« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

2007/02/28 ライブレポート@新宿Marz

今日は新宿のMarzに行ってみた。今日のイベントは「うっちー presents "Stars that drifts in planet"」。うっちーって誰?

それはともかく、今日の出演は・・・
LA。MILK TEA.さん(Webはない、かもしれない)
freedomさん改めMeadwoodさん
URiTAさん(Webは探索中)
nano.RIPEさん
カウルトウキョウセンチメンタルロックスさん
 
 
LA。MILK TEA.さん
前回のライブは2年前・・・で、MCでは「この曲は解散する前にやっていた・・・」とか、ようするに復活ライブなのか?
よくわからないけど。
 
 
freedomさん改めMeadwoodさん
改名したのは"freedom"という名前のバンドが世の中にたくさんあるから、らしい。確かにネットでググッた時に"freedom"は不利、かもしれない。

前にMasaeさんのサポートで演ってるのを観たことがあるのを思い出した。空間系のエフェクトを多用するギターとかの音作りはnano.RIPEさんにちょっと似ていなくもない。3ピースバンドで音域が広くとれるためかベースのフレーズは多彩で面白い。まぁ、ピック弾きは余り好みではないんだけど。
これで♀ボーカルなら少しは追っかけてみる気にもなるんだけどね。追っかけない変わりにとりあえず音源確保。
  
 
URiTAさん
ギターボーカルのURiTAさんと、ドラム、マンドリン+大正琴の3ピース。アコギにエフェクトかけたりとかして、フォークのようなポップスのようなハードロックのような音を出して、ジャンル分けするのが空しくなる音楽をやる人。独特な世界観は、ハマる人はハマるんだろう、とは思う。
 
  
nano.RIPEさん
やった曲は・・・まだ、微妙に曲を覚えてなかったり。なので間違ってるかも。
風の少女
アカネ
ICO
フォルトファインダー
描きたいセカイ
最短距離で

曲のつなぎとか、スピード感があったり。いつもの事だけどバンドアンサンブルとしてのバランスが良かったり。ベースはエフェクトかけてるのかどうか知らないけど、余り弄り倒してない素直な音でかなり好み。普通はピックで弾きそうなフレーズを指で弾いてるところがいい・・・なんて思ってる人はあんまりいない、かも。

3/12には新しいCDがついに発売!!・・・と思ったら、きみコさんが「昨日うちに届いたので今日から買えます」ということで、迷わずゲット。メンバー全員にサインしていただいたり。これ聴いて次のライブに備えようかと。
 
  
最後はカウルトウキョウセンチメンタルロックスさん
ボーカルの女の子が楽器を弾かないので、音の厚みは実質3ピースと同じ、ですね。他の楽器と音域がぶつかりにくい分、ベースラインの自由度も高くなるので、いいベーシストがいるとベースはかなり聴き応えのある演奏になったり。そんなわけで、ここもかなり良い感じ。ピック弾きだけど。
曲はちょっと懐かしい?ポップな感じ。親しみやすい曲が多い、かな?
CD買ったら、ボーカルの子の手作りのお菓子をいただいたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/20

2007/02/20 ライブレポート@代々木bogaloo

今日はMasaeさんがライブをやるとのことで、代々木に行ってみた。今日のイベントは「piano de bogaloo vol.6」ということでアコースティックなピアノ弾き語りのライブ。

そんなわけで、今日の出演は・・・
佐々木綾音さん
YUKIEさん
Masaeさん
岡野やすこさん

えっと、開演は19:00、なので楽勝!!と思ってたら、会社出ようとした瞬間に電話が掛かってきて、その後、調べ物したり、メール打ったり・・・余裕で到着の予定が、かなりギリギリ。なのに腹は減るわけで、時間ないのにラーメン喰ってみたり。
 
てなわけで、到着した時は既に佐々木綾音さんの1曲目の演奏が始まってたり。
割と落ち着いた感じの、いわゆるオトナ声で歌も楽曲も悪くない・・・と思ってたら、まだ19歳だそうで、安定してる歌声とはうらはらに、MCではかわいい感じの声でちょっとグダグダだったけど、そこがイイ、というファンもいそう?
「昔、弟とセミを捕ってて、セミを捕るのが上手い」とかいう話は「セミを捕って欲しい人は言ってください」とか締め括ってたけど、たぶん、最初はそんなことを言うつもりぢゃなかったんだと思う。何を伝えたかったのかは不明・・・だけど、印象に残ったのは確かなので、MCとしては成功してる、ような?
 
 
 
二番目はYUKIEさん
今日が誕生日、とのことで、YUKIEさんも19歳。声の高音の伸びがいいボーカルさんです。こちらも歌は安定してるけどMCは話す順番を間違えたりとかでちょっとグダグダ(笑)。なんか、Masaeさんの話し方に似ているのは、出身地が同じだからかなぁ~とか思ったり。
打ち込みをバックに演奏する曲もあったりして面白かった。いい楽曲もあるので、今後、何かをなんとかすればもっと良くなる、と思ったり。いや、MCぢゃなくて。
 
 
 
三番目はお目当てのMasaeさん
えっと、Masaeさんも19歳ですね。楽屋で3人で盛り上がっていた、らしい。

最前列の席が空いたので、そこに座ってみたり。いや、こんなに近くで聴くのは初めてなんだけど、近くだと迫力も倍増(笑)
普通はピアノの弾き語りってゆーと、癒し系とかが多いんだけど、彼女の音楽は癒しとはちょっと違う。・・・高揚感?・・・緊張感?なんか上手く言葉にできないけど。最初、MCなしで2曲(もしかして3曲?)続けて演奏したけど、このまま30分間ノンストップで演られたら、かなりヤバいな、と思ったり。
初々しい感じのMCはまだ健在。それがある意味チルアウトさせてくれたり。
今回は新曲も持って来ていて、ラッキー。また観たい、かも。
 
 
 
最後は岡野やすこさん
1人だけ19歳ぢゃないwww
まぁ、年齢はどうでもいいんだけど、つーか、年齢はいくつか知らないんだけど、歳相応の?大人声。歌はもちろんの事、MCも普通に上手い(笑)(てか、バイクで足を怪我した話は、リアルで痛そうだった)。
年齢が19歳トリオよりも近いせいか、歌詞とかも共感できる感じが、ちょっと。いや、19歳の感性に共感できない、とは思いたくないわけだけど(汗)
途中で2曲、ソプラノサックスの方がゲストで出てきて共演。かなりいい感じ。

次のライブはバンドでやる予定、らしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/15

博多まるきんラーメン@春日 博多ラーメン

今日は朝から半日の人間ドックに行ってバリウムを飲んでみた。こんな重金属っぽいものをいつまでも体内に温存しとくわけにもいかないので、もらった下剤は全て飲んで水をがぷ飲みし、食事は汁っぽいもの(と、言えばラーメンがトップフライオリティ)を選択することに。

検査が終わって会社に戻ろうとすると、すぐにラーメン屋を発見したので、今日のお昼ごはんはまるきんラーメンの博多ラーメン(550円)+煮卵(100円)に決定。

Dscf9064

都内では割と安い方だと思うけど、具は少なめで、適当にトッピングを加えると、それなりの値段に。でも好きなトッピングが選べる方が個人的にはポイントが高い。

麺は普通の博多ラーメンな感じの細い直麺。スープも普通に豚骨だけど、臭みは少なめ?
味も普通で格別に美味いというわけでもないけど、ちゃんと豚骨ラーメンの味だし、紅しょうがとか、ニンニクとかを好きなだけ入れられるところがいい、かもしれない。これで高菜も入れ放題なら言うことないんだけど・・・それは高望みしすぎかなぁ。

あ、あと会社にもっと近いといいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/12

2007/02/12 ライブレポート@柏 Warter

オーストラリアのディジュ奏者、チャーリーマクマーンが来日して柏でライブをやる、とのことで行ってみた。
本当は2/19の中野を見に行こうと思ってたらOpenが22:00って・・・オールのイベント?
一般リーマンなおやぢにはきつい、ので、こっちに来たけど前売り4,500円、当日5,000円は高けーよ、と思い、少しでも安くするために珍しく前売りを買ってみたり。ローソンチケットって初めて使った(^^)

まぁ、ライブというよりもむしろクラブイベントに近いんだけど、事前にそんな雰囲気を察知して、今日はクラブ潜入用の装備(謎)をつけて入場。


てなわけで、今日の出演は・・・
Dachamboさん(Japan)
Charlie McMahonさん(Australia)
Zillaさん(U.S.A)
今日のイベントは「ポカ祭りPRESENTS “pokamania Delux”豪米かっ!? 」ということで、オーストラリアとかアメリカとかの外タレが来てたり。そのせいでチケット高いのか?いや、こんなもんなのか?ぶっちゃけ相場がよくわからない。

最初はDachamboさん(Japan)
なんていうか、基本的にはフュージョンっぽい音作りのような気もするんだけど、ヘビメタっぽかったり、ファンクっぽかったりしつつ、トランスっぽいビートで、ジャンル的には掴み所がないサイケデリックなJAMバンド。
ノリがよくて、ほぼノンストップな構成なので、オーディエンスもかなりノってました。それにしても最前列で踊ってる元気なのは女の子の方がが多い、ような?。
この手の音楽は、理屈なしで踊っちゃった方が楽しいよね。

Dachamboさんって初めて観たけど、ディジュのOMI氏とは知り合いっぽい。こんな所で活躍してたなんて知らなかったよ。狭い世界だこと(笑)




次は今回目的のCharlie McMahonさん(Australia)
えっと、チャーリーとは10年近い付き合い。まぁ、チャーリーが友達と思ってるかどうかは微妙だけど(汗)
そいえばネットで使ってるDragonという名前は、別にブルースリー好きでもトラキチでもなくて、実はチャーリーがつけたニックネームだったり。オーストラリアでキャンプした時に酔った勢いで口から火を噴いて遊んでたら(←実話だから、酔っ払いは恐ろしいf^^;;)チャーリーは大喜びで"Hey! Dragon!!"とか言われたのが最初。まぁ、どうでもいいんだけど。

で、ステージの方はというと、最初に3曲ほど、ディジュボーンを使って比較的早いテンポのソロ曲を演奏。クラブっぽいハコだけに最初からクラブサウンド全開かと思ってたのでちょっと意外。そういえばアコースティックなサウンドで構成された最後のCD「TjilaTjila」の続編を作りたいとか言ってたので、もしかしたら昔の音に回帰中、かもしれない。
というより、個人的にはこういうアコースティックなソロも好きなんだけど、このハコで、Dachamboさんの後で、このノリだとオーディエンスは納得しないかも?とか要らぬ心配をしてみたり。

いや、間違いなく要らぬ心配でした。その後はフェイスベースとディレイループを使ってアシッドなクラブ系サウンドをほぼノンストップで全開。基本的にはディジュ一本なんだけどディレイループで音をいくつも重ねていく手法が珍しいのか「どーやってるのか全然わかんね」とかいう人もいたり。
Dachamboさんのおかげか?フロアのノリも良く、それが演奏にもはね返る感じで、以前観た時よりも凄い。ぶっちゃけ、前回は「チャーリーも歳喰ったな」なんて思ったんだけど、今回はチャーリーの凄さを再認識した、というか。

↓は、クラブ系のサウンドになる前のCDで、割とポップスっぽくて聴きやすい。クラブ系でお勧めなのはxenophonあたりだけど、Amazonでは売ってねーの(笑)
 
 
 
最後はZillaさん(U.S.A)
チャーリーが言うにはインプロヴィゼーションバンド、らしい。全部即興なの?と疑いたくなるほど緻密な演奏で、ハンマーダルシマーの琴みたいな音が織り上げるメロディーがすごく綺麗なのが印象的。てゆーか、こんな楽器、今日まで知らなかったさ。
途中でディジュリボーンを持ったチャーリーが乱入して、サウンドはラフな方向に(笑)
チャーリーがはけた後、演奏はまた繊細でダイナミックな感じに戻って・・・

えっと、ここでローカル線の最終電車が気になる時間になって、盛り上がる会場を後に帰路に。Zillaさんの演奏、最後まで聴きたかった。

明日は連休明けでお仕事が待っている・・・_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/11

家庭菜園?

家庭菜園をやるほど暇でもマメでもジジイになった訳でもない、なんだけど、簡単にできる家庭菜園に少しハマっていたり。

台所のシンクの上の出窓のところに発泡スチロールのトレーを置いて、料理に使ったにんじんとか大根とかのヘタの部分を水栽培。写真の右のトレーがにんじん畑、左が大根畑。

Dscf9051

これって再生栽培とかいう立派な名前もついている、らしい。ポイントは水を切らさないこと。水を多く入れすぎないこと。時々、トレーとかヘタについた「ぬめり」を洗い流してあげること。朝、歯を磨いてる時とか、時間を決めて毎日水の量をチェックしてればそんなに難しくないっぽい。てか、少しずつ育っていくのが楽しかったり。元々ゴミになるはずだったものだし、気楽なのもいい。

日当たりがいい方がいいらしいんだけど、うちの場合はたまたま台所の出窓が南向きなので、室内栽培。外でやるより虫がつきにくいっぽい。

去年はにんじんが花を咲かせたり。今回は近々炒め物になる、予定。人参や大根は葉っぱの方が栄養ある、らしいし?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/07

2007/02/07 ライブレポート@新宿Naked Loft

今日は初めてNaked Loftに行ってみた。ここはいわゆるライブハウスというよりは、小洒落たカフェレストランのような感じで、沖縄料理とかも食べられる、らしい。ゴーヤチャーハンとか美味しそうなメニューもあり、知ってたら吉野家で豚丼なんか喰らってこなかったのに、と激しく後悔先に立たづ・・・_| ̄|○

今回の企画は、<Girlies voice cafe vol.9>という女性ボーカル特集、なわけで、今回の出演は・・・
yuimaさん
シイラシアぺガニズムさん
とんかつパンさん
洋服屋さんとのコラボということで、ボーカルの女性は、みんなかわいいTシャツ着てました。 
 
 
最初はyuimaさん
ギターのお兄さんとのデュオ。yuimaさんは透き通って伸びやかな声が魅力ですね。

ライブの方は、ポップな感じの曲も多く聴きやすい感じ。途中で、槇原敬之の「どんなときも」を歌ったり。女性が歌うとだいぶ感じが変わるね。
ブログにもちらっと書いてあるけど、最近カズーという楽器をゲットした、らしい。そんなわけでカズーを使った曲も一曲。ちゃんと使えない、とか言ってたけど・・・そんなに難しい楽器だったかなぁ?

CDは↓の2枚出してるっぽい。

えっと、フライヤーもないし、物販でCDの販売もなし?リンク張った先がオフィシャルっぽいけど、本当にそうなのかは不明。ずっと更新してないっぽいし。最新情報を得るならyuimaのどぅーちゅいむにーとかいうブログの方がいい、かもな?
 
 
 
2番目はシイラシアぺガニズムさん
ギターボーカルの女性と、ギター、ドラムのスリーピース。基本的にはロックな感じ。
ステージが狭いせいか、ドラムはスネアとシンバルと木魚みたいな音がでるやつだけ。ほとんどスネアだけでかっこいいビートを叩き出すのはすごいと思うけど、ベースもバスドラもなくて低音がスカスカな感じは、微妙に居心地が悪い。まぁ、アコースティックにリズム隊がついた、と思えば十分アリな構成なんだけどね。

ちょっと鼻にかかった感じの個性的なボーカルは、ロックな曲調によく合っていて、ギターもアコギ2本というアコースティックでシンプルなバンド構成だったので、ボーカルの歌詞とかもストレートに伝わってくる感じ。
普段は爆音のライブをやってる、ということなので、普段は普通にロックしてるのかもしれない。そんなわけで、最後にギターの弾き語りとかをやってたのは割りとレアなのかな?いや、凄く良かったんだけど。
 
 
 
今日のお目当てのとんかつパンさん
とんかつパンさんのライブ、というか音楽は実は初めて。以前見た和豪のライブで倉沢桃子さんがゲストボーカルで出てて、割といい感じだったのでライブをずっと見たかったんだけど、日程が合わなかったり立川とか帰れなくなりそうな程遠い所だったり・・・

とんかつパンを知った当初は「アコースティック・デュオ」ということで、きっと女性2人が出てくるもんだと信じてたら、倉沢桃子さんの他は、ベース、パーカッション、ギターで全て男!!
あらためて公式ウェブサイト見たら、相方の姿は見事に消え去ってて、今の形になったいきさつも不明。まぁ、いろいろあったんだろうけどね。

やった曲は・・・実はよくわからんかった(汗)とりあえず「さくら」「オトナになったら」「新曲1」「新曲3」他・・・順不同。バンド構成のせいもあるのかもだけど、アコースティック・デュオという先入観からは想像もつかなかったオルタナティブ・グランジの香りのする曲もあったり。いい感じです。普段はバンドだけじゃなく弾き語りとかでもライブやってるらしいので、そっちはまた違う感じなんだと思うので、また聴いてみたい、かも。

ところで、パーカッションの人、たぶんステージが狭くてドラムセットが置けないからだと思うけど、カホンを叩いてました。
あの箱、激しく欲しい。叩くのに挫折しても、座るくらいなら出来るしf^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/03

DSでギター

えっと、弾いて歌えるDSギター"M-06"というのを買ってみました。本当は別のソフトを買いたいと思ってたので、衝動買いですが、何か?

これは、十字キーでコードを選んで、画面上の弦を弾くと音が出るっていうもので、平たく言うとそれだけのもんです。ぶっちゃけ、ゲームではないな?

ストロークのアップダウンとかミュートカッティングの音とかは出せたりするんだけど、当然アルペジオとかはできないし、じゃかじゃかとかき鳴らすだけなので、まだ慣れてないのもあって、まるで70's四畳半フォーク的演奏になっちゃう。練習するともっとカッコよく弾けたりするのかなぁ?
ちなみに、付属のタッチペンでも弾けるけど、ピックで弾いた方が雰囲気出たり。柔らかめなピックじゃないとタッチパネル痛めるかもな?

十字キーで斜めの所が押さえにくかったり。コードの数が多いとLキーを押したり放したりしながら斜め右上、とか斜め左下、とか・・・一小節ずつコードが変わるような曲だと、たぶん本物のギターの方が簡単、なような(笑)
でも、普通の音ゲーと違って、自分のリズムで弾けるから、フラストレーションはたまりにくい、かもしれない。いや、ギターが上手い人はすぐにDSをギターに持ちかえたくなると思うけど。

練習曲が何曲か入ってるんだけど、コードの書いてある歌本とかがあれば、たいていは弾けるらしい。てゆーか、これは「歌うためのツール」だそうだから、歌本見ながらみんなで歌って盛り上がったりするのが正しい使い方なのかもですが・・・。

エフェクターにつないだりして楽しんでる人もいる、らしい。リハーサルスタジオに篭って、ディストーションかませてマーシャルアンプのボリューム上げて、DSを大音量で鳴らすのが次の目標に(嘘)
これで路上ライブをやるのが最終目標に(大嘘・・・でも無謀な若者はやってしまいそうだな^^;;)

楽しんでる人とは裏腹に、結構挫折する人も少なくない、ような?内蔵の譜面なんか使わずに「自由に弾く」モードで適当に音出して楽しめばいいのにね。どうせコード進行なんてある程度決まってるし。
そんなわけで、コードの数が少ないと簡単に弾けるから、ブルース系スリーコードとかを適当に弾きながら適当にメロディのせていくと、お手軽な作曲ツールとして使えるかもな?
コードを確認するツールとしては結構使えそうです。ギターは通勤かばんに入らないし(笑)

でも、通勤電車の中でイヤホンつけてこれ弾いて、不覚にも歌ってしまうような失態だけはしないように注意しないと(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »