« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/24

iPod touchで録音

なんか曲をつくんなきゃいけない、ということで、ちょっとしたアイデアを記録しておくのに鼻唄が録音できる何かが欲しいなぁ、と思ってました。

最近のPCMレコーダーはかなり音質が良いらしいし、もっと安いICレコーダーでも鼻唄記録用と割り切れば、会議の録音とか仕事にも使えるし・・・とはいうものの、普段ケータイやiPodを持ち歩いているわけで、これ以上荷物増えるのも嫌だし、どっちかに録音すればいいんじゃない?という結論に。

内蔵のマイクが付いていないiPod touchでは、録音するためにマイクを付けないといけないんだけど、「iPod用」と称したマイクの多くはiPod touchに対応しておらず選択肢が少ないんだけど、最近ロジテックから出ているLIC-iREC01というやつがiPod Touchに対応、ということで買ってみた。

これは入力レベルのHi-Lo切り換えがついていたり、USB端子から充電しながら長時間録音したり、Line inにMDやカセットデッキを繋いで録音ができたりする高機能がウリ、らしいです。


あとは、iDicto Recorderとかいう録音用アプリをダウンロードして準備完了!
このアプリは有料(¥115)だけど録音のクオリティを3段階で選べたりとか、iTunesとの連携もよさげだったり、無線LAN環境に繋がっていればWebブラウザを使ってアクセスし、ダウンロードする事も出来るなど、なかなか多機能。

試してみたら、一応録音はできるみたいで、とりあえず満足。細かい使い勝手はこれからですね。
リハスタでのバンド練習は、いつも行っているところが簡易の録音設備(マイク2本とMDレコーダー)があるのでコレで録る必要ないんだけど、大音量だとどんな感じか、次のスタジオ入りの時に試してみる、かもしれません。


一応、入手後わずか数分で気になった点を2つ。

その1 取り付ける時はイヤフォンジャックを抜かないと付かない。これは意外と面倒くさそう。

その2 コネクタ保護用のキャップが、小さくて緩くて、すぐに紛失しそう。使用中になくならないようにキャップを挿しておける突起かなにかが本体にあればいいんだと思うけど。


そんなわけで、このマイクとiPodとイヤホンをすっきり収納できるポーチみたいなのが欲しい、かもしれない。


さて、環境が整ってきたのはいいけど、鼻唄を記録しても後から譜面に起こせるんだろうか?(笑)
以前バンブラDXの鼻唄入力では笑っちゃうほど認識されないくらい音程が不安定、なんだよなぁ。


<2009/11/30 追記>
どうもこのページに辿り着く人は、「バンド練習の録音用デバイスとしてiPodを使いたいんだけど?」という人が多いみたいです。特にリハスタとか大音量の時の音割れが気になるみたいですね。

実は一度どんなもんかLIC-iREC01をリハスタに持ち込んで試したことがあって、その時は音割れして上手く録れなかった経緯があります。
音量レベルがマイクの仕様よりも大きかったのもあるかもだけど、iPodを置いていたテーブルの振動を拾た可能性も否めないので、タオルかなんかの上に置いたら改善するかも?てなわけで再度録音してみたいなぁ、と思いつつ、なんとなく放置状態。

そんな中、大音量のリハスタなどでもストレスなく使えるマイクがいつの間にか発売されてたみたいです。

このLIC-iREC03Pはオートゲインコントロールとアッテネーターがいろいろと切り替えられるし、PCMレコーダー的な形状もよさげです。
今のところリハスタではスタジオ常備の機材で間に合っているので購入予定はないんだけど・・・物欲をそそりますね。これ。

お値段はそれなりにするので会議の録音とかのビジネス用途にはもったいないかもです。
ちょっとしたメモとか会話の録音だけなら、↓の方がよさそう。安いし。

<2009/11/30 追記>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/23

コネタマ参加中:フェアトレード商品って買ったことある??

ないですね。もちろんフェアトレード商品については聞いたことあるし、その理念には、基本的には賛同できるんだけど。

なんというか、フェアトレード商品に関わっている会社なり団体の不透明感からくる不信感。
コーヒーやチョコレートなどの換金作物を作らせる結果として飢餓が起きている現実に拍車がかかる不安感。

お金を渡して無理矢理に貨幣経済とその先にある資本主義の枠組みに組み込んでいくプロセスなんじゃないかと勘ぐって見たりもする。
社会が自給自足で成り立っていた時は、お金もなくて、貧富の差もなくて、生活はわりと豊かだったんだろうにね。

奴隷扱いで働かされている現状よりはずっといい。フェアであることにこしたことはない。だからこそ基本的には賛同できるんだけど、本質的にトレードすること自体に対していいことなのかどうか確信が持てない、というのが正直なところ。

日本人なんだから、お茶とお煎餅でいいじゃん、なんて極論に走ってみたり。




コネタマ参加中: フェアトレード商品って買ったことある??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/21

リハスタ入り III 「オリジナル曲投入♪」

そんなわけで、ジュディマリのコピーバンドの方の、今年2度目のスタジオ入り。

今回は、前半はジュディマリのコピー曲の練習で、後半はギターがオリジナル曲を2曲ほど作っていたので、それのアレンジ。

事前に送られてきた曲はギターの弾き語りだったので、なんというか、まるで70年代のフォークソングのようであり、それだけで完成されたもののようでもあり「スタジオ入りまでにベースライン考えといてね」とか言われたって頭の中で全然バンドの音が想像できなかったんだけど。

とりあえず、ドラムにあわせて8ビートでルート中心のぬるいベースラインで弾いてみて、全体の感じから、あそこはもう少しこんな感じ的な試行錯誤を数回繰り返したら、あっさりとバンドっぽい感じに仕上がった。
とはいっても、なんとなく方向性が掴めた程度のもんでプリプロにもなってない感じです。ここからさらにアレンジをつめないとダメ、というのは共通認識としてあるようだし、結構楽しくなってきた。ベースラインを考えつつフォークソング風弾き語りを延々とループして聴かなくて済むし。

次回の練習までには、またちょっと時間があく、らしい。できれば次の練習までに各自一曲ずつオリジナルを作ってみようということで、何か作ってみることに。

時々、GarageBandとかで遊んではいるんだけど、ループを並べるだけだとコード進行がない、というか、I→IV→Vとか、一般的で単純なコード進行しか思い浮かばないので、コード進行のネタを仕入れるために以下の本を購入してみることに。

よく使われるコード進行を使用することが、オリジナリティの欠如と見るか、様式美と捉えるかは意見の分かれるところ。でも「同じコード進行≠同じ曲」なんだし、そうでなければブルースなんて全部同じ曲ですよ?

てゆーか、曲なんて作れるのかな?メロディより歌詞が鬼門なような気もするし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/16

MDR-XB40EXを買ってみた

土曜日に飲み会に行った帰り道、音楽を聴こうと思ってiPodを起動したら、今まで使っていたカナル型のイヤホンRP-HJE50の左側しか音が出ない。コネクタの付け根部分のケーブルを動かすと、音が出たり出なかったり。

どうみても断線です ... orz


そんなわけで、SONYのMDR-XB40EXを買ってみた。本当は、もっと高級なのを買おうと思っていたんだけど、急な話なので仕方がない。

まだ買ったばかりでエージングが済んでないどころか始まってもいない状態だけど、とりあえず第一印象など。

最初にパッケージを開けてみると、ケーブルが長いのとY字なのが目につく。個人的にはU字の方が好きなんだけど。
ケーブルはちょっと平べったくなっていて、からまりにくいし以前のに比べて丈夫そう。それと、コネクタがL字になっているので、コネクタの付け根部分のケーブルへの負担が少なそう。

装着してみると、少し前よりチップが硬いかな?という感じだけど、違和感はない。とりあえずデフォルトのMサイズのままでよさそうだけど、別の大きさのチップも試してみる、予定。


肝心の音については、音を鳴らし初めてわずか2~3時間なので今回は書くのやめとこうと思ったんだけど、ちょっとびっくりしたのでメモがわりに書いておきます。あくまでもエージング前の覚書、ということで。

もともと使っていたRP-HJE50は、安物の割には低音から高音まで出て、ドンシャリと評する人もいるけど値段帯の割には音の味付けは意外とフラットぎみで自然な音が出るイヤホンでした。他はほとんど使ったことないので、比較対象はこいつです。

へんに味付けされたものよりフラットで自然な鳴り方をする方が「高級」な気もするんだけど、考えて見れば最近はバンドで練習する曲をひたすらリピートしてひたすらベースラインを追っかけてることが多いので低音重視のものでいいや、というのがMDR-XB40EXを選んだ理由。見た目もカッコいいし。

低音といえばBOSEのものも選択肢に入るかもだけど、友人の使ってるのをちらっと聴かせてもらった印象はブーミー過ぎる感じ。好みによるとは思うんだけど。

MDR-XB40EXは試聴しなかったんだけど、最初に鳴らした時は低音の迫力に押されてBOSEの音を聴いた記憶がよみがえり「失敗した?エージングでなんとかなるの?」なんて思いました。
暫く聴いていると、ただ低音が強く出てるだけじゃなく、解像度もRP-HJE50より明らかに上であるのが実感できたので、とりあえずOKということに。
中高音も思ったより出てるけど上の方はちょっと張りがない感じ。これはおそらくエージングで解決されることと期待してます。

ていうか、今まで聴き取れていなかったベースのフレーズが聴こえちゃって、ちょっと困った事態も発生。せっかくコピーできたと思っていた曲も修正しないとマズいような?
ロックやポップスがメインで低音が好きな人なら満足できるんじゃないかなぁ?

エージングが終わって、何か気が付いたら追記でレポート書く、かもしれません。


<2009/03/11 追記>
途中経過ですが、気づいた事のメモということで。

あいかわらず低音は秀逸。Low-B弦の音(CとかDとか。B音まで使った楽曲は持ってないから知らない)も埋もれずクリアで締まった音が出ていて楽に音程がとれるのに驚きました。ベースのコピーするならAKGのK240 studioよりずっと聴き取りやすいです。

中高音は多少皮が剥けてきた感があるものの、相対的に低音の主張が激しいので中高音が出てない印象を受けるかもです。これって、普通のコンポに強力なスーパーウーファーを追加しちゃったような感じです。
音の傾向としてはドンシャリ、なんだろうけど、あんまり「シャリ」な感じは余りない。そして「ドン」はもっと強い。それでも買った当初に比べれば低音は大人しくなった印象。むしろ耳が慣れたのか?

クラシックには全く向いてなさそうなスペックだけど、無伴奏チェロ曲とか聴くとすごい迫力です(笑)

聴くジャンルや聴き手を選ぶイヤホンっぽいけど、ベーシストとか低音Loveな方にならお勧め、かな?個人的には今の所満足。
<2009/03/11 追記ここまで>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/10

2009/02/10 ライブレポート@新宿marz

なんか最近ライブ見に行ってないな。ライブ見たいな。

とか思ってたら、ちょうどNikiieさんがライブをやるらしいので新宿Marzに行ってみた。Marzも半年以上行ってないし、Nikiieさんのライブに至ってはずっと観たかったんだけど、いろいろと日程が合わず、一年以上も行ってなかったり。そいえば前に行った時はアーティスト名をNikiieに変える前だったなぁ。

そんなわけで今日のイベントは、Glowlamp Presents Shall we POP?
今日の出演は、
HIDE-TOさん
HoLYWooDさん
Nikiieさん
style-3さん
Glowlampさん

オープニングアクトはHIDE-TOさん
ギターボーカル、コーラス、ギター、ベース、ドラム。だったかな?
万人受けしそうなポップでノリのいい楽曲中心で、なかなか良い感じ。
途中でベースのストラップ(てか、エンドピン?)が外れてスタッフが救助に向かったり、というアクシデントがあったんだけど、その間も演奏は続いてて・・・あの状況で弾き続ける自信ないなぁ。
ホームページ、見つかんないんだけど?


二番手はHoLYWooDさん
ギターボーカル、キーボード、ベース、ドラム
準備してる時に聞こえたベースの音がちょっとこもった感じで、好きぢゃないなぁ、と思ったんだけど、演奏が始まると、アンサンブルとしては割とヘヴィでいい感じ。
楽曲は、パンクとメロコアとヘヴィメタルとか、いろんな要素が混ざってる感じで結構面白い。

まぁ、ポップじゃなくてロックだな。


三番手はお目当てのNikiieさん
ピアノボーカルにアコギのサポート付き。
セットリストは・・・さすがに久々で知らない曲とかもあったので。カナリヤとかダーリンとか、全部で5曲。

以前何度か観た時はだいたいピアノの弾き語りだったんだけど、ピンと張りつめた空気があって演奏に望む気迫とかがひしひしと伝わってくるようなステージたったんだけど、今回はだいぶ雰囲気が違っていて、いい意味で角がとれてる感じ。アコギの音も加わってポップというよりはアンプラグドな感じのゆったりした空気が心地よかったです。

あと、ダーリンのエンディングパートが以前と変わっていたりとか、歌詞が少し変わっていたりとか、新しい発見がいろいろとあって楽しかったです。

最近はバンドとかのライブもやっているらしいし、また観にきたいなぁ。
それと、そろそろ音源作ってくれないかな?


四番目はstyle-3さん
バイオリン、ピアノ、コントラバス、ドラムのインストバンド
途中でGlowlampのギターが参加したり。
バンドの構成がこんなんだから、音は普通のバンドとはだいぶ違う。それでもポップでノリのいい曲が中心で、かなり楽しい。MCもピアノとコントラバスの人がおそらくは天然ボケでバイオリンの人がツッコミという役割分担らしく、結構面白い。
楽曲も結構気に入ったので、音源を2枚ゲット。


最後はGlowlampさん
ボーカル、ギター、サポートギター、ベース、ドラム
このバンドはグッドです。ホーカルの声が割と多彩で、ポップな聴きやすいのからロックな激しいのまで、歌いわけてる感じ。でも、MCでは舌ったらずなかわいい喋り方で、そのギャップもいい。
今日の出演バンドの中ではこのバンドのベースラインがグルーブが効いてて一番好き、かもしれない。
とりあえず音源ゲット。でも、2曲しか入ってない。もう少ししたらアルバム出すらしいので、それも欲しい、かもしれない。
style-3さんもなんだけど、主に活動ししてるのが川崎とか・・・千葉からは遠いんだよなぁ(涙)

最後にアンコール。2曲やります、といったわけで曲が始まってすぐに??な展開。バックの演奏がハッピーバースデーの曲に変わって、実は今日が誕生日なボーカルのrieさんにサプライズな演出もあり。


今日は久々のライブ観戦だったけど、どのバンドもクオリティが高くてすごく楽しかったです。やっぱりライブはいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/05

巡音ルカをインストールしてみた

なんというか、初音ミクの声はちょっと若すぎる感じなので、巡音ルカをインストールしてみた。英語もできるらしいのでちょっと期待してるけど、速い曲は苦手なのかな?

まぁ、インストールしただけでほとんど弄ってないので、まだよく解らないんだけど。

最近はガレージバンドを使ってることが多いので、ボーカロイドを触るのは久々。で、Cubaseと何故か同期がとれなくなってることが判明。

通常はCubaseのデバイスでVocaloid(Rewireをインストールしてないと、これが出ない)を選んで、Vocaloidの方でRewireを選択すればだいたい動くんだけど、両方のソフトの設定をしているにもかかわらず何故か同期せず。

顛末は初音ミクをReWireでに追記として書いときました。

が、時間切れで、今日は巡音ルカで遊べませんでした・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/04

コネタマ参加中:平日、何か運動してる?

してないね。見事に。何も。

だいたい女子供じゃあるまいし、エクササイズ(笑)なんてやってらんないよね。

なんて意味不明な強がりを見せたところで、必要性は感じてるんだよね。歳とってくるとさすがに肉が付きやすくなるというか。落ちにくくなるというか。

見た目はスリムでメタボ検診で胴囲を計測されたとしても余裕でクリアできる程には痩せているんだけど、体脂肪率がね、ヤバいかもしれない。

腹筋あたりなんかは筋肉が脂肪に置き換わっているような気もする。怖いので計ったことないけど体脂肪率で「肥満」に分類されたとしても不思議はない、かもしれない。

とはいうものの、早朝や夜に走ったりするのは面倒だし、道路は車の排気ガスとかがむしろ身体に悪いような気がする。この季節は寒いしね。
かといって、リスじゃあるまいしジムに通って景色もかわらない同じ場所を地道に走ったりするのもどうかと思うし。

家の中でぬくぬくと出来る運動があればやってもいいけどな?
なんて思ってるので、Wiiフィットには少なからず興味あり。

まぁ、その程度の覚悟だから続かないかもしれないんだけど、その時はゲーム機として使用すればいいかな?

そんなわけで、この機会にまず「Wii」の購入から検討してみますか(笑)



コネタマ参加中: 平日、何か運動してる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »