« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/31

KX49購入

お昼ごろ、宅急便のお兄さんがお届け物を持ってきました。「見た目より軽いですね」なんて言われながら伝票に捺印。
楽天のポイントが意外と溜まっているのを発見したので、YAMAHAのKX49を買ってみたんだけど、それが届いた、というわけです。
↓の中では真ん中のやつですね。

何かフレーズを思いついた時に、DAWに入力するのに便利かな?と思って買ったんですが、キーボードで両手使って弾ける曲なんて「猫踏んじゃった」くらいしかないし、本当はKX25でも十分だったんだけど、ポイントで買うわけでタダみたいなもんだし、大は小をかねるとも言うし。

とはいうものの、パソコン置いてあるテーブルにセットしてみると意外と大きくて少し後悔。迷ってたんだけど血迷って61鍵なんて買わなくて良かった。

これには音源が付いていないので、USBでパソコンに繋いでソフトシンセを鳴らすか、MIDIでハードシンセを鳴らすか、なんだけど、今回はDAWに繋ぐのが主目的なのでソフトウェアをセットアップしてパソコンに接続。

CUBASEとの相性が良くて、組み合わせて使うとかなり快適。今までほとんど弄ることのなかったソフトシンセも活用しやくすくなりました。それと、ガレバンでも音を出せることも確認。

とりあえず、これで作曲とかも簡単にできる、かもしれない。とはいうものの、機材が揃ったらアイデアも自然と浮かんでくる、というわけでもないのが現実の厳しいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/28

PASMO

「SuicaやPasmoのことなど」というエントリーで、「SuicaやPasmoは磁気定期券がなくなるその日まで導入しない」と高らかに宣言してから約10ヶ月。当然そんな短期に磁気定期がなくなるはずもないのだが、あっけなく前言撤回してPASMOを導入しました。

というのも、いつのまにか私鉄→JR→地下鉄という経路でも1枚のPASMOに収まることが判明したのが最大の理由。その他にも混んでいる時なんかに気を抜いていると磁気定期では通過できない自動改札機の列に並んでしまったり、とか、同僚と何処かに出かけた時に精算や切符購入のために待たせて申し訳なかったり、とか、喉が渇いてたのに小銭がなくて泣きそうな時、SUICAでジュースを購入した人がうらやましかったり、とか、いろいろと細々した理由は存在するわけで。

というわけで、今日はPASMO使用初日だったわけだけど、本当にこのカードが認識されるのか、少しドキドキしたりしつつ、今まで気にもとめなかった自動改札についているディスプレイに注目してしまいます。
そこには、定期券として認識した旨を示す表示以外にも、チャージした金額が表示されていて、これはチャージの残高が判って便利だけど、サイフの中身がいちいち他人に見えるかもしれない場所に表示されてるっぽい感じが、微妙、ではある。ま、そんなに大金をチャージしてるわけではないからいいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/23

鹿くん@奈良公園

奈良公園は狭いのかと思ったら随分と範囲が広いらしく、何処まで奈良公園なのかよく解らない状態。仕事の合間に通りすがったので、鹿のスナップ写真など。

Dscf0228s

鹿せんべいは買った瞬間に群がってきてちょっとした恐怖、と聞いていたので、買わずに眺めるだけに。したがって、鹿せんべいを食す機会は失ったけど「これを喰わずに死ねるか?」というほどのものでもないので、特に残念というわけでもなく。

それにしても・・・
保護されて餌も与えられている鹿は増える一方なのではないか?
ひょっとして人知れず間引いたりしてるんではないか?
間引いた鹿肉をこっそり食べさせてくれる所があるのではないか?
・・・そんな、新たな疑問も湧いてくるわけで。

「鹿は神様だから食べないでしょう」とはいうものの、間引くなら食べた方が成仏しそうだし供養にもなるし。
「そういえば隣の和歌山県では鹿を喰わせてくれる所は結構ありますね」とは奈良県民からの情報。県外に輸出しちゃえば、神様から害獣に変わる、かもしれない・・・根も葉もない勝手な妄想ですが・・・(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/20

鹿せんべい

明日から出張で奈良に行く、らしい。

奈良と言えば奈良公園の鹿。そして鹿せんべい。せんべいは好きなので、一度食してみたいものだ、と思っていたが、奈良に行ったことのある奴は口を揃えて「あれは人の喰うもんじゃねーよ」と言い、頭の悪い子を見るような目でおれを見る。

そんなことは解ってるさ。でも食べてみたいと思いもしなかったのか?という問いに、ほぼ例外なく「少し味見した」という返事が返ってくる。・・・喰ってるんじゃん!!

余り味がしないらしいけれど、それは動物用に塩分控えめで薄味に作っているのかも、とか容易に想像のつくことで・・・だったらサルサソースかディップでも付けて喰えばいいような?

とはいうものの、ネットで調べたら毒ではないが食品衛生上問題あるかもしれない、ということで実は少し「食べてみたい」という好奇心も萎えてしまっていたり。でも好奇心は「喰ってみろ」と唆している。

食するべきか否か・・・それ以前に奈良公園を観光しに行く暇があるのかどうかが問題、という話はあるんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/13

2008/05/13 ライブレポート@秋葉原 PAGODA

以前、元英会話講師(直接習ったことはない)のアメリカ人とパブで話していたら秋葉原のコスプレ居酒屋にハマっているらしく、一緒に行こうという話になって、実は昨日行くはずだったんだけど、急な会議とかいろいろあってキャンセル。そういう所は行ったことないのでちょっと楽しみにしていただけにテンション下がっていたり・・・という事が水面下で起こっている中、今日は秋葉原のライブハウスに行ってみた。

出口は反対なのにわざわざ電気街口から出てみたり。話しかけられたりしたらたぶんライブよりオムライスを選んでしまいそうな心境だったので、興味ない振りをしつつメイドさん達を眺めつつ通過したり。

途中で蕎麦をすすった後、辿り着いたライブハウスで行われるのは「秋葉風新亜個姿勢其乃弐百六」というアコースティックな企画。

今日の出演は、
スギさん
マイナーニトロさん
Yumeさん
cha-beenさん

天気のせいか、客の入りは微妙。ライブハウス的にはチケットノルマとかで経営は成り立つんだろうけど、ある意味お客さんでもあるアーティストに集客をまかせっきりにするんじゃなくて、ライブハウスとしても集客の努力はすべきなんじゃないか、と思ったり。この手のライブハウス全般に言える話だけどね。PAGODAは何度も通ってて、好きなライブハウスの1つだし頑張って欲しいわけです。

それはさておき、今回はYumeさん以外は♂ボーカルということで、いつもの通り軽く流す方向で。

最初はスギさん
ギターの弾き語り。先月来た時にも観ました。
個人的には最後の2曲がパンクっぽくて好きです。声もパンク向きのような?


2番手はマイナーニトロさん
バンドみたいな名前だけど一人でギターの弾き語り。ダイナミクスの幅が広くて、聴いてて面白かったです。弾き語りだけど容易にバンドアレンジが思い浮かぶ楽曲が多く、バンド志向なんだろうな、と思っていたら、今度の8月に初めてバンドでライブやるとのこと。
そいえば、6月6日(金)に船橋の北口で複数のアーティストと合同路上ライブをやる、らしい。


3番目はYumeさん
ピアノの弾き語りでやった曲は、
1.真昼にそまる頬
2.キミの空
3.かけがえのないもの
4.
5.Go there
6.Sound of me

3曲目の「かけがえのないもの」(MCで聞いただけなので表記は違うかもです)は、前回のライブで曲名の決まっていなかったやつです。
4曲目は今日できたばかりで迷ったけど唄いたいから、というわけで曲名はまだ無しです。これはなんか頑張れそうな気分になる歌詞が良いです。
MCではGWにライブをした粟島のこととか、今後のライブ告知などの他、今回は「Sound of me」の前に「着うたもあります。カラオケもあります。サイバーDAMで唄えます。以前、なんでも鑑定団で流れてました!!」と、かつてないくらいアピール。何か心境の変化があった、のかもしれない。

あと、マイナーニトロさんがやる合同路上ライブにYumeさんも出る、らしい。Yumeさん初路上とか。時間が合えば見に行ける、かな?


最後はcha-beenさん
ギターの弾き語り。
ボサノバっぽいギターと甘めのボイスが特徴、かな?
いろんな意味でユニークでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/05/04

WindowsXP SP2適用済みCD-ROMを作る

WindowsXpはずーーっと昔に自作機に入れるために買ったものを持っているけど、今やその自作機も何年も動かしていない。というか、収納の中でオブジェと化している。BootcampでMacにWindowsXpをインストールするにあたって、このWindowsのライセンスを使おうというわけだけど、SP2対応でなくてはいけないのにSP1適用済み。といったわけで、面倒だけど、自分の持っているWindowsXPを使ってSP2適用済みCD-ROMを作成することに。

まず、作り方を調べるためにググって見つけたGarage親父さんService Pack 適用済みブート可能 WindowsXP CDを作成してみようを参考に作ってみました。比較的簡単だったのですが、ISOイメージファイルが700MBを超えてしまい、CD-ROMに収まりません。

対応策としては、nLiteあたりを使って不要なコンポーネントを削除するか、別の方法で適用してみるか。

そんなわけで、A.K Officeさんの「SP+メーカー」というのを見つけたので再度適用にチャレンジすることに。
このソフトはXPだけでなく2000とかもサービスパック適用済みのISOイメージファイルを作れるばかりでなく、CD-ROMに書き込む機能もついていて便利です。

使い方は、「SP+メーカー」をインストールして起動した後に「WindowsXP」のタブを開いて以下の項目を設定します。
・CD-ROMのドライブ(オリジナルのWindowsXPインストールディスクを入れるドライブ)
・作業フォルダ(任意のフォルダ。新しく"temp"とか作るといいかもしれない)
・出力先フォルダ(任意のフォルダ。上と同じでもいいかもですが"temp2"を作りました)
・ファイル名(ISOイメージファイルの任意の名前。例えば"Winxpsp2"とか。拡張子は自動的に付けてくれます)
・アップデートフォルダ(任意のフォルダ。MicrosoftからダウンロードしたSP2のパッチファイルを入れます)

設定後、CD-ROMとSP2のパッチファイルを設定どおりの場所に入れた後、「作成(C)」ボタンを押すと10分くらいでISOイメージファイルが出来ます。今回は690MBくらいになったので、CD-ROMに収まりそうです。

次に「ライティング」のタブを開いて上で作ったISOイメージファイルを指定して、書き込みに使うドライブを指定して、「作成(C)」ボタンを押して少し待つとWindowsXP SP2適用済みCD-ROMの出来上がり。

おれは何のトラブルもエラーもなかったけど、もし何かあったらSP+メーカー FAQ Wikiあたりを参考にするといい、かもです。

まぁ、苦労するなら買っちゃった方が早い、という話もなくはないんだけど(笑)

重要:Boot CampでWindows XP Service Pack 3 (SP3) をインストールする場合は、事前にBoot Camp 2.1 のインストールが必要です。
詳しくは、次の Web サイトを参照してください。
http://www.apple.com/jp/support/bootcamp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/03

MAC OS-X CDの強制排出方法

えっと、実はBootcampの導入を試みたわけです。Windows XPのSP1対応は所有していたものの、ブートキャンプではSP2が必要・・・ということで、SP2のパッチが当たったディスクを自分で作るのも面倒だし、インストール用に最近macに移行した同僚からSP2対応済みのインストールディスクを借りて試みた結果・・・

何故かアップグレード版のようで、Windows 2000のディスクを入れろとかふざけたメッセージが。
ちょっww これでブートキャンプ導入したんじゃないのかと問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

CDのイジェクトボタンなんてないので、ディスク入れ替えは無理。インストールを中断すると、自動的に再起動→CD-ROMから再立ち上げでWindowsのインストール画面に→無限ループ突入

で、途中でなんとかしてドライブの中のCD-ROMを排出する必要に迫られました(汗)

解決方法を求めて全力でググったらすんなりと回答が引き出されました。
結論だけ言うと、再立ち上げの途中でマウスクリックしてると無事にCDは排出されます。
つか、Macのいい所って直感で操作できるんじゃなかったんかい(怒)

一応、面倒がらず、自分でインストールディスク作成して再度チャレンジの予定。
他人はあてにならない←結論

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »