« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/30

日風開(2766)ヤリ、アルチザ(6778)カイ

たまには株で儲けてみよう、ということで少し動かしてみました。

日本風力開発は、朝いちに1株売却。税金や手数料を引いて4万円弱儲かったらしい。あの後一度ナンピンしているので残りは1株。大切にせねば(笑)
また200,000円割ったら買い増しするかもです。

アルチザネットワークは、そろそろ底値っぽいので昼休みに1株だけ打診買い。もともとこの銘柄は、去年の年末頃にバーチャル取引している友人から教わって、機会があれば参入してみようと思っていたんだけどね。今の所買い上げる元気な人は誰もいなくて、みんな欲しい価格で指して投げてくる人を待ってる状態。で、騰がらないから痺れを切らした個人が投売り・・・その結果、じり安の展開が続いていてます。

とはいうものの、そろそろ底値も近いと思うので、今後は軽くナンピンを繰り返して株数増やしながら、大人買いする機関投資家のご登場を気長に待つ作戦。今の所、買い単価から10%程度上昇したら売却の方針だけど、株数が増えたら分割して売り上がる方針に切り替えるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食の安全。てゆーか・・・

いよいよ米国産の牛が輸入再開に向けて動き出しているらしいです。えっと、原則反対です。

まぁ、米国産の検査が甘くてリスクが高い、というのも問題なんだけど、全頭検査してる日本の牛は危ないからって、未だに輸入禁止してるね。米国の検査と同様の検査をしてるカナダ産の牛も輸入禁止しようとしてたり。
「お前らの肉は買わないけど、俺の肉は買えよ。買わないと経済制裁」って、恫喝ですか?

さらに訳わかんないのが、「日本は全頭検査したら買うって言ってるんだから、やればいいぢゃん」と言ってた業者(注1)に対して「業者の独自検査は違法」って、なんなんだろう?
米国では狂牛病患者は出てないから大丈夫、って言ってる人も少なくないけど、若年性アルツハイマーとやらが増えてるみたいで・・・牛肉とは関係なしですか。そうですか。

そうは言っても、所詮、日本は米国の属国だから、圧力に屈して輸入再開もやむなし、なんだろうけど、せっかく全頭検査の仕組みができてるのに、わざわざ米国に合わせてリスクを高めるのは、どうなんだろうね。
これからは、比較的安全と言われてる豪州産の牛(注2)以外は口にするの止めようかな、なんて思ったり。ある程度加齢を重ねたおやぢは発病するのに時間がかかるらしいから、関係ないかな?と思ったり。

てゆーか、この問題、単純に食の安全というよりは、独立国家としての外交政策の根本的な問題と思うんだけど。日本は属国だから、と割り切ってあきらめる?


(注1)2004年2月にカンサスのクリークストーン・ファームズ・プレミアム・ビーフ社が、対日輸出用牛に対する独自検査の協定を日本と締結した際、米農務省が1913年の法を持ち出して、企業による独自検査を違法として警告した、らしい。

(注2)いや、豪州産の牛も全頭検査していないらしい。てゆーか、東京都とかがすっぽり入るような牧場(むしろ、ただの荒地なんだけど)に放牧してたりして、出荷の時とか牧場を売りに出す時以外はちゃんと棚卸もしないくらいなので、配合飼料なんて一生口に出来ない牛がほとんどなので基本的には安心らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/22

爪切り

最近爪切りを買いました。買ったのは、諏訪田製作所の製品で、スタンダードのブラックタイプ。

まぁ、なんというか「保証書」のついた爪切りを買ったのは生まれて初めて^^;;
なんか一生モノっぽくて所有欲は満たされるわけですが、一生モノにはそれなりに日常のメンテが必要なのが必然で・・・刃には防錆油を薄く塗ったり、可動部にはミシン油をさしたりするらしい。今のところどっちの油もないので、そのうち買わないといけないっぽい。

巻き爪とかもちゃんと切れる、らしい。巻き爪ぢゃないんだけど。使ってみた感想は爪のカーブに合わせて丸みをつけた刃が比較的しっくり行くので使いやすい感じ。取説には、巻き爪などは刃の先端部で、普通の爪は力の入れやすい刃の根元部で、と書いてあったけど、普通の爪も先端部で切った方が切りやすかった。買ったばっかりで切れ味がいいからと思うけど、切ったあとにやすりがけしなくてもひっかかりとかがないのが凄いです。

有償なんだけど、刃研ぎもしてくれるみたいな所もグッド。専用本皮ケースもゲットしたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/18

観光客の視点

いつも使っている私鉄からJRに乗り換える駅は、通勤ラッシュの時間になると、みんな駆け足で階段を下りてJRの改札に殺到します。そんな群集にまぎれて小走りで階段を駆け下りていく途中、ふと外国人ツーリストの集団がこちらに注目してるのに気づいた。どこの国の人だか知らないけど、朝からこんな修羅場を潜り抜けてるアホな国民は日本人だけだろうなぁ、なんて思いつつ、その群集を構成してる一人だと自覚したら、かなり鬱だったりもしたわけだけど。それはおいといて、その観光客の数人が、カメラをこちらに向けて写真を撮ってたんですね。

ある意味ジャーナリズムだ、と思いました。きっと国に帰ったらその写真を友達に見せて、「日本では朝、みんな会社に向かって走るんだ」なんて言うのでしょう。海外には何度か行ったことあるけど、こんなダイナミックな被写体を撮った経験は一度たりともないし。日本でなら同じような写真も撮れなくはないけど、かなり撮り難いかな。例えば最近の街角スナップは肖像権の問題と常に隣り合わせだし、二番煎じは嫌だし、そもそも日常すぎて、凄いことが起きている事に気づかなかったり。

観光客だから撮れる、観光客だから許される写真ってあるよな、と思う。そこでシャッターを切る価値のある被写体かどうかを見極める目は必要だけれどね。日々暮らしている街を観光客の視点で見ることができたら新たな発見がありそうだし、被写体を見る目も養えそうな気がするんだけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/14

歯が抜ける夢

歯が抜ける夢を見た。一説によれば、疲れてて精神的に不安定、身内の不幸の暗示、現況からの脱却などの暗示があるらしい。と、夢占いとかで頻繁に語られるのを見るにつけ、「歯が抜ける夢なんか、普通、見るわけないぢゃん」とか思ってたんだけど。生まれて初めて見たかも、です。

夢で抜けた歯は、前から痛くはないけど違和感があって、そのうち歯医者に行かないとなぁ、と思っていた歯だったので「さっさと歯医者に行けよ」という肉体からの悲痛な叫びであることは間違いなさそう、と思っています。

ところで、この夢の意味は人よっても随分な違いがありそうですね。この夢を見た時は、最初にぐらぐらと動いてて、舌で弄ってたらぽろっととれた感じは、なんか乳歯が抜けた時の記憶と重なっていて、別に怖い感じとかはなかったけど、老化とかの象徴として歯が抜ける夢を見たとしたら結構恐怖なのかも。

そうは言っても、夢なんてその人の経験、環境、体調とか色々な要因がからんで見るので、あんまり夢占いとかって信じないんだけど、一応いい所だけ信じておくことにする。

てなわけで、近日中に「現状から脱皮して飛躍する」予定。 飛躍の前に歯医者に行かないと、だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/11

FOMA圏外の謎

FOMAに変えて約一年が過ぎたけど、時々ずっと圏外のままになってることがある。エリア外なら仕方ないけど、当然エリア内の話です。電源を切って入れなおすと復帰するので、大きな問題はないんだけど、こんな時に限ってカミさんが電話をしてきたり。当然繋がらないので不機嫌になったり。頭にくるので「ドコモに文句言えば?」なんて挑戦的な物言いをしてしまい、修羅場に発展しそうになったり。

前から気になってたので、原因を探るべくググってみたけど、FOMAだけじゃなくてボーダーフォンも同じような事が起こるらしい。掲示板に3Gの不具合とか書いてあったけど、オフィシャルなアナウンスは見つからず。結局キャリアの問題なのか、端末の問題なのかよく解んない。とりあえず週末にDocomoショップに行って訊いてみるつもり。

それと、今回のことで、ソフトウェア更新というのが出来ることが判明。早々やってみたら「更新が必要です」けど、「サーバーが混み合っています」。何度かトライしてみてもダメなので、予約更新することにしたけど、そんな混み合うほど不具合が多いのかなぁ。てゆーか、これでなおってくれると嬉しいんだけど。

参考までに、使ってる携帯はSH900iです。たぶんmovaに戻れば問題ないと思うんだけど、株価見たりするのにパケットは結構使うし、自宅から会社までの経路では何故かmovaよりも圏外が少ないので、できればこのままFOMA使いたいんだけど、家庭円満も大切だったり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/09

チョコラBB

ああ、今月はまだ何も書いてないな・・・てなわけで、駄文を垂れ流してみる。

口内炎はさすがに完治したんだけど、この時に買ったチョコラBBという女の子の薬は、何故か180錠も入っている大きな容器のものでした。勿論、まだ半分以上残ってる。
今は会社に置いてあって、気が向いた時に少し飲んでみたり・・・なんだけど、添付文書を見ると、開封後は90日以内に消費しないといけないらしい。ちょっと無理っぽいけど貧乏性だから、捨てるなんて論外。

いっそ、毎日飲んで綺麗なお肌になる、ってのもいいかも知れない。てゆーか、細胞の新陳代謝を助けるそうだから、若返ったりするのかな。実のところ、実年齢よりも若く見られるので、時々得をしたり損をしたり。損っていうのはですね、年下の人に子供扱いされちゃったことがありました。もういい齢なのに、貫禄のかけらもなかったりして。まぁ、そうは言っても得する事の方が多いのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »