« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

らーめん亭@船橋 唐揚げあぶらーめん

らーめん亭@船橋 唐揚げあぶらーめん

今日は、前にも書いた店で、実はしょっちゅう来てる所なんだけど、別メニューでも紹介してみようかと。
えっ、ネタ切れ?
ラーメンネタで繋ごうとしてる時点で既にネタ切れですが何か?

そんなわけで、今日の夕飯はらーめん亭の唐揚げあぶらーめん400円

Dscf8473

あぶらーめんとは、スープがないラーメンでどんぶりの底にわずかに入った濃いタレに麺をさくっと絡めて食べるもの、らしい。他の店では油そばともいう、らしい。今回は唐揚げオプションを追加したので400円もしたけど、ノーマルのは普通のらーめんと同じ250円。めちゃ安。こんな値段だからどんな味でも満足、といえるけど、こんな値段なのに結構美味い、ような?・・・いや、他の店で食べたことはないから比較はできないんだけど。
ぶっちゃけ、こんなのラーメンとしては認められないと思って、ずっとずっとオーダーするのを拒んできたメニューのひとつだったりするんだけど、ここ半年くらい、この店にくると毎回あぶらーめんをオーダーしてみたり。

上に載ってる唐揚げなんだけど、これは売り切れたら終わりのオプションで、遅い時間に行くと食べられないこともあったり。えっと、鳥の唐揚げは好物なんでいろいろと食べてるけど、ここのは美味い、と思う。少なくともこの値段(400円-250円=150円)でこれより美味いのは食べたことない、かもな?

値段が値段だけに客層は押して知るべし、なんだけど、時々果敢にも女の子が食べに来たりすることもあったり。まぁ、今日はうだつの上がらないサラリーマン風と、年金生活者?ばっかりだったけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/29

2006/08/29 ライブレポート 秋葉原PAGODA

最近ライブに行く機会がなかったんだけど、PAGODAでYUMEさんがライブをやるとのことなので、久々に行ってみた。

今月のPAGODAは10周年記念ということで連日イベントをやっていたらしく、今日はイベントの最終企画の「スリーマンスリーデイズ」の第一日目、だったり。

スリーマンということは、つまり、出演者は3人ですよ、ということです。
そんなわけで、今回の出演は・・・
YUMEさん
マーボーさん
保刈あかねさん

いつもより出演者数が少ないので、一人の持ち時間は50分の拡大バージョン。しかもドリンクは300円でテーブルにはお菓子のサービスつき。この企画、いいです!!10周年記念だけじゃなく、時々やってほしいです。特にビール300円は・・・(渇望)


まずは1番目のYUMEさん
今日やった曲は・・・
1.よぞら
2.ハムスター
3.go there
4.キズナ
5.No title (instrumental)
6.君がいれば
7.Diary
8.遠い星
9.Sound of Me

今回は時間がたっぷりなのでいつもより曲数も多めだし、MCも多め。新潟の粟島というところで映画の撮影をして、今日帰ってきたとの事で、MCでは、お土産話をいろいろと披露してくれたり。ちなみに5番目の曲は、この映画のために創った曲で、まだ曲名もないんだとか。

実のところ、映画撮影でライブ寸前まで新潟に行ってたのは日記を読んで知ってたので、内心では、もしかしたら練習時間がとれなくて、グダグダになっちゃうこともあるかもな、人間だもの(by みつお)。という事態も想定していたんだけど、今日のはなんか凄かった。
上手く書けないけど、ピアノの音とボーカルの声が良く響いて、心が洗われる、というか、すっと透明になる感じ、というか。余り使いたくない表現だけど「癒される」感じをもう少しアクティブにした気持ちになったり。
↑うーん、きっとこれでは誰にも通じない悪寒(汗)

細かい所でミスタッチしたりとかもあったような?だけど、そんな些細な事はどうでもいいくらい迫力がありました。新潟の自然に囲まれてリフレッシュしてきたのがいい方向に作用してるのかも、と思ったり。
何度か見たアコースティックバージョンのライブの中ではたぶん一番良かった、ような?

次回のライブはBayFMのイベント、らしい。
それに関連してラジオ出演もする、らしい。


2番手はマーボーさん
今回は時間に余裕がある、ということで・・・マーボーがモテる為にギターを手に入れてから、上京して今に至るまでの過程をMCと、曲でストーリー仕立てに構成したステージで、MCが実に面白かった。ジャズの香りたっぷりのギターテクもすばらしいし。

残念ながら♂ボーカルだったのでCDは買わなかった。てゆーか、たぶんライブの方が面白い予感。また機会があればライブ見たい、かも。


最後は保刈あかねさん
最初の2曲をギターの弾き語りで演奏した後、サポートメンバーが出てきてバンド構成に。MCは最初、ぎこちないのかと思ったら、これが彼女のMCの「味」らしい。

ボーカルはかわいい顔からは想像できないくらいパワフルな声。表現力も豊かで、懐かしの名曲カバーからオリジナルまでいろいろな曲を披露してくれました。
中でも、「嘘つきと言った相手は自分だった」は、曲名まで印象的で気に入りました。

今日はレコ発ライブ、ということでみんなに混ざってこっそりCDをゲットしてみたり。


そんなわけで、久々に楽しい時間を過ごしました。素敵な場所(と、安いビールf^^;;)を提供してくれたPAGODAと、素晴らしい演奏を聴かせてくれたアーティストさん達に、ありがとうです。

それぞれのアーティストさんの名前をクリックするとオフィシャルサイトに飛びます。最新のライブ情報とかは、そっちでチェックしたらいい、かもな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/20

ロケ撮影 コメットの古いストロボとか

友達に撮影を頼まれて、某お店に写真を撮りに行ってみた。詳細はあんまり書けないんだけど、今回はポスター用だかパンフレットだかに使う写真を撮って欲しい、ということで男性のポートレートを撮ることに。おねいさんのポートレートは何度も撮ったことあるけど、実は男性をちゃんと撮ったことないのでちょっと不安だった(頼んだ友達も、その辺が不安だった、らしいf^^;;)けど、「明るい感じに」という要望だったので、ライティングはおねいさん写真の照明に近い感じにしようと思ったり。

頼んだ友達の親はカメラマニアで家には使ってない機材のコレクションがたくさんある、という話を以前に聞いていたので、
「もしかして大型のストロボはないよね?」と、ダメモトできいてみたら、
「あるみたい」との事。
無ければクリップオンにアンブレラをつけて撮ればいいや、と思ってたんだけど、あるならそれを使った方がいい、かもしれない、と思ったり。
「もし貸してもらえるなら借りてみて」と頼むと、後からメールがきた。
「なんか、フラッシュメーターがないと使えないとか、出力がガイドナンバーじゃなくてワット表示だとか、ワケのわかんないコト言ってるけど?」
まぁ、素人が大型のストロボを扱える訳ない、と思うのは当然だけど、普通の家庭に大型ストロボがある方がおかしい、とも言える、ような?

その「大型のストロボ」なんだけど、型番を訊いたらCOMET社製のHANDYなんとか、とかいう聞いたこともないようなやつで、ネットでググってもほとんど情報が出てこない。ようやく解ったことは出力が1000W、ということだけ。1000Wはデカすぎるけど・・・どれくらい光量絞れるかが問題だな、と思ったり。
結局、カメラはD200と17-55mmがメインで、念のためD2Hと単焦点をカバンに忍ばせて、照明機材は、大型が使えなかった場合を考えて、手持ちの小型のを2つと、カサやレフも持っていくことに決定。

撮影は、先方の都合で深夜0時過ぎから様子をみて・・・(?)という話だったので、15分前くらいに現場入り。店はまだ営業中だけど、客はだいぶ減ってきていたので店の隅の方で「さくっと」撮ることに。事前に店の中はロケハン済だったので、ライティングの構想はまとまってるけど、問題は例のストロボ。なので、早々ストロボを見せてもらったり。
HANDYなんて名前だから、モノブロックストロボか、バッテリータイプのやつか・・・と思ってたら、普通の2灯用のジェネレータタイプのストロボでした。フォトセルなんかはついてない。出力のバリエータすらついてなくて、1000Wと、600W/400Wの切り替えがついているのみ。うーん、ちょっと明るすぎるかもしれない・・・。1000Wはありえないので、600Wをメインに400Wをサブに使うことに決めて、早速ライトを組み始める。

ある程度組みあがって、早速テスト発光させると・・・やっぱり明るすぎ。カメラの絞りを絞れば撮れなくはないけど、デジカメだと必要以上に絞りたくない。実は昼間にヨドバシに行って、モータスポーツの流し撮り用にNDフィルタを買ってみようか悩んでたんだけど、あの時買っておけば、と激しく後悔・・・先にたたず、なので、600Wもあきらめて400Wをメインにして、手持ちのSB-800にスレーブフラッシュコントローラーSU-4をつけてサブで使用することに。

撮影時は、大型ストロボのチャージに比べてSB-800のチャージが遅すぎなので、いい気になってシャッターを連続で切るとコメットの方しか発光しなかったり。・・・なんてコトもあったけど、さくさくと写真を撮って、撮影データをクライアントのパソコンに移して終了。

ビールをご馳走になりながら、店のオーナーと撮影したデータを見てセレクトしていると、撮影後に来店した常連の人も見に来たり。
「え、そこで撮ったの?写真館で撮ったのかと思った」

写真は気に入っていただいたみたいで良かったけど、やっぱり使ったことない機材で「さくっと」撮るのは難しい。こんなことが何度もあるようなら、モノブロックストロボか、RIFAあたりを買ってみたいけど・・・実際問題、使う機会って年に数回あるかないか、なんだよなぁ。

それと、男性ポートレートのライティングも少し研究しないと・・・なんて、こっちはあんまりやるつもりはないんたけどね(汗)

関係ないけど、ダーツとやらを初めてやりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/17

ラーメン無限大@船橋 らー麺

和之介のあった場所に別のラーメン屋が出来てたのはなんとなく知ってたけど、今まで行きそびれていたり。
和之介は結構美味しかった、ような?閉店はちょっと残念です・・・なんて言って、最後に食べたのは半年近く前の話なので、味なんか忘れましたけど(汗)

それはともかく、跡地に出来た店は「ラーメン無限大」。これは是非行かなくては、といったわけで、今日の夕飯は、「らー麺」680円

Dscf8430

注文する時に、かつお味とニンニク味どちらにするか訊かれるけど、両方入れてもいい、というからややこしい。さらに背油の量も訊かれる。慣れれば自分の好みのラーメンにアレンジできるっぽい。この後人と会う都合があってとりあえずかつお味で。ニンニクも捨て難いんだけどね・・・なんて思ってたら人の心を見透かすように「ニンニクは普通に入れてよろしいですか?」みたいな事を訊かれて「あ、普通でいいです」
背油も普通。まぁ、初めてだから。

麺はうどんみたいに太い縮れ麺。食べごたえのある食感がグッドです。ラーメンに限らずやっぱり麺類は太い方がいいよね。そのせいか、茹時間が他の店より長かったりするけど、許容範囲でしょう。背油たっぷりのスープもよく絡んでいい感じ。

スープはかつお風味が効いてる・・っていうか、かつお以外の魚系のエグみも少し。とはいうものの、魚系は苦手だけどこれなら大丈夫。

もやしが大量にのっていて、トッピングにニンニクが・・・これは開き直って食べちゃうしかない感じです。

全体的に「がっつり」という雰囲気があるラーメンで、けっこう美味しかった。もしかしたらかつお味でない方が魚っぽくなくてさらに好きな味の予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/10

D2Hローパスフィルターのクリーニング

今日は会社を休んで、ローパスフィルタをお掃除してもらいに新宿のニコンSCへ行ってみた。D2Hは既に使用頻度は少ないんだけど、日曜日のモータースポーツ撮影で大きなゴミを発見してしまったので、放置する訳にもいかず。自分で手を下す訳にもいかず。
平日だから空いてるかな?と思ったら何故か激混みで、受付まで40分も待たされたり。
世間は夏休み突入、だからだろうか。少なくとも午前中株価を見ていて到着が午後になったのも敗因だった、ような。

フィルタのお掃除は2時間かかる、との事。料金は保障期間外なので1000円。ひとつのカメラにどれくらいの時間がかかるのかは知らないけど、技術者の作業料としては破格だよなぁ、と思う。
とはいうものの都合のいい時に毎回休みがとれるとも限らないし、SCに持ち込まないとゴミ掃除が出来ないというのは、そのうち困った事態になる悪寒。

ニコンではクリーニングキットプロとかいうお掃除キットを売ってるので、これ買って自分でお掃除できるようにしよう、と軽く誓ってみたり。

ニコンはクリーニングの講習までやってるけど、講習は受けておいた方がよいのかな?
静電気でゴミを吸着して掃除するハケがある、らしいけど、そっちの方がよいのかな?

いや、掃除したばっかりなので、当分は放置の方針なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/06

モータスポーツ写真

友達が地元のミニサーキットの走行会に参加するとかで「暇なら写真撮りにこない?」というお誘いを受けたので、行ってみた。
モータースポーツの写真なんて生まれて初めてだし、流し撮りの練習ということで(笑)

今回はD2H+70-200mmと、D200+17-55mmの2台でレンズ交換しないでも大丈夫な体制で参戦。一眼レフ2台は、そうとう目立つようで「高そうなカメラですね?」「いやぁ、クルマよりは安いですよ」などという不毛な会話をしてみたり(笑)
主力はD2Hで滅多にする機会のない連射などをして楽しんでみたり。狭いサーキットだから200mm(35mmフィルム換算で300mm)でも、十分な感じ。

結果は・・・初めてにしては上出来かな?な感じだけど、とにかくほとんどがブレブレボケボケ写真なのにはちょっと鬱。特に広角での流し撮りは壊滅状態でした。望遠の方は・・・VRに助けられて何枚かいい写真が撮れたけど、構図をキメるとかの余裕はなかったり。ただ自動車の写真を撮る場合の構図とかがなんとなく解りかけたのは今回の成果、かも。
流し撮りの時のブレブレボケボケの解消法が今後の課題です。

ところで、撮影後に気づいたんだけど、D2Hの撮像素子(ていうか、ローパスフィルタですね)には大きなゴミがあって、余りにも大きいせいか、ニコンキャプチャーでダストオフ処理してもあまり消えてくれなかったり(泣)
今回もニコンのサービスセンターに持ち込む予定だけど、自分で出来るようになってた方がいいのかなぁ?

とりあえず、今回の成果をこっそり貼ってみたり。
Dsch0369s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

Canon Rock

最近 You TubeでCanon Rockというビデオをゲットして以来、これの収集にハマってます。

これは、パッヘルベルのカノンを台湾のギタリスト、JerryCがロックチューンにアレンジして公開したのが始まりで、その後、バッキングトラックやTAB譜がJerryCの公式サイトからダウンロードできるようになって、腕に覚えのあるギタリストがコピー&アレンジをして動画サイトにアップしたりして、さながらバーチャルギターバトルの様相を呈していたり。

現時点でJerryCのオフィシャルサイトにあるバッキングトラックは、アーカイブファイルが壊れてて途中までしか聴けないっぽい。そんな時は、非公式のリンクサイトのページの下の方にあるのをダウンロードしてみるといい、ような?
あと、オフィシャルサイトのTAB譜はGuitar Proという市販のソフト用なので、試用期間が過ぎたら使えないソフトをインストールするのもなんだし・・・、と思っていたら、PowerTabEditorというフリーソフト版のCanonRockタブ譜データを発見。

新たな挑戦者は、たぶんYou TubeのCanon Rockの検索結果のページで発見できる、ような?

いくつも聴いた中では、今のところFuntwo versionが一番のお気に入り(前半だけの初期トライのバージョンもあるけど、青いシャツ着てキャップかぶってる方です。)。むしろオーバードライブに近いスムーズなディストーションサウンドと、洗練されて聴きやすいアレンジ(音数を抜いて弾きやすくしてる、という批判はあるけど)は、完成度も高く、JerryCオリジナルよりもいいという評判も多かったり。それでも、これ作ったJerryCが「神」なのは疑う余地はないけどね。いや、神はロックチューンにも耐える原曲を作ったパッヘルベルの方かな?

ところで何故かうちにはストラトがあるんだよね。最後に触ったのは・・・いや、持ってるだけでギタリストぢゃありませんが?でも、こんな凄いの聴くと、無謀にも挑戦してみたいという気分が沸きあがってきたり。
てゆーか、ギターでスウィープとかって無理だから、ベースパートでも練習してみますか(意味不明)

<2006/08/08 追記>
タブ譜を求めてこのブログにたどり着く人が多いのでタブ譜のPDF版をこっそりアップしてみたり。
<2006/08/08 追記ここまで>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »