« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

三脚を購入しました

たまに会社で取り扱っている商品の、チラシとかウェブ用のさほどクオリティを問われない写真を軽くブツ撮りをすることがあるんだけど、何故かうちの会社にはビデオ用のちょろい三脚しか置いてない。縦位置で撮るには撮りにくいし、なにより華奢なので微妙にぶれたりするので、前からもっといい三脚が欲しいなぁ、と思ってたり。

でも、会社では「三脚?あそこにあるだろ?」とか言って予算は出ないっぽいので、自分で中古の三脚を買ってきて置きっぱにしようと画策。実は以前にも卓上のブツ撮り用にベルボンのMini-Fという小型の割にはしっかりした三脚に、雲台PH-253と Super Mag Sliderをつけたのを買って置いてあるんだけど。今度はがっちりとした普通の三脚が欲しくて中野の某超有名中古ショップに行って買ってきました。

今回買ったのはManfrottの055CLB(\9,450)と、雲台は#141RC(\4,200)。特にこだわりとかはそんなに無かったんだけど中古だからそんなに選べないというか、在庫の中から良さそうなものを選んだらこうなった、という感じ。ハスキーとかも定評あるし興味なくはないんだけど、これ以上重いのは持って帰る事を考えるだけでも疲れ果ててしまうし、もともとマンフロットは好きなメーカーなので、ほぼ希望に沿ったものが手に入ったと言えるかな?しいて言えば雲台に水準器が付いてたらもっと良かったんだけど・・・。

値段も思っていたよりも安かったし、品質もAランクじゃなかったけど、なんでAランクじゃないのか解らないくらい良かったのでかなり満足。
やっぱり三脚はがっちりとしたものがいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/26

銀座

今日は写真展を見に銀座へ行ってみた。まぁ、晴れてれば街中歩いて写真撮ったりするのもいいんだけど、それもかったるいな、と思いながら煙草を吸っていると、公園ではハトが寄り添うように集まって小雨に耐えているのが見えた。どうせなら、木陰とか、雨のあたらない所にいればいいのに・・・と思いつつ、せっかくだからカメラをカバンから出してシャッターを切る。

DSC_1832s

それにしても、今日の写真展はいろいろと思うところがあって、風景写真は自分には向いてないな、と再確認。前々から「カレンダーみたいな写真はもういいや」と思ってたんだけど。まぁ、今後も風景の綺麗な場所にいけばシャッターを切るんだろうし、それで綺麗に写ればそれなりに嬉しいんだろうけどね。かといって上の写真みたいな心象風景もどきのスナップを撮りたいわけでもない。どんなのを撮りたいのかが明確じゃないのが大問題だったり。

ヤバいなぁ。またスランプに陥りそうな悪寒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/25

GALソンアニメTRANCE PARTY by get over the records

えっと、こないだ注文したFor-sideのCDが届いたので、とりあえずレビューなどを書いてみようかと・・・

とりあえず今回はGALソンアニメTRANCE PARTY。

まず、聴いて思ったのは、やっぱトランス好きかも、という個人的な好み。でも、もっとヘヴィなサウンドの方がもっと好み、かな?トランスも細分化されてておやぢ的にはよーわかんないけど、たぶん好きなのはゴアトランス系、かな?このCDはたぶんユーロ系?
間違ってたら笑ってスルーしてくださいな。でも、これ聴いてディジュの音を使ったダンサブルなトランス系の曲を作りたくなったり。そんな才能ない事はとりあえず棚に上げて・・・っと。

それはともかく、いろんな人がボーカルやってるせいか、歌唱力にばらつきがあって、いいのとダメダメなのとがこんなに混在してるのも珍しいかも、と思ったり。知ってるアニメソングがいっぱい詰まってるから、それなりには楽しめるし、いいんだけど・・・とりあえずラムのラブソングとはじめてのチュウにはダメ出ししときます。「この中に一人、音痴な奴がいる・・・by嘉門達夫」な感じ。仲間内のカラオケでも学芸会でもないんだから、もうちょっとテイク重ねていいもん作ろうよ、アジマちゃん?とか思ったり。

とか書いてると完璧にダメっぽく聞こえるかもしれないけど、何曲かは気に入ったのもあります。個人的にはMori MayaとR-seqとかいう人のボーカルはある程度の歌唱力はあって良いのでは、と思ったり。まぁ、ボーカルが安定してると、それなりに安心して楽しめるわけで・・・

それと、もうひとつ解った事は、DJ TORAのチューンは結構いいかも。こないだTVで見た時は、なんか普通のにいちゃんっていう感じってゆーか、DJ ZEBRAあたりと比べるとオーラ足りないんぢゃない?とか思ったんだけど、マジで結構いいです。キューティーハニーなんかは、アレンジはこのままでボーカルを倖田來未に差し替えたい気分(笑)これはDJ TORAのCD買ってみなくちゃ、です。ダメダメなおねーちゃんボーカルを抜いた曲聴いてみたい、かも。

所詮はイロモノ的要素が強いアルバムだから、こんなもんかも?と割り切れば結構楽しいアルバムなのかな?ボーカルのコたちの事をもっと知ってればもっと楽しめるのかな?とか思ったり・・・

てなわけで、なんかクラブに行きたい気分になってきた!!・・・と思いつつ・・・おやぢでもOKなクラブってあるんだろうか、という疑問がそこはかとなく・・・_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/24

FinePix f10 修理完了

今日は浜松町にあるフジのサービスセンターに行ってFinePix F10を修理してもらいました。約40分で出来る、とのことで少し待って持って帰ることに。それにしても即時修理なんて凄いかも。今の所、FinePixとか限られたものしかやってないみたいだけど、こういうのは他メーカーも追随してほしい。てゆーか、FinePixと名がつけば一眼タイプのデジカメでも修理しちゃうのかな?欲を言えば、夜7時くらいまで修理受付してくれると会社休まずにすんだかもな?

いっそのこと竹芝ふ頭とか浜離宮あたりをふらついて写真撮ろうかとも思ったけど、今日はあいにく天気が悪くて雨まで降っていたのであえなく挫折。雨以前に寒いし。てなわけで大人しく椅子に座って待つことに。
NIKONだと写真展が併設してあったり、カメラやレンズが並んでいて、時間つぶしにはことかかないんだけど、ここには何もなくて時間つぶせるのかちょっと不安になる。

サービスセンターには自販機もあるけど、無料のお茶やコーヒーが飲めるサーバーがある。これじゃお金出して自販機で買う人は少ないよな、と思いつつ、とりあえず無料のお茶をすすってみたり。カメラ雑誌とかがいっぱいあったので、ぺらぺらとめくってみたり。ゴーストが酷くて見るに耐えない画質のテレビでは、荒川静香選手の金メダルゲット報道が流れていたけど、残念ながら鑑賞に堪えられる画質ではなかったので、時々ちらちらと見るだけにしてみたり。そして、お茶のおかわりを無料でゲットしてみたり。

そうこうしているうちに無事に40分過ぎて修理が上がってきました。
「電子部品の電気的接触の不良により、レンズ駆動回路が正常動作しませんでしたので、レンズを交換致しました」とのことで、Lens assyの部品交換。お茶だけじゃなく修理も無料ですか♪

保証期間だったから、なんだけど、嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/21

携帯書き込み

携帯からの書き込みのテストをしてみたり。

なんか、以前にもやったような気もするけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/17

FinePix F10 故障

F10が起動すると「フォーカスエラー」とかいうメッセージを出して、撮れなくなりました。沈胴式のレンズも出っぱったまま。いわゆる故障っていう状態、かもね。最近は割と気に入って使っていたので、修理に出すことに決定!!

そんなわけでサービスセンター送りなわけだけど、このカメラは旅先で急遽買ったものなので販売店に持って行くわけにもいかないし。郵送するのもなんだか面倒くさい。幸いなことに先週の土曜日は仕事で休日出勤したので、平日に振替休暇をとって直接持ち込もうと思ったり。ついでに街の写真とかでも撮ってみようか、とか。寒くなければ、だけど(汗)

まぁ、それ以前に保証書の入った外箱を発掘しなくては。F10の前に使ってたデジカメの箱は見つかったんだけど、何処に仕舞い込んだんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/12

D200でポートレート

えっと、今日ようやくD200をポートレートに投入しました。以下、D2Hと比較して、良かった所とか悪かった所など、少しインプレッションなどを書いてみたり。

まずは良かった所。
とにかく液晶モニタが見やすいので、撮ってて安心。白とび表示がついているのは、思ってたより便利かも、です。それと、心配していたバッテリーの持ちは意外と良かったです。予備のバッテリーも持っていったんですが、最初のバッテリーは863枚撮った時点で残量17%(ここで交換しました)。都合5時間撮ったけど、2個で十分間に合いました。
それと、ミラーショックが少ないせいか、思ってたよりも手ぶれは少ない感じ。画素数が多い分、もっと目立ってダメダメな写真量産するのかと思ってたけど、そんな先入観も手伝ってD2Hよりもしっかりホールドして撮ったのも手ぶれカットが少なかった理由の一つかな、とは思う。あるいはミラーが小さい分、ミラーショックは少ないのかも。ピントもばっちり合ってるカットとかは、キレもいいし、D2Hよりも好きかもしれない。

悪かった点は・・・
データが大きいせいか、マイクロドライブ使用のせいか、テンポよく撮っているとバッファ残量が足りなくなってシャッターが切れなくなります。そして、開放されるまでの時間が長い。今日は交代で撮ったから良かったけど、個撮だとちょっときついかもしれないです。フィルムで撮ってた時みたいに一枚一枚ゆっくり撮れば問題ないのかもしれないし、早いCFカード使えば多少は改善されるかもしれないけど、D2Hではストレスなかっただけに個人的には微妙です。
あと、画素数が多くて目立つせいか、センサーの精度のせいかは知らないけど、ピントはずしてる事がちょっと多いような・・・。D2Hだって外すときゃ外すんだけど、もうちょっとびしっとピントが決まってることが多いんですよね。気のせいかな?まぁ、ウェブ上に載せたり、2L程度で印刷する程度だと、多少はずれてても何の問題もないんだけど。

といったわけで、とりあえず今日の成果です。実は今も裏でバッチ処理中で、後日別の写真に貼り換えるかも、だけど・・・
image0001ss

そいえば今回は照明機材がRIFAで、若干暗めだったのでISO200で撮影。となると、心配なのは例の縞々ノイズだけど、今回ノイズは出てないようです。全カット確認したわけじゃないけどね。RIFAが写りこむような撮り方したら出るかもな、とも思うけど、普通はそんな撮り方しないし。
屋外で明るい空とか太陽を反射してきらきら光る池とか、そんなのをバックにして撮ると出る可能性はあるかもなので、さらに検証は必要、かな?

結論としては、画質もいいしゆっくりと腰すえて撮るなら使えなくはないけど・・・D3Hに期待しつつ、のんびり撮りましょう、というところか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »