« リハスタ入り 2nd 「新しい曲もやってみよう♪」 | トップページ | プリンタ購入 »

2007/11/02

クロマチック・チューナー TU-2購入

前回のスタジオ入りでチューナーがない不便さを味わったので、BOSSのクロマチックチューナー TU-2を買ってみました。

購入のポイントは・・・エフェクターみたいでカッコいい!!(←いいのか?これで?)

「トゥルーバイパス」ではないため、こいつをかませると音が劣化するとかいう話はあるのですが、使ってる人は少なからずいるし、許容範囲ならいいか、という感じでとりあえず買ってみました。

メーターの表示方式を、CENT(通常の針を模した動き)、STREAM(音のズレを光の流れで示す)の2種類から選ぶことができます。CENTだと、合っている時はセンターのLEDが光って、STREAMでは、くるくる回っているLEDの動きが止まります。
STREAMのLEDが、斜めの位置で止まるのが微妙に気持ち悪いので、暫くはCENTモードで使ってみます。

それと、入力音の音名を表示するクロマチックモードだけでなく、弦番号を表示するギター/ベース(5弦ベース対応)モードもあり、半音下げとかにも対応してます。
とはいうものの、将来6弦ベース買ったらどうすんだよ?とか、どの弦チューニングしてるのかなんて表示されなくても判るべ?とか、いろいろと思うことはあって、クロマチックモードで使った方が気が楽っぽいです。

ちゃんとLowBの音も拾ってくれるし使い勝手は悪くなさそうです。
ちなみに5弦の開放の音を拾えないチューナーを持ってる人も悲しむ必要はない、らしいです。
12フレットの位置でハーモニクスの音を出したりすれば拾ってもらえます。左手が自由になるハーモニクスがお勧めですが、5フレットを押さえてEの音(4弦開放)を出す、というのもアリですしね。

次回のリハスタでの練習に持ち込んで音の劣化(いや、解れば・・・だけど)なども含めてチェックしてみたいと思います。

えっと、一番の問題点はですね、ZoomのB2.1uがベースケースのポケットに入らないから買ったんですが、TU-2も微妙に大きい・・・てゆーか、無料でついてきたアイバニーズのベースケースのポケットが小さすぎです(シールドや楽譜入れるには十分だけど)。
普通のストンプボックスタイプのエフェクターが2~3個入るくらいポケットの大きなベースケースが欲しいな、と。

|

« リハスタ入り 2nd 「新しい曲もやってみよう♪」 | トップページ | プリンタ購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66047/17024385

この記事へのトラックバック一覧です: クロマチック・チューナー TU-2購入:

« リハスタ入り 2nd 「新しい曲もやってみよう♪」 | トップページ | プリンタ購入 »