« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/21

水菜は英語で・・・

オーストラリアに行ってきた。今回の目的地は大陸の真ん中あたりにあるアリススプリングス。

いつもオーストラリアに行って思うことは、レストランのディナーがとにかく量大杉。そんなわけで、出来ればレストランを回避して、カフェやテイクアウェイの店で軽食をゲットして済ませたい。あるいはウールワースでカップラーメンを買って、というのもチープで好き。

とはいうものの、一度くらいはレストランで豪華なディナーを少しだけ食べてみたくなるのも人情というもの。今回はホテルに併設されたRed Ocher Grill というレストランに行ってみた。ボリュームが少なそうなバラマンディのフライがいいかなぁ?とか思いながら、メニューに書いてある説明書きを見ると・・・fried barramundi with …(中略)… and Mizuna. とか書いてある。Mizunaって食材なら心当たりはあるし、文章の流れから調理方法でないこともわかる。

でも水菜ってば、関東にも去年くらい(いや、もう少し前です)にようやく輸入されたばかりの京野菜。いくらなんでもオーストラリアの、しかも砂漠の真ん中の町にあるはずがない。これは確認してみなくては。そんなわけで注文してみた。

Dscf8334

出てきた料理は、大量のマッシュポテトの山にチンゲンサイをひいて、バラマンディのフライをのせた上に・・・確かに水菜がトッピングしてある。
日本から輸入されたわけではないと思うので、たぶん何処か近くで栽培してるんだろうけど。外国でもMizunaの名で呼ばれていることには、ウールワースで梨に”Nashi”と書いてあるシールを貼って売っているのを発見した時以来の感動を覚えたり。
ちなみに水菜がスーパーでも普通に売られている・・・かどうかは確認してなかったり。

ところでこの水菜、シャキシャキとした食感が大人気、らしいけど、個人的にはあの食感が嫌い。うちのメニューに初めて登場した時に軽く炒めたのが出てきたんだけど、「うっ、この草、ナマぢゃん」と思ったのが印象的。次に台所で水菜を発見した時、生出しされたらヤバい(ちょっとエロい表現f^^;;)と思って「今日は作るから座ってていいよ」と言って、しんなりと柔らかくなるまで炒めてやった。
それ以来、何故か水菜がうちのメニューに登場する事はない、ような?

てゆーか、オーストラリアまで行って他に書く事はなかったのかと小一時間(ry


<2007/09/04 追記>
最近、「水菜・英語」なんてキーワードで検索してくる人が結構います。ネットで検索すると、いろいろな呼び方をされているみたいで、"Mizuna"の他は以下のような表記がみられます。

"Potherb Mustard" <2008/07/31スペル訂正>
"spider mustard"
"Japanese greens"

中でも一番ポピュラーなのは"Mizuna"みたいですが、水菜をみたことない人にはどの名前を言ったところで解らないんですよね。食文化が違うからしかたないんですけど。
<2007/09/04 追記ここまで>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/11

2006/07/11 ライブレポート@新宿Marz

今日は、新宿Marzへライブを見にいってみた。今日は「浴衣アタック!」と題して、浴衣or甚平orめっちゃウケル格好で御来場の方はもう1ドリンクプレゼント!、らしいけど、仕事帰りのサラリーマンには無理な注文ってもんです。一人で「サラリーマン的おやぢスタイル」で浮きまくったらやだな、と思ってたけど、結局浴衣姿の客はそんなに多くはなかったり。

今日の出演は・・・
廣木雅枝さん
水野真菜三さん
KiLaさん
Graceさん

そんなわけで、最初は廣木雅枝さん
実は今日は彼女狙いだったり。5/10にMARZで聴いてCDをいただいたりして、今日は2度目。今月はライブに来るチャンスはないかも、と思ってたんだけど、廣木雅枝さんがまたライブやることを知って、仕事も早々に切り上げてMarzに潜入。

浴衣を着て登場。ピアノの弾き語り。楽曲もいいけど、声が好きだったり。
セットリストは・・・最初の2曲を言わなかったので、もうメモとらなくてもいいや、と。とりあえず全6曲。最後は「ローレライ」、名曲です。

ライブ後に前回と同様、デモCDを配ってました。Vol.2のCDは持ってるので・・・「むしろVol.1が欲しいんだけど?」とダメ元で言ってみたら「実は持ってるんです♪」
無事にVol.1もゲット。ラッキーでした。


2番手は水野真菜三さん
水野さんも浴衣でピアノの弾き語り。セットリストは・・・今日は忘れて飲みましょう(汗)
声もよく伸びてるし、結構いいです。楽曲も好きな感じだし。「今日は初めて音源作ってきました」というわけで、2曲入りのCDをいただきました。後でゆっくり聴いてみようかと。


3番手はKiLaさん
女の子ボーカルと♂ギターの二人組み?あとは打ち込みで。一曲目が始まったとたん、「これって聴いたことある!?」と思ったら、4/7のMarzのライブで観た、らしい。
ボーカルのsaeさんは客をのせるのが上手、ってか、例えば「サヨナラ、サヨナラ・・・」っていう曲はノリもよくて、サビの部分ではみんなで手を振ったりして、アーティストと会場の一体になる感じがライブの醍醐味だな、と思ったり。
特に印象に残った曲は「10年先も100年先も一緒にいたいから」というシンプルかつストレートなリリックと、アコースティックギターのリフが印象的なやつ。てゆーか、まだどの曲も曲名がよくわからないんだけど(汗)
ライブ終了後「CDないんですか?」ときくと、「あるんですけど今日は持って来てなくて・・・」というわけで、なんと郵送してくれることに。しかも「CDは無料です」
かなり、ファンになりました。CD楽しみにしてます。また是非見に行きたいですね。


最後はGraceさん
いつもはもっと元気なサウンドらしい。けど、今日は浴衣で、ややしっとり、らしい。
MCは関西ノリで面白かった、かも。楽曲もボーカルも好きな感じだったので・・・CD買うべきだった、かな?。ヘルプ(と、思われる)サックスの女の子が素敵でした。


といったわけで、今日はいずれ劣らぬ高レベルな女性ボーカル三昧で楽しい時間を過ごしました。それにしても、CDの無料配布って、結構普通に行われてる、らしい。なんか「みんなに楽曲聴いて欲しい」っていう意欲が伝わってくるので、好印象かも。いい曲だと何度か聴いて、またライブ見に行きたくなったりする、かもしれないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん処 とまと@本郷 とまとらーめん

ここは以前にも入ったことある店なんだけど、ブログに書きそびれてることを思い出して、久々に食べに行ってみた。やっぱりお店の名前を冠したラーメンを、といったわけで今日のお昼は「とまとらーめん」650円

Dscf8244

オーダーして安心してると「トッピングは・・・?」と訊かれてちょっとパニック。このラーメンにはトッピング4種類(煮卵、ワカメ、コーン、バター)の中から 3種類入れてもらえる、てゆーか、入れないものを一種類指定する方式、らしい。久々なので忘れてたよ。
「ワカメなしで」といったわけで、無事にオーダー終了。

とまとラーメンと言っても、別にトマトソースベースのイタリアンな感じとかじゃなくて割りと普通な醤油ラーメン。
添加物を使ってないとかで、身体にはよさそう・・・とはいうものの、例えば塩とか醤油とかを過剰に摂取すれば極めて健康に悪いわけで「添加物なし」と「身体にいい」は必ずしもイコールではない、ような気もするけど。まぁ、いいか。

麺は、なぜか助六の箱に入っていたり。助六の麺を買ってるのかな?助六の麺を食べたのはだいぶ前だから、同じかどうかちょっと判断できないけど、同じような感じも。でも、ちょっと麺が茹ですぎてやわらかめのような?次回覚えてたら「麺カタめ」と注文してみよう。
スープは、オーソドックスだけど心なしか優しい感じの味で美味しい。つい全部飲み干してしまったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

美松@船橋 ばか麺ラーメン

船橋を代表する民族芸能のひとつに「ばか面おどり」というのがある、らしい。これって漁師町の方のやつだから、実は陸の方の住人としては「聞いたことはあるけど?」くらいの認識なんだけど・・・

その「ばか面」の名前をもじった「ばか麺ラーメン」とかいうものが船橋名物として君臨しているらしい?という噂を聞いて、自称「ややラーメン系ブログ」を標榜して(ないけどさ、成り行きとか勢いってもんがあるですよ)としては、レポしないわけにはいかない・・・といったわけで、今日の夕飯は、美松の「ばか麺ラーメン」700円

Dscf8235

えっと、ラーメンの前にこの店について。ばか麺のことを知ったのはもう半年以上も前のことなんだけど、夕食が外食な日はおおむね木曜日(定休日)だったりするので、なかなか行く機会がなかったり。ラーメンと甘味処ということで、あんみつとか、みつまめとか、おしることか・・・和系の甘いものは苦手で、背筋が寒くなるようなメニューもたくさん並んでたり。一瞬「女の子を連れて来るにはいい所かもな?」と思ったけど、別にトレンディーでお洒落な店というわけではないので、この案は却下。まぁ、気心の知れた女の子だったらまだ大丈夫かも、だけど、その節には「ばか面おどり」に関するトリビアでもネットで仕込んで行くのが正しい行動かと。

で、肝心のラーメンだけど、おおむねあっさり系の醤油ラーメンだけど、桜えびとアサリがのってるのが最大の特徴。やっぱ、アサリですよ。アサリ。深川丼なんかもアサリで有名だけど、江戸前にも通じるこのへんの海は、アサリが名産。深川丼みたいにアサリがたくさん・・・と思って期待してたんだけど、そんなに多くなくてちょっと期待はずれ。ついでに「もしかして佃煮?」的な味付けにはだいぶ期待はずれ。個人的に、なんでも「佃煮味」になっちゃう佃煮は、好きになれない数少ない食べ物のひとつ。出されれば食べるけどね、美味いと思ったことは一度もない。

もっとアサリの食材を生かした感じで出して欲しかったような?大粒でぷりぷりのアサリとかを入れて欲しかったかも。あるいはボンゴレみたいに殻つきのアサリがガサっと入った、漁師町らしい豪快なラーメンこそ「ばか麺」の名前にふさわしい・・・とか思うんだけど。

ぶっちゃけ、今回は期待が大きすぎたのが敗因です。全体としては美味しかったので、機会があればまた食べたいかも。てゆーか、Dragon的ばか麺ラーメンの構想を練りたい、ような?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/06

D200 ローパスフィルターのクリーニング

近々渡豪するので、今日は振替休暇をとってD200のローパスフィルターをクリーニングしてもらいに新宿のニコンのSCへ行ってみた。

普段は「明るいレンズは、せっかくだから開放で撮ったらいいんぢゃね?」派。てゆーか、ポートレートとか暗い所とか、意図的もしくは必然的に開放近くで撮ることが多い(いや、どんな時でも開放絞りがデフォです)ので、ローパスにちょっとしたゴミがついていようが、かなりmessyだろうが、ほとんど影響ないんだけど・・・こないだ絞って白い紙を写してみたら、結構ゴミはついてるみたいなので、風景とか絞ったりすると問題ありかもな?、といったわけで、事前にゴミは清掃していただきましょう、というわけです。

「90分くらいかかりますが?」ということだったので、あてもなく某ビッグカメラや某ヨドバシカメラをハシゴしてたら、「カメラホルスター」なる製品を発見!!
カメラホルスターのメーカーページ

撮りたい時にさっと出せるように普段からカメラはケースに入れずに裸のままカバンに放り込む主義なので、実はこーゆーのを探してました。なんだか、拳銃のホルダーみたいで(・∀・)カコイイ!!

でも、これってベルトを別に買わないといけないんだよなぁ~と思いつつ、某東急ハンズに行くと「クイックベルト」なる製品を発見!!
クイックベルトのメーカーページ

買ったのはプラスチック製ワンタッチバックル付作業ベルトの38mm幅のやつ。これって工事現場の中の人が、工具を腰にぶら下げるためのベルトなので、すごくしっかりと出来てるっぽい。てか、ベルトの材質がしっかりしすぎて長さの調節すらやりにくいんだけど・・・こーゆー丈夫なのを探してました。

あとは実戦投入してみないと使い勝手はわからないけど。

以上、2点の衝動買いをしてるうちに時間は過ぎて、SCに戻るとクリーニングは終わってました。保証期間中は無料でやってくれるみたいで、カメラを受け取って終了♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »