« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

パスタノーゲン

金曜日に4時間も歩いた罰で、脚が痛くて仕方がなかったり。もう二度と、歩くまい・・・ぢゃなくて、日頃から運動しないとダメだな、と思ったり。

たまには身体を動かさなきゃ、と決心してみたところで脚の痛みが消えるわけぢゃない。特にふくらはぎの筋肉が痛い、というか悲鳴を上げてる、というか、立ち上がるのが大変なら、歩くのはもっと大変・・・って感じなので、土曜日には試供品でもらった某サ○ンパスとかいうふつうの湿布を貼ってみた。効いてるような、効いていないような?試供品だから効き目もお試し程度?

なんとかならないかと思ってたら、うちには何故かネオパスタノーゲンとかいう塗り薬があるのを思い出した。この薬はもともと競走馬の消炎鎮痛剤で、ふつうの薬局でも置いてある所は少なく、俗称を「馬のクスリ」という怪しさ満点の薬なわけだけど、アスリートにも愛用者が多くて効き目はいい、らしい。もちろん馬用のをそのまま人用に流用してるワケぢゃなくて、ちゃんと人間用に改良されてる、らしい。

それにしても、これって何年も前に入手したやつだけど、賞味期限というか使用期限とかって大丈夫?とか思いつつ、ダメ元で塗ってみた。

結果は・・・すごいです。これ。さすがに痛みがピタっととまるわけぢゃないけど、痛くて仕方がなかったのが、ちょっと痛い、程度になって、普通に立てるし普通に歩ける。
肩こりや腰痛にも効くらしいので、悩んでる人は使ってみるといい、かもな?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/28

株主総会→YUMEさんのライブ

今日はフォーサイドの臨時株主総会がある、というので会社を休んで行って来ました。昨今の株価の下落で某やふーの掲示板ではヒザ蹴りくらわすとかの不穏な書き込みにもかかわらず血を見ることもなく、特にサプライズな発表もなく、無事に終了。

その足で、YUMEさんのライブを見に高田馬場のCLUB PHASEに。(って、4時間くらい歩いて総会会場の品川から高田馬場に向かったのは単なる勢い。4時間ではさすがに辿り着けなかったf^^;;)
高田の馬場のラーメン屋で腹ごしらえして、手帳にはさんだ地図で場所を確認・・・今回はラーメンリポートはなし。美味しかったんだけど。

で、ライブですが前回より多くのお客さんが来てました。思ったより同年代やそれ以上の年配の人もちらほらと来てたのにちょっと衝撃。実は前回緊張してたのは若者ばっかりで浮いたらやだな、とか思ってたんだけど。おやぢもライブに気軽に行けるなんていい時代になったもんだ(笑)

会場では撮影禁止と明記してあったので、今回は写真は撮れず。あと、再入場は不可ってルールらすぃ。
ビールをもらって会場の一番後ろに座ってちびちび飲んでると、いきなり最初にYUMEさんの登場。テンションが一気に上がって、立ち上がって、人垣の最後列へf^^;;

MARZに引き続き?今回もピアノの弾き語りバージョンです。

ちなみにやった曲は以下の5曲
Sound of me
遠い星
ダイアリー
ハムスター
go there

30分だけだったけど、やっぱライブはいいね。臨場感というか、空気感というか、シズル感というか。あ、シズル感は違うかな?正直、もっと聴きたかったです。でもまぁ、今回は対バンありだし、しかたないですね。対バンがあってファンじゃない人にも聴いてもらえるのは、ある意味いいことと思うし。

3曲目のダイアリーはCDに入ってない曲で、表記はもしかしたら"diary"かも、です。新曲か?と思ったら昔からやってる曲、らしい。なんか聴いた事ない曲とかも一曲くらい入ってると新しい発見があっていい感じ。
他の曲は前回のMARZと同じだけど、オーディエンスが多い分、楽しそうに歌っていた・・・ような気がする(笑)

ちなみに次回のライブ、4/30 船橋ROOTSでは、サポートバンドがついて、バンドサウンド全開でノリノリでアゲアゲなライブになる(いや、そこまでは言ってなかったf^^;;)予定。バンドサウンドの歌も聴いてみたいし、船橋ってぱ地元なんだけど、何故か観に行けない予定。週末に家庭を放り出してライブ三昧といかない所が・・・いや、なんでもないです(汗)

今後のライブスケジュールについては、YUMEさんのホームページで最新情報がゲットできる、らしい。

ところで今回はYUMEさんだけでなくI-luluさんも出るとのことで楽しみにしてたんですが・・・

I-luluさんのほうは都合により出演が出来なくて見れなかった・・・_| ̄|○

物販のおねいさん?はI-luluさんのCD持って来てなかった・・・_| ̄|○

ラーメン屋に手帳置き忘れたっぽいので対バン見ずに退場・・・_| ̄|○

と、思ったらカバンのポッケにちゃんと入ってるぢゃん・・・_| ̄|○

ちゃんと会場でカバンの中をチェックすべきだった・・・とはいうものの後悔先に立たず。
手帳をなくさなかった事と、何よりYUMEさんの歌を聴けたので良かった、ということにしよう、そうしよう。

気を取り直して恒例の?宣伝など(苦笑)。YUMEさんのCDは↓で買えます。

それと、今回買おうと思ってたI-luluさんの新しいCD、ROPSは↓

どうでもいいけど、Amazonって微妙に在庫切れしてる事があるな?
しかもI-luluさんのROPSに至っては「No image」って何だよ?(怒)
これならアフィリエイトで小銭稼ぐ事考えるよりフォーサイドのサイトに直リン張る方がいいのかも?と思ったり。

2006/05/30追記
Amazonのアフィリエイトは、ROPSの画像がようやく表示されるようになったよ。

それにしても、フォーサイドはオフィシャルホームページとかって作る気ないのかねぇ。
とりあえずI-luluさん関連は日記が読めてオンラインラジオが聴けるAREA404.JPがお勧め。
日記では時々路上ライブ予告があったり。ラジオではCDでは聴けないスタジオライブのバージョンをかけたり。ファンだけでなく、I-luluって何者?と思ってる人もチェックするといいかもな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/25

かはたれどき

今日の夕方、会社の偉い人が急に御出でになって「かわたれどき」がなんたら仰ってました。恥ずかしながらこの歳になるまで「かわたれどき」なんて言葉は聞いたことがなかったり。
てなわけでネットで意味を調べてみると・・・

かわたれどき(彼誰時):薄暗くて誰か判らず「彼は誰?」と問いかけるような時間帯のこと。

ということまで解った。えっとですね、勿論ネットにはもっといろんな事書いてありますよ。たそがれどき(黄昏時)が「誰が彼ぞ時」のことで、かわたれどき(彼誰時)と対をなす語だとかね。

あるページには「彼誰時は朝のことで、誰彼(黄昏)時は夕方のことだったが、彼誰時は最近になって朝夕共に使うようになった」という趣旨の事が書いてあり、別のページには「彼誰時は朝夕の暗い時間帯の事だったが、最近は誰彼(黄昏)時と使い分けて朝の事だけを指すようになった」と書いてあり・・・つまり語源的にも使い方としても、正反対の事が書いてあったり。

さて、どっちが本当なんですかね?黄昏時との対照で、言葉として使いやすそうなので「朝限定」で行きたい気分だったり。

今後も頭に「?」がつくようなコトバがあったらネタにしてみようかと・・・なんて、気負いがあると逆に見つからないもんだけどね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/16

埼玉こども動物自然公園 その2

以前、ディジュのイベントの手伝いで来た動物公園だけど、またイベントの手伝いで訪問。野外の広場でやる予定、だけど天気予報では雨っぽい。変わりやすい春の天気予報なんてアテにならないから、どうせ降りっこないとタカを括ってて、空いてる時間はカンガルー写真を撮るつもりで少し早めに出動。

雨だと前回やった建物の中に移動しないといけないので、午前中はまずは空模様の様子見を兼ねて・・・カンガルーの撮影。天気は微妙な感じ。大丈夫っぽいけど、ダメかもしれない事も考えて、準備は半分くらいで止めといて・・・昼ごはんの後さらにカンガルーの撮影を続行。

Dsc_5113

で、イベントの方はというと、天気は終り頃には青空まで出てきたり。昔の「超晴れ男」の運が戻ってきてる、かもしれない。
前回の方が客は多かったかな?といった感じ。それでも割りと多くの人が集まってきて、楽しいイベントになった、かな?日が差して暖かい春の陽気だから野外は気持ちいいし、クカバラの笑い声が時々聞こえる中でディジュの音を聴くのはいいもんだね。

