« 大福@本郷 坦々麺 | トップページ | MP-E300不調、iFP-899復活 »

2006/12/21

日本の人口が減るらしいな?


国立社会保障・人口問題研究所とかいうところが「2055年には4000万人近く減少し8993万人となる」という将来推計人口を発表した、らしい。一昨年くらいに「人口が減ると環境負担が減っていい、かもな?」という駄文を書いたような気もするけど、今回も少し駄文を垂れ流してみたり。無駄な時間を過ごしたくない人は、この先読まない方がいい、かもな?

端的に言えば、毎日満員電車に乗って会社に行く度に「人口が減れば通勤も楽になるぜ」とか妄想してるので、いい事ぢゃないかと思ったり。

・・・なんてこと言うと、「人口減少で日本の国力が低下する」なんて噛み付いてくる人がいるんだけどさ、人口=国力なら、日本はインド・中国には勿論、パキスタンやバングラデシュにも負けてるわけで。国力は数で勝負ですか(笑)

もし国力とやらが経済力のことだとしたら、人口よりも生産性の向上を目指した方が前向きなんじゃない?

「医療、介護などの社会保障の維持や労働力の確保ができなくなる」なんて言う人もいるけどね、ロボット技術の進化とかである程度は補える部分はある、と思うし。介護ロボットなんかはそろそろ実用化されるんじゃないかという勢いだし、最近は無人の自動車が自律走行するなんていう実験も盛んに行われてて、たぶん2055年には電動車椅子にはコンピュータとGPSが組み込まれてて「三丁目の角のタバコ屋に」寝てても買い物にいける時代になってる、かもね。まぁ、その頃までタバコがあるかどうか、は別の話、だけど。

むしろ人口が減ることによって食料安全保障や環境問題なんかも解決できる(というか、解決しやすくなる)し、何より満員電車に乗らなくてすむようになる、かもしれないのがいいよね。まぁ2055年ってば、おそらくは生きてないし、万が一生きながらえてたとしても、相当な爺になってるから通勤なんかしてない、はずなんだけど。

前に「アボリジニは自然と共存していたのか」という話を誰かとして「決して共存してたわけではない。人口が少ないから自然に与えるインパクトと自然の自己回復能力のバランスが保てていただけだ」という結論に達したことがあるんだけど。日本の21倍もの面積を持つ土地にわずか30万人しか住んでなくて(単純計算すると、一人当たりの土地の広さは日本人の約8500倍)、しかも機械とかも持ってなければある程度好き勝手やっても自然の回復能力を上回ることはない、ということで。

自然と共存してきたアボリジニのライフスタイルを学ぼう、なんていう人がたまにいるんだけど・・・生産=消費、という、いわゆる「生活」が少なからず環境に影響を与えるとして、アボリジニと同じくらいに環境インパクトを減らすには、単純に言えば消費を8500分の1に減らさなきゃいけないって事で。消費を減らすのは環境的には大切なことかもしれないけど、限界はある。土地はそう簡単に広がらない。とすれば、あとできることは、生産とリサイクルの効率を上げることと、人口を減らすことくらい、と思うけど?

ところで、この将来人口推計は、国勢調査に合わせてだいたい5年に1度公表されて、年金の給付水準を決める年金財政の再検証に利用されたりとかする、らしい。深読みすると、年金を引き下げるためにこんな発表をした、のかもな?
ニュースの顔して時々プロパガンダが混じってるから、素直に喜んだり悲観したりするのもアホらしい、と思うけど。

|

« 大福@本郷 坦々麺 | トップページ | MP-E300不調、iFP-899復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66047/13148820

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の人口が減るらしいな?:

« 大福@本郷 坦々麺 | トップページ | MP-E300不調、iFP-899復活 »