« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/27

5弦ベースのことなど

金曜日に買った5弦ベースの事などを少し。

IbanezというメーカーのEDB555というやつで黒色(BKF)と茶色(WNF)のカラーバリエーションのうち、何故か\4,200安かった茶色を買いました。

Ibanezといえば、その昔The Policeのスティングが使ってたフレットレスのMC940とかを作ってたメーカーです。当時は「イバニーズ」と呼ばれてましたが、今は「アイバニーズ」という名前に変わってたりします。The Policeは、当時「ポリース」と発音していたような気がするけど、今は「ポリス」という方が一般的なようです。

名前が変わるといえば、昔「チョッパー」と呼ばれていたベースの奏法は、いつのまに「スラップ」なんて呼び名に変わってたりします。楽器屋で話をする時には、このへんに気をつけて話さないとすぐにおやぢであることがバレてしまうので要注意です。いや、見た目がおやぢなので黙っていてもバレバレなんですけど。
 
 
さて、我が家にはベースアンプなどという近所迷惑なエクイプメントは存在しません。
とりあえずZoomのマルチエフェクターとヘッドフォンを繋いで弾いてみたので、その感想なんかを書いてみます。

まず、今回の選択の条件ですが、5弦であること、24フレットあること、J-Jタイプのピックアップであること。それと、買える値段であることです。
本当はパッシブのベースの方が良いとか、裏通しのできるブリッジの方がいいとかいろいろ細かい希望もあったのですが、予算が予算だけに、へタをすると選択肢はゼロになりかねないのであまり贅沢は言わない方向で探しました。決定的な理由は、持った時に凄く軽く感じたことですね。肩や腰に負担をかけたくないおやぢにぴったりのベースです。

通常19mmある各弦の間の距離がこのベースは16.5mmで、弦間ピッチの狭い、いわゆるナローピッチのベースです。メーカーによっては18mmとかいろいろで、ナローピッチと普通のとどちらがいいかは個人の好みですが、16.5mmの方がネックがあまり太くならず弾きやすい、というメリットがあります。反面、スラップなどは難しくなるし、4弦、5弦を使い分ける場合は、感覚が変わるのでよろしくない、という諸刃の剣でもあり、最近は5弦ベースでも19mmを採用するメーカーが増えているらしいので、ナローピッチのベースはそのうち絶滅するのかもしれません。このベースではスラップ弾けなくてもいいや、という割り切りもありましたし、絶滅危惧種は保護すべし(笑)というのも購入の動機のひとつだったりします。

そんなわけで、最初は特に右手の指先に、まるでギターを弾いているような感じがしましたが、たぶん慣れれば問題なさそうです。それと、弦が一本多いだけでどの弦を弾いているのか解らなくなったりもしましたが、これも慣れの問題ですね。スラップも慣れればいけそうな気もしますが、また不明です。
 
 
それと、このベースにはエリクサーという弦が張ってありました。このベース弦はコーティングしてあるので錆びにくく、耐久性が高かったり、フィンガリングノイズが低減されたりするという効能がある高級弦で、お値段も高いようです。ところがこの弦、コーティングのせいか指ざわりが「ぬるぬる」した感じです。店で試奏した時は緊張して指先に汗をかいているのかと思って拭おうとしたけれど、実は指先は濡れていない、というのを何度か繰り返して、軽い違和感はあったのですが。

最初は弦間の違いや弦の数の違いに気をとられてましたが、慣れてくると最後の違和感はこの「エリクサー」。長持ちするから経済的らしいけど、普通の弦に換えてしまおうか検討中。とはいうものの、せっかく付いている高級品を早急にゴミにしてしまうのは勇気がいりますね。

関係ないけど、ファイナルファンタジーでも「エリクサー」は使い勝手の悪いアイテムでした。持ってても勿体無くて使えず、ラスボス倒すまでずっと温存してる人も少なくないのでは?

音色についてはまだアンプに繋いでいないので、今の所はノーコメントということにしておきます。って、アンプに繋げるのはいつの日になるのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/26

のだめカンタービレ DVD-BOX

のだめカンタービレ DVD-BOXは25日発売だったけれど、1日遅れでゲットしました。

Youtubeなどから落としてきた、デジタル圧縮ノイズ満載のビデオとも今日でお別れです。とはいうものの、フォルダ開いてクリックすると見れた今までの環境は、楽だった。箱を棚から出してきて、蓋を開けて、DVDディスクを出して、ドライブにセットして・・・見終わったら片付けて、なんて七面倒臭い作業を本当に何度もやるのか、といえば、実はかなり疑問だったりします。

この手のものは手元に置いておくことが重要だし、どのエピソードも何度も見てるから、一度見れば満足しちゃいそうな悪寒です。

結局、無性に見たいような時は今まで通りノイズまみれの動画を見てしまうのかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/25

5弦ベース

えっとですね、ついに買ってしまいました。安いやつですが。

会社帰りに楽器屋に立ち寄って、軽く試奏して「これ下さい」。

ベース担いで電車に乗るのって、何年ぶりだろう?

スーツとネクタイが、微妙に違和感。まぁ、いいんだけど。

弦がひとつ増えると、かなりの違和感。たくさん弾いて慣れないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/22

2007/05/22 ライブレポート@新宿Marz

前回のライブレポートの反省から、今回は少しやわらかい文章にしてみます。いっそ毎回文体をかえてみるとか・・・は面倒なのでやりませんが。

今日は、Masaeさんがライブということで新宿Marzに行ってみました。お目当てのMasaeさんは19:40頃からということで、ゆっくり行けばいいかな?と思っていたら、最初は久々の水野真菜三さん。これは開演に間に合うように行かなくては。ゆえに、今日の晩御飯はコンビニおにぎり。

さて、今回の企画は"SONG LINER"と題して・・・これはなんて意味でしょう?
"Liner"には定期船という意味もあるらしいので「歌の定期便」みたいな感じですかね?

水野真菜三さん
mintさん
Masaeさん
ネロウメロウさん4番目
URiTAさん

1番目は水野真菜三さん
前回聴いたのは昨年の7月なので、四捨五入すると1年ぶりくらいです。前回のライブでは声もよくのびてるし楽曲もいい、程度の印象しかなかったみたいだけれど、頂いた音源は時々聴いていて、また聴きたいと思ってました。

セットリストは、
1.不明
2.Dear
3.Akashi
4.My love my dream
5.Grazioso

今回、聴いてて気づいたのはピアノの広い音域を使って多彩なフレーズを弾いてることです。88鍵あるRD-700の低音から高音まで使い切る勢いで弾いているところが、単に弾き語りの伴奏楽器としてだけでなくピアノのポテンシャルを引き出そうとしているようにも感じます。

新しい音源を持ってきてたので買ってみました。また機会があれば聴きたいです。
 
 
2番目はmintさん
前回は、バンド形態でしたが、今回はギターボーカルとギターのアコースティックデュオで、かなり雰囲気が変わっていました。
元々アコースティックだと歌詞がストレートに伝わって来やすいけど、パート分けがしっかりしていて弾かない所は弾かない、という感じだったので、よけいにボーカルが引き立っているように感じました。ギターのカッティングとかもカッコいいしアコースティックもいいですね。

音源は、2曲入り1,000円と割高な感じもしますが、アップルミント味の飴がおまけに付いてきました。近々アルバムを出す、とのことなので楽しみです。
 
 
3番目はMasaeさん
今日のセットリストは、
1.Mum
2.Kiss me
3.pianist
4.想い(umui)
5.darling
6.自震

冒頭からMCなしで3曲ノンストップ。いつもこの冒頭から圧倒されてしまいます。前回、息を吸うのも忘れて聴いていたら窒息しそうになったので(・・・は、ちょっと大げさだけど)今回はちゃんと呼吸しながら落ち着いて聴いてました。

以前からMasaeさんのピアノは何かが違う、と感じていました。確信ではないんですが、今日、それが左手のパートなんじゃないかと思いました。低音楽器好きなのでビートを刻む力強くて分厚いベースパートはもの凄くワクワクします。フレーズの音域の広さとダイナミクスの幅の大きさは、何度聴いても感動的です。

だいぶ新しい曲も増えてきたし、また音源出して欲しいですね。できればピアノ弾き語りで一枚アルバムを作っていただけると嬉しいです。それと、バンドバージョンのライブもまた聴いてみたい、かな。
 
 
4番目はネロウメロウさん4番目
キーボードボーカルと、ギター、ベース、ドラムの4ピース。今日のライブ唯一のバンド形態です。
このバンドも聴いてて楽しかったです。ポップな曲調とボーカルがよく合ってると思います。あと、ここはベースがいいですね。「おとんおかん」ではこの手のバンドには珍しくスラップを取り混ぜたフレーズを使ったりしてるところが気に入りました。
 
 
最後はURiTAさん
前回見た時は大正琴など珍しい楽器をフューチャーしていましたが、今回はギターの弾き語りです。エレアコですがエフェクターやディレイループを多用するなど普通の弾き語りとは一線を隔すステージングでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/15

2007/05/15 ライブレポート@秋葉原PAGODA

文体を変えてから初めてのライブレポートだが、実に書きにくい。褒め言葉以外の事を少しでも書こうものなら、上から見下ろすような目線で傲慢で偉そうな印象を与えてしまうので、軽めの文章というものの存在価値はあるのだと思う。


さて今日のライブは秋葉原のLive spot PAGODA。「秋葉風新亜個姿勢其の百伍拾六」ということで、アコースティックライブだが、今日の出演者は全員過去に見たことある人ばかりで、前回の印象との違いも楽しみである。

というわけで、今回の出演は
・QUERVOさん←ウェブページ見つからず
Be-Bさん
スズキエリさん
YUMEさん

最初の出演は、QUERVOさん
ギターの弾き語りで、力強いボーカルとストレートな歌詞が良い。新曲も2曲持ってきていて曲作りにも精力的である様子。
 
 
2番手はBe-Bさん
以前観た時はユニットで出ていたけれど、今回は1人でギターの弾き語り。ハードロックの影響を受けたという彼女の声は、ハスキーでロックしていてカッコいい。けれど『2匹の猫が星空の下の屋根の上で』は過去にアイドルらしきものをしていた経歴を彷彿とさせる可愛らしい声で歌う、そのギャップは感動的ですらあるし、幅広いボイスは間違いなく彼女の魅力の1つなのだと思う。

また、ギターの弾き語りで演るハードロックのカバーも個性的で面白い。
 
 
3番目はスズキエリさん
ギターの弾き語り。前回見た時は、正直言ってさほど印象に残るものではなかっが、今回はとても良い演奏だった。

ギターのカッティングやミュートがきっちりとカッコよく決まっているし、よく伸びてストレートな感じの声も、前向きで応援歌的な要素の多いスズキエリさんの歌詞にも合っていると思う。

1曲目のイントロがギターの伴奏のないアカペラで始まったが、この瞬間から、ぐっと惹きつけられる魅力があった。
 
 
ラストはYUMEさん
ピアノ弾き語りで、サポートギターのフジとのユニット。この形態の演奏を聴くのは前回のライブに続き二度目。

セットリストは
・ハムスター
・遠い星
・なくし者賛歌
・キミの空
・キズナ
・Sound of me

「ハムスター」は、ギターなしのピアノの弾き語りで演奏。他の曲は、バンド形式とピアノ弾き語りの中間を目指す形でアレンジが行われているようだが、この曲に関しては違いが大きすぎて中間点を見出せないのか、あるいはピアノ伴奏によるアレンジがある意味完成形であるがゆえにそれを崩したくなかったのかは定かではないが、いずれにしてもギターを絡めづらかったということなのだろう。ピアノ伴奏の「ハムスター」は好きな曲のひとつなので、ギターを加えたアンサンブルを聴いてみたいと思う反面、変えて欲しくないという気持ちもある。

「遠い星」はピアノのフレーズにかなり手を入れてあり、素晴らしい演奏だった。主題が壮大な曲だけに、前回聴いた時はもうちょっとピアノのフレーズにダイナミックさがあってもいいのかもしれないと思っていたが、弾き語りの性格上歌いながらピアノのクオリティを上げる難しさも理解はしていた。しかし、今回は思っていた以上の出来に変貌していたことはサプライズである。

「なくし者賛歌」は、もともと映画音楽用に作曲されたピアノのインスト曲であるが、曲の後半からフジのギターが絡み、新鮮なアレンジになっていた。弾き語りのライブでインストの曲が積極的に演奏されることは稀で、他の観衆がどう思っているかは知らないが個人的には面白いと感じている。
この曲はシンプルでしっかりした構成なので、いかようにもアレンジできる可能性を持っていると思う。チェロとピアノのソナタ形式でアレンジしたい気もするが、そのような実力はないので妄想だけに留めておくことにする。

「キミの空」は、バンドサウンドではアップテンポでノリの良い曲調であるが、今日のアレンジはアコースティックのピアノ弾き語りとバンドサウンドの中間点を目指した典型と言えるだろう。ギターのカッティングにバンド形式のノリの良さの片鱗を見せつつ、YUMEさんのピアノ弾き語りに見られる「かわいらしさ」もしっかりと残っている。

「キズナ」は、ピアノのみの弾き語り。この曲はCDでもピアノ弾き語り形式であり、アコースティックライブとのアレンジの差はほとんどなく、1つの完成形となっている。それだけにギターを加えてのアレンジは難しいのかもしれない。

「Sound of me」は、再びギターを加えての弾き語り。これも中間点を目指したアレンジとなっており、聴きながら頭の中ではずっとベース音が聴こえていた。
 
 
今日はYUMEさんの誕生日前夜ということで、ライブ終了直後にライブハウスの店長からケーキとワインがプレゼントされて、会場にいる一同でお祝いをする。ここのライブハウスは、こうしたアットホームな雰囲気も魅力のひとつだと思う。

余談だが、誕生日に歌う定番の歌「Happy birthday to you」は、未だに著作権が切れておらず、ちゃんとしたステージで歌う時は管理団体が徴収に来るかもしれない、とのこと。かなり有名な話らしいが、事情はちょっと複雑かつ興味深い。ネット上にある情報は交錯しているようにも見受けられるので、精査して気が向いたら後日ここに書くかもしれない。

<2008/01/09 追記>
気が向いたのでちょっと書いてみる。情報のソースがネット(Wikipedia他)なので、真偽の程は不明だが、日本での著作権は、歌詞については1999年5月22日まで、メロディについては2007年5月22日まで著作権が存続。したがって現在では大手を振って歌ってもいいことになった、らしい。
但し、アメリカでは今もなおタイム・ワーナー社が著作権を保持しており、著作権切れとなるのは2030年の予定。他の国は、各国の法律が定める期間の保護を受けることになるため、国によって事情が異なるようだ。
<2008/01/09 追記ここまで> 
 

ところで冒頭にも書いたがライブレポートに堅い文章だと自分で読み返してみても評論家的で威圧的な感じが否めない。やはりこの手の文章には「ライブに行ってきたお♪」的な軽薄さも必要か?
気が向いたら書き直すかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/12

ルシンダの桟橋

最近、ゴールデンウィークに行ったオーストラリア旅行で飛行機の窓から撮った写真の場所をGoogle earthで特定する、という遊びにはまっている。飛行機は空路と呼ばれる「飛行機の道」を飛行するので、A空港とB空港を結んだ直線上を飛ぶわけではない。空路図なども持っていないので、おおよその位置の見当をつけた後は地形から判断するしかないのだが、これが実に難しい。それでも発見できた時は嬉しいし、その後それがどんな所かググって調べるのも楽しい。

そんな中で今回のヒットは、この写真。

Dsc_7904s

これはタウンズビルからケアンズに帰る途中の飛行機で撮った写真で、ルシンダ"Lucinda"という町。海に突き出た長い桟橋のようなものが気になってシャッターを切ったのだが、これが調べてみたら結構すごいものらしい。

クイーンズランドのこのあたりはサトウキビ畑が多く、砂糖は州の収入源の第二位(ちなみに第一位は観光収入)。明治時代には多くの出稼ぎ労働者が日本から移り住みサトウキビ畑で働いていた歴史もある。今でも日本は主要な砂糖の輸出相手国だが、ダイエットブームが盛んな昨今、日本の砂糖の需要が低下したため、ピーク時に比べて日本への輸出はだいぶ減ってしまったそうだ。

閑話休題、この桟橋は、大量の砂糖を積み出しするために作った桟橋で、この手の桟橋としては世界一の長さを誇り、5.6kmもあるらしい。地球は丸いので、地球の表面に沿って湾曲し1.2mも下がっている(あくまでも、陸地側から見て、だが)らしい。工場で作られた粗糖が陸上の倉庫から船まで22分かけて運ばれるとのこと。

粗糖を運ぶために作った施設だから、おそらく観光客は立ち入り不可なのだろうし、町自体も粗糖を作る工場とか倉庫のようなものしかないようなのだが、観光収入が州の主な食い扶持ならこの桟橋の先端まで行くツアーなんていうのをやれば、粗糖の積み出し港としてだけでなく観光の町としても発展するのではないだろうか、などと思うのだが・・・

今回の旅行でタウンズビルでは車がないと面白くない、ということが解ったので、もし次に行く機会があればぜひルシンダに立ち寄ってこの桟橋を間近に見てみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/06

ミレリーゲ購入&呪文料理再び

以前「ミレリーゲ アラ パンナ コン イ ブロッコリ」もどきを作って以来、ミレリーゲを探しつづけ、大きなスーパーはもとより、デパートの地下や、外国の食材を扱っているお洒落な店などを俳諧したが見つからない。

デパ地下などではリガトーニくらいなら発見できなくもないが、250gで280円など100gあたり100円を超えて、いつも買っているスパゲティと比較すると3倍近い値段。こんな物を買って帰ろうもんなら「だから男の料理は高くつく」なんて嫌味のひとつも言われかねないし、そもそも探してるのはリガトーニではなくてミレリーゲなので、今ひとつ購入意欲が湧いてこない。

そんなことが暫く続いていたが、某巨大ショッピングセンターに割と大きな輸入食材の店があるのを思い出したので行ってみたら・・・ついにミレリーゲを発見。しかも値段もそんなに高くない。

Dscf9114

見た目はリガトーニにそっくりである。これが初めて見る形だったら、しげしげと見つめて「ほう、これが・・・」なんて感激できるのかもしれないが、少し拍子抜け。とはいうものの、やっと出会えた嬉しさはある。

そんなわけで、再度呪文料理を作ってみることにした。

今回使用した食材は、以下の通り。2人分だけど、多かった。

・ミレリーゲ    250g
・ブロッコリ    1株
・たまねぎ     1個
・パプリカ     使いきりパック
・ホワイトソース  Coopの安いやつ
・塩         茹で用適量
・ナツメグ     ソース隠し味。適量
・ニンニク     ペースト状のもの適量
・サラダ油     炒め用適量

前回と同じようにパスタを茹でる塩加減でブロッコリを茹でる。前回捨ててしまった茎の部分も食べられることがわかり軽く皮を剥いて(これが実に剥きにくく、全体の3、4割くらいしか剥けなかった)ざくざくと刻んで投入することにした。茎が固いと嫌なので、茹で時間は茎部分は1分長く茹でた。トータルの茹で時間は3分ちょっとくらい。後からまた火を通すので少し短め、かな?

ブロッコリーを網ですくって救出し、茹でたお湯でミレリーゲを茹でる。ミレリーゲの茹で時間は袋に書いてある通り。
その間にソースを作る。たまねぎとニンニクを炒めて、ある程度火が通ったらホワイトソース投入。ホワイトソースが重めなので、ミレリーゲを茹でているお湯を投入して柔らかくし、ナツメグを加える。ここはちゃんと火を通してニンニクをマイルドに、たまねぎを甘くしたいところだが、焦げやすいようなので火加減には気を使いつつ、必要に応じて茹で汁を追加しながらちょっと煮込む感じにする。

パプリカを投入してざっくりと混ぜる。パプリカはサラダでも食べられるくらいなのでちゃんと火を通す必要はない。パプリカの食感をしゃきしゃきにするか、しっとりにするか、好みで火を通す時間を調節すればいいような気がする。今回はしゃきしゃきで。最後に茹でたブロッコリも投入してソースが完成。
ここでちょうどミレリーゲが茹で上がったので、少し重めになってきたソースに再度茹で汁を加えて柔らかくした後、ミレリーゲをソースに投入して混ぜて出来上がり。

Dscf9431

見た目がいまいちだが、男の料理なんてこんなもの。フォトグラファー的には、もっとパプリカを前面に持ってきて彩りを見せるなど、絵作りに気を使うべきところではあるが、そんなことをしているとせっかくの料理が冷めてしまう、というか早く食べたいので気にしないことにする。
味は・・・出来合いのホワイトソース使ってるのだから失敗しようがない。普通にホワイトソース系のパスタの美味しい味。ミレリーゲの食感は少し歯ごたえがあって面白い。

今回の反省点は・・・

やはりミレリーゲ250gは2人分には少し多い。かといって1袋500gなので200gで作ると割り切れない。3で割って約167gにすると、パスタが少なくなって「ミレリーゲ・アラ・パンナ・コン・イ・ブロッコリ」なのか「ブロッコリ・アラ・パンナ・コン・イ・ミレリーゲ」なのか解らなくなりそうでもある。いっそ大人数で分け合えれば話は早いと思うのだが。

にんにくとナツメグで少し癖をつけていて味は悪くなかったのだが、ナツメグより他のスパイスの方がホワイトソースに色がつかなくていいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/05

オーストラリア旅行

ゴールデンウィークはオーストラリアに行ってきた。今回はクイーンズランドのケアンズからタウンズビルあたり。

とりあえず記録みたいなものは書いているし、このブログは過去に遡って更新できるので、日記のような形でアップすることも可能なのだが、量が膨大かつ未完成なので今の時点ではどうしようか迷っている。

もしかしたら、近い将来こっそりとアップするかもしれないが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »