« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/19

リハスタ入り 第二十四回「機材のセッティングリハ」&「バンドの初ライブ?」

太平洋の近くの貸し別荘を借りて終電を気にせず飲みあかそう、という素敵な企画があって、この企画には何故か、くじらメンバーがほとんど参加するので軽くサプライズライブもやってみよう、というコンセプトで他のメンバーも強制参加に。

当日はドラムセットがないのでカホンで対応、ゆえにアンプラグド風のアコースティックライブ風。まぁ、ベースもキーボードもボーカルもプラグドなわけだけど、そういう細かいことは気にしないことに。

朝からスタジオに入って最終リハなどを少し。そのまま貸し別荘へ移動。

メンバーの一人が夜の9時くらいまで来れないとかで、近所迷惑になりそうなら朝にやろうか?という話もあったんだけど、近所に民家は見当たらず、防音も思ったよりしっかりしてたので、夜の10時半ごろからライブ開始。
セットリストは・・・

夏空グラフィティ ボサノバ風カバー
残酷な天使のテーゼ ボサノバ風カバー
The rose 適当にアレンジ
Take Fiveをバックにメンバー紹介
そばかす アコースティック風アレンジ

The roseは当初ピアノだけで、という話だったんだけど、朝のリハ中に他の楽器も入ってくれると心強い、ということで急遽コード譜見ながら適当に弾く事に。

初ライブということで緊張したけど、オーディエンスも少なめな上、ほとんどが知り合いで会場も狭く、かつ既に飲んでるので、かなり楽しかったです。でも、演奏は自分で客観的に見てもちょっと酷かった。緊張のせいか、酒のせいか、ハウりまくるPA対策でベースを少し下げたのでモニターが聴きづらかったせいか、不明。明白なのはもう少し精進が必要なことか。

録音してたらしいけど、しらふで聴きたくないなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/09

トラスロッドの調整

アトリエのネックがローアクションすぎるので、弦高を若干調整することにしました。
こういった作業は滅多にやらないので手順を再確認、と思ったら都合のいいことに今月号のベースマガジンがメンテナンス特集で、割と包括的に説明してあったで助かりました。

できればネックは外さずに作業したかったので、工具屋さんでボールポイントの六角レンチセットをゲット。1.5mm(サドル高調整)~5mm(トラスロッド調整)のセットで手ごろなやつって店には選択肢がこれしかなかった。でも品質よさげなので微妙に所有欲も満たされたり。高級っぽい工具とか、好きなんだよね(笑)

ボールポイントじゃなくてもショートヘッドなレンチなら、ネックは外さなくてもたぶん調整できる、かもしれない。

ローアクションのものは特に調整が微妙で、ほんのちょっと回せばいいとのことだったので、反時計回りに30°くらい回して順ぞリ方向に調整すると、普通に弾く分にはバズがほとんど出ない状態に。弦高もほとんど変わらない(弦高は計ってない。状態を把握する意味では計った方がいい、らしい)ので、弾きやすさも変わらず。

弦とネックの木材とトラスロッドの張力がなじむまで少し動いたりするらしいので、このまま暫く様子見。場合によっては少し戻してみる予定。

せっかくだから工具を買い集めてメンテナンスキットとして持ち歩くことを企画中。
とりあえず弦高を計れるスケールが欲しい、かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/08

ローアクション

アトリエのベースを入手して一週間経ったんだけど、今までの弾き方だとどうにも強くピッキングしすぎているようなので、演奏スタイルを変えないとダメっぽいことが判ってきた。
いわゆるローアクションでちゃんと音を鳴らすには弱いピッキングできっちりと音を出してあげないといけなくて、そこにニュアンスとかを入れて行くのはなかなか難しそう。

せっかくローアクションが売りのベースなんだけど、ちょっとだけ弦高上げちゃおうかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/05

リハスタ入り VIII 「新しいベース投入♪」

てなわけで苺の方の練習でスタジオ入り。今回は新しいベース投入。色合いが全然違うとはいえ今度のも木目調だからか黙ってたら1時間くらい気づかれなかった。もっとも家でもいつでも弾けるように居間に置いといても、家の人は2日くらい気づかなかったし。

今日はオリジナル曲のアレンジを詰めるということで、最初に指ならしがてらジュディマリの曲を2曲やったあと、ずっとオリジナル曲の構成とかアレンジとかを試行錯誤。
好きな曲のコピーも楽しいけど、アイデアを出し合って曲をみんなで創り上げていく過程はもっと楽しい。ただ、それだけに時間がいくらあっても足りない感じ。

今回初めてスタジオに持ち込んだatelierのベースは前のベースと性格が違いすぎることもあり、思ったような音で鳴ってくれない。内蔵のプリアンプとサンズアンプとスタジオ常設のHARTKEと、弄れるパラメータが多いので色々と迷いが生じたり。
HARTKEはIBANEZの時と同じセッティングにしちゃったんだけど、今から思えばフラットにしておくべきだった。こっちの方の音作りもしたかったけど、時間は余りとれず。団体行動だし、まぁしゃーあんめえ。

ところで、いつもスタジオに常設されているMDレコーダーで録音していて、今日も当然録音していたんだけど、家に持ち帰ってみたら再生できませんでした。前にも同じようなことが起こったりしてたんだけど、今回はアレンジのアイデアとかもいろいろと録音していたのですごく残念。次回までに今日やったアレンジを全て忘れてしまいそうだ(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/01

ATELIER Z M-265 18P 購入

最近仕事が忙しかったので、ストレス発散も兼ねて12回ローンで新しいベースを買ってみた。

ネットの書きこみとかではアッシュボディで重たいと言われていたので、軽量なEDB555からの持ち換えはつらいかもしれないと憂慮してたけど、思ったほど重くなさそう。

てなわけで今週末リハスタに持ち込んでみます。

スラップの練習もがんばらないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »