« 萬力屋@京都新風館 黒胡麻担々麺 | トップページ | 2007/10/24 ライブレポート@代々木 Bogaloo »

2007/10/23

ベースストラップ新調

長年使ってたベースストラップのストラップピンに付ける穴が、最近広がってきて抜けやすくなってきたので、ベースが落下する前になんとかしよう、ということでロックピンを取り付けるという方法もあったんだけど、ストラップを買ってみました。

別にこだわりを持ってるわけでもなく、少し他より幅が広いという理由だけで買った代物で、何故かYAMAHAのロゴが・・・YAMAHAのベースなんて使ったことないのにね。

店に行ったらサドウスキーのストラップも良さげだったけど、サドウスキーのベースなんて、触ったことすらないからね。かといって、アイバニーズのストラップを使うっていうのもあり得ないし。
そんなわけで今回買ったのは、Comfort Strapp のPro Bass Strapp Long というやつ。

ちなみにそれぞれの長さは
SHORT (85cm~96cm)
LONG (98cm~114cm)
EX. LONG (106cm~136cm)
で、今はLONGを一番短い状態にしてます。

オフィシャルサイトの宣伝文句によれば・・・

Strappの素材は強烈な伸縮性を誇る「ネオプレン」。
肩を支点にギターを「つり下げる」のではなく、「引き上げてる」状態にします。
だから、あなたは疲れない。
プレイヤーは自然なシチュエーションで演奏に集中することができます。

・・・だそうです。
さっき試しに使ってみたら確かに軽く感じる、ような気がする。背中のあたりもしっかりとあたっているので、肩で吊る感じではなく、背中でも支えてる感じ。
長時間使ったわけではないので、プラシーボかもしれない。

ストラップピンへの取り付け穴が2つずつついていて、折り返して2回ピンに通して、ストラップピンから脱落しにくいようになってます。とはいうものの脱落するときは脱落するらしく、ロックピンと併用するといい、と書いてるホームページもあります。いや、これならたぶん落ちないでしょう?
派手なステージアクションするならロックピン付けてもいいかもだけど、別にジャンプとかしないし。

それにしても、背中のストラップがあたっている部分は微妙にあったかい。素材のネオプレン(デュポン社の商品名)は、ウェットスーツの素材にもなっている、らしい。夏場とか、汗でウェットになりそうだな?

値段も割りと高いので、今のところ所有欲は満たされてます。メーカーロゴとかが入っていない所も気に入りました。長期に使って、気が向いたらまたインプレ書くかもです。


<2007/12/26 追記>
気が向いたので、追記です。

使い心地ですが、かなり良好です。実際問題このストラップでベースが物理的に軽くなるはずないんだけど、肩にくい込む感じとかがないので楽です。夏場に暑苦しくなければ次もたぶんコレ買います。

問題点、と言うほどの事ではないんだけど、ストラップピンへの取り付け部が2重になってるので、脱落するどころかおいそれと付け外しできない(余り付け外ししてるとまた穴が広がっちゃいそうなので、頻繁に外したくもないし)。なので、ストラップピンから外さずに使ったりしてるんだけど、まるでシャツ着たり脱いだりする感じです(Longを一番短くした状態)。ストラップ長めにしてれば大したことないんだけど、SHORTとか買ったらたぶんワンタッチで外せるロックピンが欲しくなるかも、です。

<2007/12/26 追記ここまで>

|

« 萬力屋@京都新風館 黒胡麻担々麺 | トップページ | 2007/10/24 ライブレポート@代々木 Bogaloo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66047/16852605

この記事へのトラックバック一覧です: ベースストラップ新調:

« 萬力屋@京都新風館 黒胡麻担々麺 | トップページ | 2007/10/24 ライブレポート@代々木 Bogaloo »