そいえばイベントをやった広場にはオーストラリアの鳥のコーナーも新設されたり、コアラもいるし、なんだかオーストラリア関連は充実してるっぽい。

ところで、イベント終了直後、近くに放し飼いにされてたマーラの具合いが悪くなって、急遽軽トラで病院に搬出されるという事件が。やっぱり生き物を飼うのっていろいろあって大変だなぁ、と思ったり。
わんこ欲しいけど、絶対無理っぽい。昼間は誰もいなくなるから寂しい思いをさせるのが嫌なのもあるけど、今回みたいのを見ると、もし誰もいない昼間に飼い犬がこんなことになったら?手遅れになって死んじゃったら?とか思うと、無理。

マーラ、元気になるといいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/13

つけ麺 柾木@本郷 塩ラーメン

今日のお昼は、つけ麺柾木へ。つけ麺の店だけど、訳あって注文は塩ラーメン680円

Dscf0172

実は以前にもこの店に来た事があって、その時はつけ麺を注文。スープは魚系のダシ。青葉のつけ麺に酷似?、というか、独特の酸味が苦手系、というか。好きな人は好きなんだろうけど。ただ、麺はコシがあってアルデンテ感のあるグッドな感じだったので、普通のラーメンならどうよ?と思って、ある意味リベンジ。
本当はつけ麺も「梅しお」とか「ゴマ」とかの魅力的なバリエーションがあって惹かれるものはあるんだけど、注文する勇気が出ない・・・orz

で、つけ麺ぢゃない普通のラーメンはどうかというと、スープはやっぱり魚系で、濃厚な鰹出汁の味と香り・・・だけど、つけ麺の時ほど癖がないというか、これなら大丈夫。麺は、つけ麺の時ほどシコシコしてなくてアルデンテ感はあまりなかったんだけど、コシがあって美味しいには違いない。

ふと思ったんだけど、ラーメンの麺にパスタ使っちゃ反則なのかな?出汁によるのかもしれないけど和風スープスパみたいな感じでいい線いけるんじゃないかと思ったり。フィットチーネ使って味噌ラーメン作ると、味噌煮込みうどんみたいになるんじゃないか、とか妄想したり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/12

レンブラントライトって何さ?

レンブラントライトというキーワードで訪れる人が時々。

この「レンブラントライト」という言葉は有名な画家が好んで描いた光から、この画家の名前を拝借して「レンブラント」と言う、らしい。概ね45度の高さから照らす照明の方法で、ポートレート撮影とかの基本の照明方法の一つ。

高さは45度でいいとして、顔の正面からではなく横方向にもずらしてセッティングするんだけど、困った事にググってみると、「斜め前から」とか「半逆光で」とか、人によっていろいろな定義がされている、らしい。

個人的には「半逆光ぢゃないだろ?」と思ってるんだけど、その根拠は単純で、オリジナルのレンブラントの絵を見ると、左右の頬に光が当たってるので逆光は有り得ない、ということ。例えばモデルさんから見て右側にライトをセッティングした時に、半逆光だと左頬には光が当たりようがない。ちゃんとしたレンブラントライトでは、このセッティングの時に左頬には三角形に光の当たっている部分が出来る、らしい。

ちゃんと勉強したわけぢゃないから、もしかして写真の世界のローカルルールでもあるのかな?とも思ったり。このへん、誰か本当の所を教えて欲しいなぁ、と思ったり。(これにコメント付いてない間は、たぶん誰も教えてくれてない状態だから、知ってる人はコメント宜しくです・・・m(_"_)m )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

2006/04/07 ライブ

以前フォーサイドの株主総会で貰ったCDのアーティスト、YUMEさんのライブがあるとの情報をゲットしたので、今日は新宿のMARZへ行ってみた。ディジュ系以外のライブイベントは久々でちょっと、何故か緊張。今日のイベントはGALS ATTACK!と称して、女性アーティストとか女性ボーカルのバンドとかが出演。客の入りはいまいちだったけど、基本的に女性ボーカルが好きだし、CDにサインまで頂けて、なかなか楽しめました。

撮影不可かな?と思ったんだけど、ケータイとかで撮ってる人もいたので、コンパクトデジカメを出して恐る恐る撮影。

Dscf0167

こんなに小さくすれば問題ないっぽいけど、ブレブレ・ボケボケで御座います。ちゃんと一眼レフ出して撮りたかったなぁ、とか思ったり。照明が凝ってるので、ホワイトバランスをちゃんととったりとかして気合い入れれば結構きれいなライブ写真撮れそうだけど。

閑話休題。YUMEさんのCD、Dream Starはバンドサウンド中心のアレンジだけど、今回はピアノの弾き語りということで、CDとは雰囲気が変わっててしっとりした感じ。「ハムスター」はアレンジもだいぶ変わっていて、一言で言えばCD版は「かっこいい」、ピアノ弾き語り版は「かわいい」、ですかね?小動物的ハムスター感たっぷりな曲調がいい、かもしれない。
いっそ、他の曲もアレンジをがらっと変えても面白いんじゃないか、と思ったり。CDにも、特にシングルにはピアノ弾き語りの別バージョン入れてもいいんじゃないか、と思ったり。でも、こういうイベントに行かなきゃ聴けないっていうプレミア感もアリかな?と、思ったり。

以下のスケジュールでライブやるみたいなので、暇なら行って見るのもいい、かもしれない。詳細は、行けそうな所をクリックして各ライブハウスのホームページでもチェックしてね。
4/28 高田馬場PHASE
4/30 船橋ROOTS
5/10 新宿MARZ
5/20 千葉ANGA
おおむね対バンありなので、いろんなバンドを楽しめる、かもしれない。

この後のライブスケジュールの最新情報は、YUMEさんのホームページに行くと何かわかる、かもな?

忙しかったり、面倒くさくてライブに行けないなら、ネットでCD買って聴いてみるのもいい、かもしれない。買いたい人は、今すぐ↓をクリック(←ワンクリック詐欺っぽい勧誘フレーズだな(汗)

お勧めは一番左のアルバム。以下の曲が入ってます。
1.真昼にそまる頬
2.ハムスター
3.Sound of me
4.遠い星
5.小さな願い
6.Twinkle star
7.ココロのハテナ
8.go there
9.風の中で
10.キズナ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/06

まるや肉店@本郷 菊坂コロッケ

春日でお昼を食べた後、本郷の菊坂を上って会社へ戻る。この道は本郷界隈でも散策とかのコースに入っている、情緒のある場所のひとつで、樋口一葉の住んでいた家とかが残っている、らしい。行ったことないけどね。
「樋口一葉の家はこっち」なんて看板もあって、実の所、ラーメン食べ終わったら行ってみようかとも思ってたんだけど、時間がなくて今日は断念。まぁ、本郷で働いていれば、また来る機会もあるさ・・・と思いつつ10年は過ぎてる事は置いといて・・・f^^;;

ところで、その菊坂の途中(てゆーか、何処から何処までが菊坂と呼ぶのかすら、よく知らないんだけど)にそのお肉屋さんはある。「菊坂コロッケ」という旗をなびかせて誘っている。だいぶ前に通りかかった時に気づいてたんだけど、その時は売り切れてて、その後菊坂方面へ来る機会はなく・・・といったわけだったので、今日は樋口一葉の家をあきらめてでもコロッケを食べる気満々だったり。

Dscf0158

このお肉屋さんは、商店街活性化のモデルとして、地元のNPOが商品開発からネーミング、店舗開発を手伝っている、らしい。本郷を散策する人たちのおやつになってる、らしい。
味は、お肉が多めに入っていて、いわゆるコロッケとメンチカツの中間くらい。ボリュームもあるので、ラーメン食べた後のおなかには一個で十分、かな?

それにしても、お肉屋のコロッケは美味しいもんだね。中学生の時に部活の帰りにコロッケ買い食いしたのを思い出したり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

信濃神麺 烈士洵名@春日 らーめん(太麺)

今日は天気もいいので、お昼はちょっと足をのばして春日まで歩いて、烈士洵名という店に行ってみた。麺は細麺と太麺が選べるんだけど、初心者は太麺がお勧めとの事でおとなしく、らーめん(太麺)650円をオーダー。

Dscf0151

何やら信州では有名なお店、らしい。澄んだスープはトリプルスープとのことで、結構複雑な味。鰹節の風味は感じたけど、その他は「何か入ってますね?」な感じ。麺も凝っていて太麺は<大麦焙煎麺>使用・・・なんだか知らないけど身体にいいらしい。ラーメンの麺というよりは中華麺と蕎麦の中間みたいな感じで和風っぽい。細麺は黒小麦を使用しているらしいので、より蕎麦に近いのではと妄想中。そのうち食べにきてみよう。

ちょっと会社から遠いのがネックではある、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/03

ココログにログインできず。

ここ数日ココログに入れない状態になっていて、いつ接続しても「メンテ中」のページへ。おかしいなと思っていつも使っているネスケではなくIEで接続したらすんなりログインできた。

たぶんネスケのキャッシュに変なものがたまってるんだろう、と思ってキャッシュをクリアするものの改善せず。とりあえず、数日さかのぼって記事を更新することに。

なにが原因かは今の所不明・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんこ@本郷 こってりハリハリラーメン

今日のお昼は久々にがんこ。ここは正式には「元祖一条流がんこ12代目」という、らしい。以前はよく来てたんだけど、何故かご無沙汰でした。
ここのお勧めは個人的にはカリカリに揚がったハリハリ。スープはあっさり、中間、こってりの三種類選べて、それぞれ背油の量が違うんだけど、油分こそが旨味なのだという持論に従い、ここで頼むのは毎回こってりハリハリラーメン700円。

Dscf0142

ランチメニューだと、とても美味しそうな炊き込みご飯とかがつくんだけど、こってりなラーメンを頼む代償として、オーダーはごはんなしで。てゆーか、言うほどこってりではないんだけど、そんなに食べきれないし。

ラーメンは細めんで塩気の効いた醤油スープ。それに背油が入ってる、まぁ、オーソドックスな感じなんだけど、ハリハリがとにかく最高。ここのラーメンを食べに来るということは、ハリハリを食べに来るのと同義です。

2007年10月31日閉店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/02

お花見

今日は英会話学校の仲間と新宿御苑で花見。天気の方は曇り。5日も前から「なんか雨らしいけどどうする?」なんてメールが入ってたんだけど、天気が変わりやすい春の天気予報が当たる訳がない、とタカをくくって放置。その後の天気予報もほとんど変わらずで心配したんだけど、午後まで天気は持ってくれたり。

花見とくれば、お酒。子供じゃないんだから。といったわけで、集まったメンバーはそれぞれビール1ケース、焼酎一升、ワインその他を持って準備万端・・・と思ったら、入り口には「お酒の持ち込みは不可です」の張り紙が。

こっそり持ち込んで、隠れるようにしてビールで乾杯。びくびくしながらビール飲むって、高校生じゃないんだから。
周囲では、やっぱり、というか普通にお酒を飲んでいる。おまけに売店ではビールを売っている。といったわけで、持込み不可なだけで禁酒というわけでもない、らしい。でも、その措置のおかげか、みんな飲んでるんだけど酒に飲まれて乱れる人は皆無で、極めて安全かつ快適に花見が楽しめる場所になっている、気がする。

テンションが上がるわけでもなく、下がるわけでもない、まったりとした雰囲気の中、桜の写真を撮ってみたり。曇りだと桜の写真を撮るには微妙なコンディションで、光線がやわらかくなるかわりに空は真っ白にとんでしまうので、「桜の写真的には空は入れない」がセオリー、らしい。

Dsc_2204s

春は水蒸気が多くて「抜けるような青空の下の満開の桜」なんて写真が撮れる日は少ないんだけどね。

そうこうしてるうちに、さすがに雲行きが怪しくなってきたので、新宿三丁目にあるクラブハウスに移動。ここは初めて来たんだけど、スポーツを観戦しながらお酒が飲める、らしい。たまたまPRIDEのライブをやっていて、チャージを取られたり。
ここには、VBがあったり、オージーミートパイがあったり。花見中にいろいろと飲み食いした結果、ミートパイにありつけなかったのは残念だったけど。さらに、オーストラリアンフットボールの中継まで楽しめるらしいので、都内でオージー体験できるスポットであることは間違いなさそう。再チャレンジ決定!でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »