« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/10/28

リハスタ入り 2nd 「新しい曲もやってみよう♪」

今日は、スタジオに入って練習。練習後はやっぱりビールくらい飲みたいもんだ・・・といったわけで、今回は電車移動。なので、荷物になるエフェクターなどは持たず、今日はアンプに直結(アン直)でいくことにしました。本当はアン直の音の方が好きだったりもするし。


やった曲は「リンダリンダ」と「All the small things」に加えて「First date」と「Basket case」も追加。
さすがに初回よりもまとまってきた感じはあるけど、ドラムの音量が大きすぎとか、ギターのピッチが不安定とか、ベースのリズムがステディじゃないとか、まだまだ課題は山積みな感じ。

途中でチューニングが狂ったような気がした時、チューナーがなくて少し不便でした。チューナー使いたいがためにマルチを持ち出すのもいかがなものかと思うし、チューナー1個なら荷物にならないと思うので何か買ってみようかな。

あ、そいえば今日はピック弾きに挑戦してみました。少し遅めのテンポでさほど弦の移動がない曲をダウンピッキングする程度なら、なんとかなりそうですね。ただ、慣れてないから音色のコントロールとか、やっぱり指で弾いた方がずっと楽。普段使ってない筋肉を使うから腕もすっごく痛くなるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/24

2007/10/24 ライブレポート@代々木 Bogaloo

今日は代々木のBogalooへ、ほんとに久しぶりにライブを観に行きました。

今日のイベントは「JORGENOCHES TRES」(ホルヘノーチェスと読む、らしい。)
意味は、「ホルヘさんの夜」かな?とりあえず、謎のホルヘさんという人の企画だそうで、TRESだから今回で3回目のイベント、らしい。近々ホルヘさんの正体がわかる、らしい。

今回の出演は・・・
いつかさん
MASAEさん
星羅さん
YUKIEさん
佐々木綾音さん


最初はいつかさん
ブログやってると言ってましたが、見つかりません。そんなわけで詳細不明。
ピアノの男性はサポートでしょうか?

しっかりしていてセクシーな低音と、張りのある高音と、なかなか聴かせてくれるいいボーカルさんです。音源あるなら欲しいですね。機会があればまたライブ観てみたいです。

関係ないけど、角膜痛めてコンタクトつけられないらしく、ステージ降りてからはメガネをかけてました。絶対メガネかけてた方がかわいいと思う。いや、個人的な意見ですが。

<2007/10/31 追記>
いつかさんのブログを発見したのでリンク張ってみました。
<2007/10/31 追記ここまで>
 
 
次はお目当てのMASAEさん
3ヵ月ぶりくらい、かもしれない。ライブには新曲をどんどん投入してくるMASAEさんなので、知らない曲ばっかりだったらどうしよう、とか思ってました。
そんなわけで、やった曲は・・・

1.Mum
2.嘘(仮)
3.pianist
4.童神(わらびがみ)
5.カナリヤ
6.自震

最初の2曲を続けて演奏して「ありがと」と一言。そしてすぐに3曲目に突入。このへんの自分の世界にオーディエンスを引き込む力はあいかわらず凄いです。

その後、沖縄に行った話をして「童神」という曲のカバー。今回のフライヤーにはこの曲の歌詞が書いてあり「3番とかみんなで歌えれば」と言っていましたが、残念ながら知っている人は余りいなかったような?
それでも、子守唄のこの曲はなかなか味があっていい曲でした。

いつもは息もつかせぬ勢いで最後まで聴かせるのですが、今回は間に「童神」が入ったためか、後半は良い意味で肩の力が抜けたステージになったような印象を受けました。

結果として、久々に「Mum」や「自震」も聴けて、良かったです。このへんの曲をまとめた音源出していただけると嬉しいんですけどね。
 
 
3番目は星羅さん
ギターの弾き語りで3曲のみの演奏。
フォーク調ではあるけれど、女の子らしい柔らかい耳障りの良い曲が多いみたいで、かわいいビジュアルにも曲調が合っていると思います。アーティストとしてだけでなくモデル活動もしているらしく・・・なんですが、ウェブやブログが見つからず詳細不明です。
 
 
4番目はYUKIEさん
MCのグダグダさには磨きがかかっていて、歌に入る時もテンポとかを迷ったりとかMCだけ聞いていると、この子大丈夫か??などと思ってしまいますが、歌い始めると豹変します。

以前に聴いた時も高音の伸びがいいと思ってましたが、低音はむしろジャズっぽい雰囲気もある声なのに気づき、高音部と低音部の印象がずいぶん違う感じで面白いと思いました。

途中でシーケンサーがちゃんと動かなかったりとかのトラブルもあって大変そうでしたが、MCでは思わず笑ってしまったりとか、楽しいステージでした。あのMC、天然じゃなくて計算だったら只者ではない、かもしれない。


佐々木綾音さん
綾音さんも、今回楽しみにしていたアーティストの一人です。

やった曲は・・・フライヤーに書いてあったらしいんだけど、何故かもらえず。そんなわけで曲名が不明な2曲の頃は、自分だけフライヤー貰ってない事実を知って動揺していたわけで・・・(汗)
1.ソファ
2.
3.
4.ダイアナロスのカバー
5.Dear my friends
6.会いたい
7.Here is

失恋とか片思いとかをテーマにした歌が多いようですが、そんな曲のせつない感じがすごく伝わってきて、とても良かったです。
以前観たときより、確実にパワーアップしてる、というか。
 
 
<2007/12/19 追記>
えっと、「ホルヘノーチェス」というキーワードで来てくれる人が増えてきました。
オフィシャルサイトらしきものを見つけたのでリンク貼っときます。
携帯サイトは機種ごとに分かれてる、らしいです。

携帯サイト
PCサイト
<2007/12/19 追記ここまで>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/23

ベースストラップ新調

長年使ってたベースストラップのストラップピンに付ける穴が、最近広がってきて抜けやすくなってきたので、ベースが落下する前になんとかしよう、ということでロックピンを取り付けるという方法もあったんだけど、ストラップを買ってみました。

別にこだわりを持ってるわけでもなく、少し他より幅が広いという理由だけで買った代物で、何故かYAMAHAのロゴが・・・YAMAHAのベースなんて使ったことないのにね。

店に行ったらサドウスキーのストラップも良さげだったけど、サドウスキーのベースなんて、触ったことすらないからね。かといって、アイバニーズのストラップを使うっていうのもあり得ないし。
そんなわけで今回買ったのは、Comfort Strapp のPro Bass Strapp Long というやつ。

ちなみにそれぞれの長さは
SHORT (85cm~96cm)
LONG (98cm~114cm)
EX. LONG (106cm~136cm)
で、今はLONGを一番短い状態にしてます。

オフィシャルサイトの宣伝文句によれば・・・

Strappの素材は強烈な伸縮性を誇る「ネオプレン」。
肩を支点にギターを「つり下げる」のではなく、「引き上げてる」状態にします。
だから、あなたは疲れない。
プレイヤーは自然なシチュエーションで演奏に集中することができます。

・・・だそうです。
さっき試しに使ってみたら確かに軽く感じる、ような気がする。背中のあたりもしっかりとあたっているので、肩で吊る感じではなく、背中でも支えてる感じ。
長時間使ったわけではないので、プラシーボかもしれない。

ストラップピンへの取り付け穴が2つずつついていて、折り返して2回ピンに通して、ストラップピンから脱落しにくいようになってます。とはいうものの脱落するときは脱落するらしく、ロックピンと併用するといい、と書いてるホームページもあります。いや、これならたぶん落ちないでしょう?
派手なステージアクションするならロックピン付けてもいいかもだけど、別にジャンプとかしないし。

それにしても、背中のストラップがあたっている部分は微妙にあったかい。素材のネオプレン(デュポン社の商品名)は、ウェットスーツの素材にもなっている、らしい。夏場とか、汗でウェットになりそうだな?

値段も割りと高いので、今のところ所有欲は満たされてます。メーカーロゴとかが入っていない所も気に入りました。長期に使って、気が向いたらまたインプレ書くかもです。


<2007/12/26 追記>
気が向いたので、追記です。

使い心地ですが、かなり良好です。実際問題このストラップでベースが物理的に軽くなるはずないんだけど、肩にくい込む感じとかがないので楽です。夏場に暑苦しくなければ次もたぶんコレ買います。

問題点、と言うほどの事ではないんだけど、ストラップピンへの取り付け部が2重になってるので、脱落するどころかおいそれと付け外しできない(余り付け外ししてるとまた穴が広がっちゃいそうなので、頻繁に外したくもないし)。なので、ストラップピンから外さずに使ったりしてるんだけど、まるでシャツ着たり脱いだりする感じです(Longを一番短くした状態)。ストラップ長めにしてれば大したことないんだけど、SHORTとか買ったらたぶんワンタッチで外せるロックピンが欲しくなるかも、です。

<2007/12/26 追記ここまで>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/11

萬力屋@京都新風館 黒胡麻担々麺

久々のラーメンレポートです。今日は京都出張中で本来なら河原町あたりで飲んだりしてるはずですが、同僚とかがみんなテレビでボクシングを見たい、ということで宿の近くの新風館にあるラーメン屋、萬力屋でさくっと食べることに。そんなわけで今日の晩御飯は黒胡麻担々麺、880円

Dscf9942

えっと、結構美味い、というか好みのタイプです。坦々麺といえば本郷の瀬佐味亭が好きなんですが、負けず劣らずの味で、どちらかと言えば個性的な方かなぁ?濃厚だけど辛すぎず飽きのこない感じのスープと、若干縮れ気味な中太麺のコンビネーションも好きな感じです。

同僚の食べていたカレー担々麺も美味しそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/10

出張

出張
今日から日曜日まで出張、らしい。

家に帰ってベース弾きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/08

リハスタ入り 1st 「まず、音を出してみよう♪」

えっと、外人講師T氏の方のバンドに急遽ドラムが加入いたしまして、いよいよこっちも始動でございます。てなわけで、今日はスタジオに入って初めての音出し。

ドラムのS氏も日本人だけど英語講師、ということで、スタジオ内のコミュニケーションは全て英語です。これがまた、まどろっこしいというか・・・音楽用語の単語なんてよく知らないし。あんたの言ってる"tone"ってのは音程ですか?音色ですか?ってな具合で、なかなか大変(汗)
そんなわけで、こっちのバンドのタイトルのスタジオ入り回数は微妙に英語表記(笑)

今日やった曲は「リンダリンダ」と「All the small things」の2曲。最初はフラストレーションが溜まる局面もあったんだけど、途中からは一回目にしてはまずまず・・・かな?という感じ。

今後は、Blink182のほかの曲やGreen Dayとかもやる、らしい。嫌いじゃないからいいんだけど、このへんのノリが指弾きで出せるのか微妙に不安、ではある。ピック弾き練習しようかなぁ・・・まだノリ以前の問題が山積みだからいいんだけど・・・f^^;;


あ、今回弦をダダリオ(D'Addario)のプロスティール、EPS170-5 - Regular Lightに変えてみました。本当はもっと細い弦のセットが欲しかったんだけど、5弦セットの値段の魅力に負けました。
けど、アンプも変わったので何だかよくわからん状態・・・。嫌いな音ではないけど、もっといいアンプならもっとブライトな音が出そう。指ざわりもざらざらしてて好きな感じだし、以前より少し太くなった1~2弦もそんなに違和感ないし。暫くこれでいってみようかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »