一発勝負なので、「今がピークかも」という恐怖と「もっと騰がって買い戻しできないかも」という恐怖の狭間で、売り買いする感覚はまさにギャンブルそのもの(爆)

まぁ、今回はジュリアーニ前NY市長が日本の風力発電に500億円投資、というニュースで思惑買いが入っただけみたいで、実は同業他社向けの投資だから、明日は失望売りのストップ安、の可能性もあるかもしれないけど。

さてと、明日の風はどっちに吹くのかな。まぁ、風が吹けば発電できるし桶屋も儲かる世の中ではあるね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/04

らーめん亭@船橋 唐揚げラーメン

なんだかラーメン系ブログになってきてる感じはありますが・・・(^^;;

今日の夕飯は、「らーめん亭」。ここは昔、メニューは「ラーメン」一つしかなくて、店に入ると同時にオーダーもしてないのに麺を茹ではじめる、という、とんでもない店(^^)でしたが、最近は新メニューの開発もして、ツユのない「あぶらーめん」は比較的人気のメニューらしい、です。

ラーメンは、今時、高級なカップ麺でもこれくらいするだろー、な250円なわけですが、今日の注文は、唐揚げラーメン、400円。

SANY0746s

えっと、麺は細い縮れ麺系で、スープは典型的?な醤油味。最近は、ダシやらに凝る店が多いせいか、なんとなく懐かしいというか「普通、醤油ラーメンって、こんな感じだよな?」という味で、小細工のない感じの味。これに大き目の唐揚げが3つ入ってこの値段だから、結構満足。いや、個人的に唐揚げが好きなのもある、んだけど。

所詮は「ラーメン」なんて、日本のファーストフードなわけで、そんなのに700円とか800円とか、ちょっと凝りすぎ、というか、ボリすぎ、というか、納得いかない事も多いんですよね。まぁ、ラーメン好きだから、食べるんだけどさ。

こういうシンプルで安くて比較的美味しい店は、好きなんですよね。そりゃ、有名店みたいな創意工夫や、味の深みは欠けるのかも、だけど、本当のラーメンの味って、こんなのだよな?的な感じで、割とヘビーローテーションで訪れる店の一つではあったりします。

・・・・・・うーん、ちょっと誉めすぎかなぁ。狭い店だから、あんまり流行って欲しくないんだけど(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/02

風力発電

日本風力開発という会社の株を買ってみました。太陽電池も、ソーラーカーでオーストラリアを縦断するレースがあったりして興味はあったんですが、風力発電の方もあの発電プラントの圧倒的な存在感がすごく好きでした。この間たまたま四季報を見ていたらこの会社を見つけたので、この機会に代替エネルギー関連を買ってみることにしたわけです。

外国のプラントで、たくさんの風車が回っている映像を以前テレビで見たことがあるんですが、これが頭から離れず今回は風力発電系を検討することに。専業で上場しているのは日本風力開発くらいらしく、あとは商社が外国のメーカーと組んだり、機械メーカーが片手間(いや、ちゃんと力は入れてると思うけど)でやっていたり等が多いらしい。

風力発電は国策で開発を進めることが決まっていて、基本的には関連会社には追い風が吹いているんだけど、兼業だと他の分野が脚を引っ張るかもしれないし、風力発電が伸びたとしても全体の売り上げからすると微々たるものかもしれないので、結局は専業の会社を狙ってみることにしました。

それと、外国のプラントに出資してる所も割と大きなポイントです。日本は国土が狭くて建設できる場所は限られているのですが、海外にもどんどん出て行けるフットワークの軽さは大切な要素ではないかと思うのです。

まだシェアが低くて小さくて若くて配当も出ない会社だから、不安は大きいですね。当分はホルダーしてみる予定ですが、不安の大きさに反比例して購入株数は小さく「1株」(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »