« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/28

流し撮り Again

友達が走行会に行くというので、8月のリベンジを兼ねて千葉のミニサーキットに撮影に行ってきた。

今回の課題は、とにかく打率アップを目指して撮影枚数を減らす(多いとセレクトが大変なので・・・)のが最終目標。具体的には、流し撮りの成功率を上げるのと、構図をもう少しなんとかする、とかかな?

そんなわけで撮影してきたけど、結果は惨敗に近かったり。構図のセオリーみたいのは掴めた感じ、なんだけど。
後半まで手ぶれ補正がOFFになってたのに気づかなかったのも敗因の一つ。でも、流し撮りした結果、車のウイングとかだけピタっと止まってる写真を何枚も量産してしまってるので、手ぶれ補正以前の問題だったり。
止めたい所とカメラの動きを合わせて・・・なんてことは頭では解ってる、けど、現実問題として上手くできない。

あと、日中は晴れて、最低ISO感度が200のD2Hでは、F=22とか思いっきり絞り込まないとシャッター速度が遅くならない、ので、シャッター速度優先では光線状態によっては露出オーバーになってしまうので、やむなく絞り優先で撮った事も、結果が安定しなかった原因の一つ、かもしれない。前回、NDフィルター必須だな、と思ったのに調達しなかったのは失敗だった。いや、機材のせいにしてはいけないんだけどさ。

まぁ、流し撮りは奥が深いですね。適正なシャッタースピードもまだ良く解らないし。

ノーズでもテールでも、ゼッケンでもメットでも、思った所をピタッと止めて撮れるようになったら、流し撮りもきっと楽しいんだろうと思う・・・ので、機会があれば、またチャレンジしてみようと思ったり。

Dsc_0617

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/25

2006/10/25 ライブレポート@秋葉原PAGODA

なんか、最近はPAGODAのレポートばっかりだけど、実は他にも行っていたり。先週も代々木の・・・まぁ、細かいことはいいや。そんなわけで、今日もPAGODAに行ってみた。

今日の出演は・・・
S.H.Eさん
Playdead Seasonさん
TEST DE ZERO SCOREさん
Yumeさん

いろいろあって、予定より少し遅く秋葉原に到着。少し遅いけどおなかは減ってる。ハングリーな状態でロックを聴くのも趣きがあっていい・・・とは、なかなか思えない。空きっ腹にビール流し込んだら泥酔しそうだし。
いっそ飲まない、という選択肢はありえないし。

てなわけで、のんびりと蕎麦なぞを喰らって開演直前に会場入り・・・と思ったらまだ開いてない。リハが押してるような?
この時、ステージの照明の電源が落ちてて、ライブの開催自体が危ぶまれるアクシデントに見舞われていて、会場に入るとステージは真っ暗。客席は薄明かり。でも、スタッフの皆さんが走り回って、なんとか開演へ。
後から聞いた話では、演奏中も、何度も調光が効かなくなって裏方はかなり大変だった、らしい。

そんなアクシデントの中、「俺達、別に照明つかなくても曲に合ってるから別にいいけど?」とか言ってたS.H.Eさん
9月27日のPAGODAについで、観るのは2度目。
やった曲は・・・
フロウト
フラッシュ
うさぎ
レイトナイトブロードキャスティング
ウォント

最初の2曲は、確かに照明つかなくても大丈夫なような曲調・・・いや、照明暗かったらお化け屋敷より怖い雰囲気になりそうだけど(笑)

全体的には前回聴いた時より聴きやすかった、ような?概ね一度聴いたことある曲だったせいかもしれない、けど、一度聴いただけで覚えられるほど、耳も頭も良くないので。
特に「うさぎ」とか「ウォント」とかが良かった。

前回はボーカルの女の子が南海キャンディーズの静ちゃんっぽい味のあるMCをしてて面白かったんだけど、今回はおおむねギターの人がMC。いや、コミックバンドぢゃない(と、思う)から、無理に面白くする必要もないんだけど。
 
 
 
2番目はPlaydead Seasonさん
ボーカル・ギター♂、ベース、ドラムの3ピース。
ベースとかギターは、シンプルな音作りでいい感じです。ストレートなロックの曲が多かったけど、ボーカルが聴き取りにくかったのが残念。
 
 
 
3番目はTEST DE ZERO SCOREさん
ボーカル♂、ギター、ベース、ドラムの4ピース。
シンプルでストレートなロックが中心で、ロックバラードの曲とかもあり。
客を煽るのも上手いし、なかなかの実力派な感じ。ボーカルはBLUE HEARTSとかHIGH-LOWSとかクロマニヨンズを彷彿とさせるような?・・・って、全部同じだけど(笑)曲によっては、RCサクセションな感じもあり。まぁ声質は清志郎と全然違うけど、雰囲気というか。
あんまり♂ボーカルだとコメントしたくないんだけど、敬意を表してセットリストなど。
悲しくなるほど
ダーリン
アニー
No name
花の数だけ
JET MAN

最後の2曲の入ったCDが500円。帰りにアンケート渡すと「CD買って下さいm(_"_)m」とか言われたけど、丁重にお断りしてみたり。でも、アルバムなら買ってもいいかな?と密かに思ったり。
 
 
 
最後はYumeさん
やった曲は・・・

Sound of me
遠い星
Twinkle star
ハムスター
Go there

今回のYUMEさんは、ギターも持たず、ピアノも弾かず、ボーカルに徹してたり。
Twinkle starは、クリスマスの曲。季節限定の曲だから、暫くはやらないのかな?と思ってたら、今回初めてライブで聴きました。CDとはだいぶ雰囲気が変わってて面白い。

今回からギターが変わったということで、前回とはちょっと雰囲気が変わった感じ。
ギターは前半にちょっとはずしたり、ミュートピッキングできれいな音が出てなかったりで「ダメじゃん(>_<)」
でも、ハムスターからはいいプレイを見せてくれたし、最初はちょっと尖った感じのギターの音色も、ロック色が強くなって、後半はアリな感じだな?と思ったり。
そんなわけで、今回のハムスターはかなり良かった、ような?

ベースのちえちゃんとドラムの坂田さんは、YUMEさんの楽曲に慣れてるからか、安定した演奏で、聴いてて安心感あり。ただ、今回ちえちゃんのコーラスがなかったのがちょっと残念。まぁ本職はベースだから・・・

ところで、ちえちゃんは今後ギャルバンもやる予定、らしい。都合が合えば一度見てみたいかも。このへんの情報は、ちえちゃんのホームページ、「5弦ベース弾きます」にそのうち載せる、らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/22

ポートレート撮影

なんだかすっごい久しぶりにポートレートの撮影に行ってきた。

ポートレートとはいうものの、スタジオで照明組んで・・・ってわけではなくてストリート系なので、正式な分類はむしろスナップなんだろうけど。
そんなわけで、機材もD200に17-55mmのズームを付けっぱ。身軽な感じで撮影に臨んでみたり。

久々なせいもあって、構図も露光も甘々でグダグダな写真を大量生産。やっぱりたまにしか撮らないと写真は上手くならない、というか、前より格段に下手になってるというか、1歩前進2歩後退な感じ。
あるいは、身軽→気軽→ゆるゆる、な気分が写真に写ってしまった、のかも。

ただ、いつもは開放近くの絞りで撮ることが多いんだけど、ストリートだし周りの状況も写したかったから、今回は少し絞り気味。これはなかなかいいかもしれない。フォーカスが甘いのもごまかせるし(汗笑)。

たぶん、楽器の演奏と一緒で1日練習をサボると3日分技術は後退するような?
この状況を打開するには、シャッター切らなくてもいいから1日1回はファインダー覗こう、と思ったり。でも、毎日ってのは難しい。とりあえずカバンから出しやすいように、45mm f2.8Pでも付けておこうか、と思ったり。本当は広角の空気感が好きなんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/20

AKG K240 studio購入

先日、ZoomのB2.1uにヘッドフォンが繋がらなかったので変換プラグでも買ってこよう、と思ってたんだけど、考えてみればうちにはまともな音を出す「オーディオデバイス」とやらが存在しないことに気づいたり。
普段は2000円くらいの携帯音楽プレーヤーに使うようなヘッドホン(てゆーかイヤホン?)で聴いてるけど、Cubase LEあたりで宅録なんかを始めるような事態に陥らないとも限らないことを考えれば、なんとかちゃんとした音が聴ける環境を構築しといたほうがいいかもな?

そんなわけで、AKG K240 studio(以下、K240)というヘッドホンを買ってみた。
一応、選択基準は「スタジオのモニタ用」というのだけだったんだけど、情報を検索していく中でAKG社の名前が浮かび上がって、メーカーはあっさり決定。アカゲですよ、赤毛!!いや、ずっと昔にマイクを買った時から好きなメーカーなので。

密閉型って、息が苦しくなりそうなネーミングだし(謎)セミオープンがいいかなぁ?とか、ケーブルがヘッドフォン側でも抜けるのがプロ用っぽくていい感じ、とか思いつつ、アキバのヨドバシに価格チェックしにいくと、K141 studioなら手ごろなお値段。
音もいいし(いや、比較対象がアレですから)、K240は大きすぎるから(いや、高くて買えないとは言いたくない)K141に決定・・・と思いつつ、念のため他店の価格もチェック、と思って駅の反対側にあるラオックスに行って見ると・・・何故かK240の方が安い?なんでこんなことが起こるのかよくわからないけど、何度見直しても型番に間違いはないし、K141より安い!!

いや、いくら安くたってね、K141の方が感度はいいし。このへんのシリーズはインピーダンスが55Ωあって、許容範囲だけど微妙に高めだから、感度も高い方が有利かもね。しかも、この大きさは少し邪魔かもしれない・・・などと店頭で葛藤しつつ、結局は視聴でベースの音がちゃんと聴き取れる方を選ぶことに。

もともと使ってたのがアレだから、どっちも高レベルで違いがよくわからない(汗)。
それでも低音の分解能はK240の方がいいような?それと、耳にあたるパッドの材質もK240の方がしっかりしてるっぽい。使い込まないとわからないけど。

結局「上級機種の方が安い」という小市民的な理由でK240をゲットしました(祝)
お値段は、税込み\11,550。価格comと比べても、サウンドハウスに次いで安い値段なのでかなり満足。


今、聴きながら書いてるけど、やっぱり音はいい・・・ってゆーか、今まで聞えてなかったいろんな音が聴こえてくるのが感動的。特にベースラインなんかも良く聴こえるので、コピーするのも楽になるなぁ、と思ったり。
ちょっと心配だったインピーダンス高め、なのも、やっぱり許容範囲っぽくて別にパワー不足とかは感じないので、取り越し苦労だったっぽい。
ただ、前に使ってたイヤホンタイプのアレに比べると、大きくて重いのがちょっと辛い、かも。最初はそんなに感じないけど時間が経つにつれて、だんだん重さが気になってくるので長時間は無理っぽい。次は首でも鍛えますか(笑)
イヤホンタイプのアレも、高級品はいくらでもあるみたいなので、普段使い用にちょっといいやつを買ってみようかなぁ、と思ったり。

あと、この手のヘッドフォンにはエージングが必要、ってことが解ったり。けど、どれくらいやればいいのか良くわかんないので、普通に使いつつ熟成させることに決定。なんかいろいろと奥が深いみたいで。

と、思ったら、ヘッドホンやスピーカのエージング(と、音響のチェック)用の"Test/Burn-In CD"というCDを発見!!欧州のヘッドホンは長期使用を考えて振動系が硬く作ってあるらしく、エージング必須という話もあり、使い込んだヘッドホンとかにも効果があるとか・・・物欲の抑制に失敗したら買ってしまうかも。


<2008/12/3 追記>
K240は既に型遅れになって、「K240 MK II」としてリニューアルされている、らしい。
「ダイアフラム&ハウジングの材質を見直すことにより、低域の締りと全体のバランスや明瞭度が向上しています。」とのことなので、今使っているのより良さそう。でも、現状でも満足度が低いわけでもないので、故障でもしない限り買い替えできないのがちょっと悔しい、かもしれない。

<2008/12/3 追記ここまで>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/16

Zoom社B2.1u購入

Zoom社のB2.1uを唐突に購入してみた。いや、前から気になってたんだけど。

購入のポイント・・・の前提として、最近インディーズ系のバンドとかのライブに行く事が多かったんだけど、見てるだけじゃつまらないなぁ、と思ってたら、飲み会の席で「バンドやろう!!」という話が持ち上がったので、またベースを弾き始めたり。ある意味酔った勢い?なのでバンドの話が実現するかどうかは微妙・・・なんだけど、折角だから音作りとか曲作りなんかもしてみようかと。
ところが以前持っていたはずのエフェクター達が見当たらず。誰かに譲ったような記憶があるような無いような?

無い物(記憶、ぢゃなくてエフェクターの方)は仕方がないので、ご購入・・・なわけだけど、コンプレッサーにオーバードライブにコーラスに(ここまでは以前持ってた、ような?)リバーブとかも欲しいなぁ、と思ったり。全部揃えると結構な金額。こんなのがオールインワンで入ってるのが「マルチエフェクター」という存在。Zoomにはアンプシミュレータとかいうのがついていて、アンプに繋いだ時のような音が出せる機能もついていたり。しかも格安!ネットの評判も悪くなさそう。

B2とB2.1uはどっちがいいのかは悩みました。B2だったらコンパクトだし、持ち運びにも便利かもな?どうせペダルの使用頻度は少ない(てか、皆無、かもしれない)し。結局、パソコンに接続できるUSB端子とかXRL出力端子とかの入出力系が充実してるのと、何よりDAWソフトのCubase LEとやらが付属、というのに惹かれたり。
「パソコン接続は現代の必要十分条件です(謎)」

そんなわけで、イシバシ楽器で14,960円で購入。ACアダプターがサービスでついてきました(^^)
とりあえず、Cubase LEをインストールしてみた。機能は・・・わけわからず(汗)
マニュアルは全てPDFで、一瞬会社に持って行ってこっそり印刷しちゃおうかと思ったけど、入門マニュアルが164ページ、オペレーションマニュアルがなんと552ページもあり・・・こっそり印刷は不可能っぽいので、堂々と・・・は出来るはずもなく断念。いや、PDFのままの方がクリック一発で目的のページに飛べたりして便利かもしれない、と思い込む事に。

マニュアルは後でゆっくりと読むことにして、とりあえず新規プロジェクトを開いてwmaファイルをオーディオトラックにドラッグ&ドロップしてみるとあっさりと読み込んだり。再生して音楽を普通に楽しんだり・・・。
いや、このままぢゃ意味がないので、後でなんとかする、予定。


で、B2.1uの方も問題あり。まずヘッドフォンでも繋いで音を聴いてみようかと思ったら、ヘッドフォン端子はステレオ標準ジャック。持ってるヘッドフォンはステレオミニジャックだったりするので使えない。ついでに手元にはシールドケーブルが一本しかないっぽい(昔はいっぱいあったはずだけど?)なので、アンプがわりのUA-100にも接続不可。まぁ、このへんは後日なんとかするとして・・・

B2.1uをパソコンに接続するには、普通はUSB経由がデフォ。なんだけど、余ってるUSBケーブルもないので、これも接続不可。まぁ、これも後日なんとかするとして・・・

結局、今日は音を聴けずに取説を斜め読みするだけで・・・(涙)
ちゃんと遊べるのは土曜日あたり、かなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »