« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/30

iPod touch 注文

えっと、欲しかったiPod touchですが、供給も安定して量販店に出回ってからポイントも冷静に比較して一番好条件の所から買いたい。大人なんだし。

・・・そう思ってたとしても「もう出荷が始まったらしい」なんて噂が購買意欲を掻き乱して、ついポチっとなしてしまうことってよくあるよね。

そんなわけで、今回はポイントとか好条件とかどうでもいいので、一番早そうなアップルストアで、iPod touchの16GBのやつと、AppleCare Protection Plan for iPod touchとかいうやつをセットで注文してみた。

今週末くらいには来る予定、らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/28

リハスタ入り 第十二回「新しい曲に挑戦。だが・・・?」

そんなわけで、今日は東京事変とか3曲ほど追加してリハスタ入り。
今日はボーカル+ギター+キーボード+ベース+ドラムの5人。

家では弾けたりするところでも、ちょこっとミスしたりとかを個人的にはなんとかしたい。テクニック的な問題というよりはメンタル的な問題か?それともひたすら弾いてれば克服できるものなのか?まぁ、いいんだけど。

それと、再度録音に挑戦。前よりもちゃんと録音はできたんだけど、演奏の方がいまいちなので、今回のは闇に葬ろうかと(笑)

ところで東京事変のキラーチューンをやることになったんだけど、これって全部の弦を半音下げチューニングするんだって。半音下げって嫌いなんですよ。弦がゆるゆるになるし、曲ごとにチューニング変えるの面動だし、いつもと同じ場所押さえてるのにいつもより半音低い音が出てくるなんて気持ち悪い(・・・なんて、絶対音感があるっぽいフリしてみたりw)じゃないですか?

まぁ、5弦ならレギュラーチューニングでも対応可能だろう、ということでTAB譜書き換えてみた。開放弦を多用している半音下げチューニングの曲をレギュラーチューニングの5弦でやるのは結構大変。


ギターのひげ氏は練習時間があまりとれないらしく、練習しないので上手く弾けない、というあたりで行き詰まりを感じている、らしい。まぁ、まっとうな社会人だと常に音楽優先というわけにはいかないはずなので、しょうがない面はあるし、別にプロになろうってわけじゃないので気にしなければいいとは思うんだけど、なんとなくバンドの音がまとまってくると駄目なところは目立っちゃうし気になるんだろうね。
おそらく全員が多かれ少なかれ同様の焦りとかを感じているような気もするし、もう少し気楽に楽しめる感じも盛り込んでいけるといいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/20

リハスタ入り 第十一回「リズム強化練習」

今日はドラムとギターの三人でスタジオ入り。主な目的はドラムとベースのグルーブを合わせる、というかそんな感じ。本来だと単純なビートをスピード変えていろいろと地道に合わせたりするもんらしいけど、楽しくない練習は飽きるし長続きしないし「好きじゃないことやっても身に付かない」が持論なので、今日は手持ちのレパートリーをドラムとベースで合わせることにして、曲の構成のガイドにギターがちょっと加わる、というのをやってみた。

それと、スタジオにある録音設備を利用して録音→PCに取り込み→MP3作成の流れを試してみるのも目的の一つ。
録音の方は爆音バンドのレベルに合わせてあったのか、音量が小さすぎて余りいい音では録れなかったのが残念。Cubaseに取り込んでノーマライズかけるとなんとか聴けるかな?な感じなんだけど、Cubase studio4からはmp3には落とせずWavでファイル保存してその後別ソフトでmp3に・・・という手順がちょっとめんどくさい。かといってガレージバンドだとノーマライズとかの細かい設定の方法がよく解らないし。これのためだけにCubase4にアップグレードするのもどうかなぁ、と思うわけで。

時間が余ったらテンポを変えたりとか少し地道なのもやろうと思ってたんだけど、結局時間切れ。なんとなくいい感じの時も少しあったり、ダメだなぁと思うことも結構あったりして意外と楽しかったし、いろいろと試せそうなので機会があればまたやってみたいかな、と。
てゆーか、録音以前に演奏がいまいち過ぎるのでもっと精進しないといけないことを再認識。


一応↓の本を見つけたのでAmazonで買ってみた。

絶版らしく、どこの本屋にも置いてない。かといって定価の2倍くらいのプレミアは高すぎるんじゃないか?とは思ったんだけど。アフィリエイト貼っておいてなんだけど、3,000円の価値があるかどうかは正直微妙。単調な練習も苦にならないストイックな人達なら買ってみてもいいのかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/17

Geniusサイドバー

最近iTunesをアップデートしたら、Geniusサイドバーというのが表示されるようになりました。これって、今聴いてる曲と同じようなオススメ曲をリストで出してくれて、ワンクリックで視聴も出来て、気に入ればその場で買えてしまうという便利にして危険なアイテムなわけだけど。

おれのiTunesには、ライブに行って気に入ったインディーズの曲とかがたくさん入っていて、というか、むしろインディーズばっかりなので、たいていは「Geniusサイドバーはあなたのセレクションに一致する曲を見つけられませんでした」なんていうメッセージが出ていたり。

「ざまーみろ、何がGenius(天才)だ」なんて高笑いしたい気分は、大人なのでぐっとこらえて、「才能があっても知らないことだってあるよね」なんて解ったようなことを考えたり。いや、そんなことはどうでもよくて。

時々、だいぶ前に見たインディーズバンドが新譜を出していたりすることを発見してしまったりすることがあり、ああ、頑張ってるんだなぁ、と思ってついポチッとしてしまいたくなる衝動にかられたりする瞬間でもあるのだけれど、実は1曲200円という価格設定に納得いかないので、たいていはぐっと我慢したりする。200円では買ってもらえないんだ、ということをiTunes storeには理解してもらわないといけない。需要なくして供給なし、なのである。

アメリカだと1曲99セント均一って聞いたけど、どこの為替レートで計算すれば200円になるのか、問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。百歩譲って浜崎あゆみだとかの売れてるアーティストの新譜が需要と供給のバランスから200円という値付けになるのは資本主義なら仕方ないとしても、売り出し中のアーティストやらライブハウスに行かなきゃ名前すら知らなかったアーティストの楽曲が200円ってどうなの?と思うわけだ。

そんなわけで、200円の曲は極力買わない方針。なんだけど。
ライブハウスのきらきらした照明の中で演奏してた姿を思い出しちゃったりすると、ついポチッと購入ボタンを押してしまうことだってなくはない。
iTunes storeはもっと気軽に買える価格設定にしてくれると嬉しいんだけど。

↓は最近ポチッたアルバム。

sleep warpは透明感のあるサウンドと、ふわっと包み込むようなボーカルの声がすごく素敵で、ライブ会場で買った「quest for this velvety world」は密かにヘビーローテーションしてたり。今度のアルバム「ghost writes wizardly score」もクオリティ高いのでお勧めです。
iTunes storeだと2000円だからちょっと安いけど、ライナーノーツとかがないからね。Amazonで売ってるのを知ってたらiTunesでは視聴だけして最初からCD買った方が良かった、かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/15

iPod欲しい

せっかくMacを買ったので、デジタルオーディオプレーヤーもiPodにしたいなぁ、と思いつつ数ヶ月が経過。こないだ新しいモデルのiPodが発表されたので、買うにはいい時期、かもしれません。

どうせ買っても音楽聴くだけで動画なんて見ないだろうし、iPod touchはいらないよなぁ?と思ってiPod nanoを買う気満々だったのですが、iPod touchがギターになる"Pocket Guitar"とかいうアプリが存在するのを発見して、どっちにしようか迷ってます。他にもピアノになるアプリとかもある、らしい。それに、新しいiPod touchは、バッテリーの持ちが改善されてるらしいところも魅力、かな?

iPod touchは無線LANとかの許認可の関係で、国内販売はもう少し先になる、らしい。そんなわけで、どっちにするかもう少し悩む予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/07

リハスタ入り 第十回「なんかバンドらしくなってきた」

今日のスタジオ入りは、ボーカルx2、ギターx2、キーボード、ベース、ドラム・・・と、思いがけずほぼフルメンバーで部屋は割と狭め。これにあと一人、忙しくて余り参加できないキーボードがいるんだけど、他にもホーンセクションが欲しいとか、みんなこのバンドをどうするつもりなんだろう?
発起人の一人のひげ氏は「バンドじゃなくてプロジェクトにしたい」とか言ってて、最終的にはプロジェクト内にいくつもバンドとかユニットとかが混在してるような・・・って、よくわからないけどハロプロみたいのを想像していて、つんく♂みたいな立場になりたいのかもしれない?

それはともかく、今日は他のパートの音をよく聴こうと思って練習に望んだんだけど、意識してたからかどうか、今日はバンド全体の音が良く聴こえて演奏していて気持ちよかった。他のメンバーも今日は回りの音が良く聴こえていたらしいので、何かがいつもと違っていた、らしい。
いつもは「はい、ぢゃあ次の曲。1、2、3、4・・・」みたいに、割ときっちりした感じでやることが多いんだけど、誰かがちょっと運指の練習を始めると他のパートが被ってきていつのまにか曲の演奏が始まったりとか、バンド全体が演奏を楽しんでる感じがいつもより強かった、ような。

だいぶいい感じになってきたので、スタジオの録音設備で近々録音してみようか、という話に。客観的に聴くといろいろ課題も出てくると思うし、もっと良くなるきっかけになると思うので楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »