« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/14

speena vs 小西康陽 『マテリアル・ガール/年下の男の子』

speenaってよく知らないんだけど、カヴァー曲のマテリアルガールと年下の男の子をダウンロードしてみた。タイトルはオヤヂ世代的にジャストミート(笑)なので、もしかしたらファン層の拡大を狙った販売戦略(注1)なのかなぁ、とか思ったり。

ノリもいいしおもちゃ箱ひっくり返したみたいなサウンドは結構好きです。他の曲聴いた事ないからよくわからないけど、これってspeenaのセンスかな。それともサウンドプロデューサーの小西康陽氏のセンスなのかな。他のもこんな感じだったら、アルバム買ってもいいかも。オフィシャルサイトでは試聴もできるみたいなので暇を見てチェックするつもり。←これが解った時点でチェック入れろよ、とも言うけど^^;;

元々こんな感じの曲が好きだったのか、年甲斐もなくハジけたいとか思ってるのか、よくわかんないけど、最近この手の元気なサウンド(注2)に飢えてる感じ。今一番欲しいのは、ワンナイでゴリエちゃんが踊ってるサタデーナイトのカヴァー曲かなぁ。いったい誰がカヴァーしてるのかググってみたけどよくわかんなかった。そのうちMickeyみたいにシングルで出るのかな?
あと、クレインフライの門出の詩というのも欲しいけど、これって広島限定・・・_| ̄|○
クレインフライは♂ボーカルだからプライオリティ低いんだけどさ。

注1:まんまとその戦略にハマってみたりするのもまた一興。まぁ、払ったお金に対して満足のいくサービスが受けられるのなら、それでいいわけだし。「戦略にはのらない」なんて頑なで禁欲的な生活してると、安全だけど楽しい事もないわけで。

注2:そいえば、昔よく聴いてたプリプリの曲で一番好きだったのは「へっちゃら」という曲。サウンドも歌詞もぶっ飛んでて、初めて聴いた時は衝撃的だったな。あんまり有名な曲ぢゃないみたいだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/11

大塚愛とか、バンドの事など。

えっと、今日iRiverとかいうのを買いました。これは会議とかを録音しつつ音楽も聴ければ、というきわめてリーマン的発想に基ずく打算的な消費行動なわけで、せっかくだから何か音楽でもダウンロードしてみよう、と思って有料ダウンロードサイトに行ってみました。

で、結論から書くと、大塚愛の「さくらんぼ」スタジオライブバージョンをの聴いてぶっ飛び!!本当はiRiverの事を書こうと思ってたんだけど、今日はこっちを書くことに決定しました(笑)

まぁ、この際だから新し目の曲をダウンロードしよう!といったわけで、「桜色舞うころ」とか「涙そうそう」とか何曲かダウンロードするうちに、ふとバラードとかスローな曲ばかりダウンロードしているのに気づいて、なんかオヤヂっぽいなぁ、なんて思って鬱が入ったり。

少しは元気の出る曲もダウンロードしとくことにして、とりあえず大塚愛でも、と。一言言っておくが、赤提灯で焼き鳥なオヤヂ的リーマンライフを満喫してたとしても大塚愛の曲を聴く機会くらいは稀にはあるのだ。AVEXのサイトに行ったら「さくらんぼ」にはオリジナルバージョンの他、スタジオライブバージョンとかいうのがあるのを発見。勢いで両方ダウンロードしてみた。

オリジナルに比べて勢いがある、というか・・・えっと、世間的な評価はオヤヂとしては知る由もないんだけど、大塚愛は個人的に「パンク系だろ?」(注1)という事に決定しますた。
で、この曲聴いてると無性にバンドやりたくなりますね。深夜だというのに押入れの奥から久々にペースを引っ張り出してみたり。少し弾いてみてリハビリの必要性を強く感じてみたり・・・_| ̄|○

それにしてもマジでバンドやりてー、って思ったのは何年ぶり(注2)だろ。久々にエキサイト。元々はパンク系ではないんだけど、こういうストレートな表現はいいよねー、とか、素直に思うわけで。まぁ、今もサルみたいにリピートして聴きながらカキコしてるわけだけど、今夜眠れるのか不安になるくらい興奮してたり^^;;
基本的にベーシストだからベースライン追っかけてるんだけど、ギターのカッティング(注3)もカコイイ!!
これ編曲したの誰かなぁ・・・なんて思いつつ・・。

で、現実問題として、この手の音楽をこれから楽しむとしたら、どうなのかな。例えば80'sロックのコピーやりたい!とか言えば、同世代でも頑張ればたぶんバンド組めると思うんだけど、最近の曲もやりたいよね~なんて言った日にゃ、やっはし難しそうな悪寒・・・だし、若いモンに混じって演る程のパワーはないような気もするし・・・<それ以前に仲間に入れてくれないだろ(プゲラ、という話はある・・・_| ̄|○

こういうフラストレーションは、同年代のオヤジ達はどう解決してるのかな、という興味も湧いたりして。


注1:イントロの、隣どうしあなたと私さくらんぼぉ~123「ヲイ」、で確信しますた。いわゆる「ヲイパンク」の流れを汲むノリなわけで、もともとジャズフュージョン系の音楽を志向する元ベーシストとしては「理解不能」と公言してはばからないけど、密かにあのノリノリのビートは嫌いではなかったり。

注2:うーん、小泉今日子の「学園天国」以来かなぁ・・・って、何年前だよコラ

注3:あ、カッティングのカコイイ!!のはオリジナルの方。「笑顔咲ク~♪」のところのウラ打ちとか、結構好き。曲を書いたのは大塚愛自身らしいけど、オリジナルもスタジオライブバージョンも編曲が本人なら、マジでファンになるかも。まぁ、ファンクラブに入ったりとかは世間体もあるし無理っぽいけど^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/07

こりん星って・・・

いわずと知れたお菓子系アイドル小倉優子だが、自称こりん星のりんごももか姫・・・だそうで。

こりん星とは?みんなの心の中にある、らしい。地球の裏側でもある、らしい。何処にあるのかと思って、ゆうこりんの出身をプロフィールで調べてみたら(注1)千葉県出身らしい。しかも血液型はB型らしい。共通点が多いな(って、この2点だけなんだけど・・・^^;;)と思うので、今後、影ながら応援してみようかと。別に写真集買ったり、イベント追っかけたりする事はないと思うんだけど。

で、ふと思ったのはもしかして「こりん星」って千葉の事???
千葉県出身のタレントと言えば、他に思い浮かぶのは「ぷんぷんっ」でお馴染みのさとう玉緒。彼女も年齢を省みない「お菓子ぶり」を発揮しているので、こりん星人に間違いない。勿論、千葉県民としてはさとう珠緒も応援してる。当然の事ながら写真集とかを買ったりすることはないけど。

「みんなの心の中にある」は、個人的には千葉県民だし、出身地として心の襞々にまで、千葉は刻み込まれてるので、間違いなく「心の中に」ある。関係ないけど東京都民に田舎者扱いされて差別された時は「成田空港を有する千葉は、東京よりも世界に近い国際的な立地」(注2)とか「ディズニーランドのある浦安や有馬記念で有名な中山競馬場など全国的なアミューズメントの中心」(注3)等の詭弁を駆使して駆逐することにしてる。
「地球の裏側」って・・・何処から見て裏側なんだよっ、という突っ込みを入れるまでもなく、千葉は南アメリカの裏側。

てなわけで、どうも千葉は「こりん星」らしい、という結論に難なく達するわけだけど・・・普通の千葉県民は「ガンバりんこ(はあと)」とかいう話し方はしない事を明記しておく。


注1:何もないのに小倉優子のプロフィールを「調べてみた」としたら、中年男性としてはかなりイタイ香具師です。これはロッテマリーンズの始球式に千葉出身のタレントとして出た、との報道を受けて千葉県民としてあくまでもウラを取っただけです。ホントです。<-必死だな(w、とか、今時始球式の話題? ゚д゚)ポカーン、みたいな突っ込みは即時削除するのでそのつもりで。

注2:最近、羽田空港の改修で、先々は国際空港も羽田に移る計画がある、らしい。実の所成田空港は近すぎて、成田エクスプレスもスカイライナーも乗る機会がなくて、近いのに意外と時間がかかるのでどっちでもよかったりするんだけど。

注3:ディズニーランドが出来た時、競馬場やオートレース場のある船橋市を引き合いに出して、「船橋が日本のラスベガスなら、浦安は日本のロスアンジェルスに!」と時の浦安市長が言った、らしい。ちなみに小学校の遠足は中山競馬場だった。馬の写生とかをしたような気もする。その後PTAからクレームが入って、次の学年からは別の所に遠足に行った、らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/04

園児にパソコン

姪が幼稚園に入園、ということで久々に実家に戻ってみた。最近のお気に入りはプリキュアなるアニメらしい。まぁ、それはいいとして、プリキュアの塗り絵ソフトを入手したらしく、マウスを使って塗り絵を楽しんでいた。幼稚園児がパソコンとは恐ろしい世の中である。パソコンの中のことに興味をもったりしたら、たぶん小学生の高学年くらいになるころには、その気になればセキュリティの甘い企業のサーバなんか楽勝でハッキングできるようになるのは間違いない。

思い起こせば、NECがTK-80というワンボードマイコンのキットを発売して、「ついにコンピュータが個人で買える時代が来たんぢゃない?」って、期待に胸を膨らませつつ小遣いの少なさに苦渋を舐めた中学時代が夢のようでもあり、アセンブラやBASICと格闘した高校時代が悪夢のようでもあり・・・

そいえば、先の姪には「物心がつく前」状態の妹がいるのだけれど、そんな時から普通にマウスでクリックして遊ぶ生活っていうのは、どんな感じなんだろう。普通の人がテレビの中に余り興味を持たないのと同様、パソコンの中なんかは、そんなに気にしないで使っていくものなのかな。

まぁ、プログラミングは教えないようにしとこ、と思ったり(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »