« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/29

iPadを買わない理由

昨日iPadが発売されて、行列ができてたりとか、色々とニュースになってましたね。

iPadは先月アメリカに出張に行った時に店頭で触ってきました。iPod touchより画面が広い分、ピアノのアプリが弾きやすくてちょっと欲しいな、とは思ったんだけど。

結局買わないことにしたのは、マルチタスクじゃないってのが一番大きいかな?
何かしながらツイッターアプリをデスクトップを立ち上げておくとか、何かしながら別の何かをするとかって普通にやってるので、今のiPadではノートPCの代替にはならないし、そうなると出かける時に持ち出すデジタルガジェットが一つ追加されて荷物が増える結果になるのが微妙。

大きな画面は魅力だけど、通勤の時に音楽とかpodcast聴くためだけに使うには大きすぎるね。
とりあえず、通勤電車の中でカバンから出す勇気はないなぁ。

あと・・・
SIMロックってのも、購入意欲を減退させる要因の一つ。
TVや映画のコンテンツがほとんどないのも、購入意欲を減退させる要因の一つ。
今の日本はiPadにとって、良い環境であるとは言いがたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/22

リハスタ入り XV 「初ライブが決まったらしい」

いつも練習に使っているリハスタ主催のライブが7月にあって、年齢不問、ジャンル不問、オリジナル・コピーどっちでも可という敷居の低い感じが初回のライブにはちょうどいい、ということで申し込んじゃった、らしい。
そんなわけで、初ライブの日程も決まった直後の今日は、苺のリハスタ入り。

今回も前回同様にタイムテーブルを作って、なおかつ各曲ごとに注意ポイントとかのリストも作っての練習。
さすがにライブという目標ができたので練習内容もより濃くなっていい感じ。

練習後のミーティングもセットリストに入れる曲の候補を考えたり充実した内容。
「ステージ衣装とかどうすんの?揃えたりしないの?」とか、何処の第二文芸部ですかっ(謎)

それにしても、全部で5バンド出るらしいんだけど、対バンとの共通項といえば「同じスタジオを使って練習してるバンド」というだけで、おそらく音楽的な共通点はないと思うので、イベントとしてはカオスな感じになりそう。
「うちら以外、全部ビジュアル系とかだったら確実に浮くよね?」
それはそれで面白い、とは思うけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/08

2010/05/08 ライブレポート@新宿NINE SPICES

実は昨日出張から帰ってきたばっかりで、最近仕事で週末がつぶれることも多かったので家族サービス的な何かをすべきだろうと思って一日家にいるつもりだたんだけど、家人が仕事で夜まで帰れないとかで、一人で留守番も微妙・・・

そんなわけで、nano.RIPE presents ココロパルスというライブイベントを観に新宿に行ってみた。

今日の出演は・・・
CROMAGARAGEさん
樹海さん
tokageさん
nano.RIPEさん

初の新宿NINE SPICESの印象は「狭っっ!」
でも、その分アーティストとの距離も近かったりするわけです。
今日は全部女性ボーカルで嗜好に合っている上にどのバンドもレベルが高くて対バン的にも恵まれました。
お目当てのnano.RIPEさんは、いつもより長い時間演奏して、7曲くらい?
CDに収録されていない曲を3曲くらいやったり、いつもと変わったセットリストでこれも満足。


やった曲は・・・
ノクチルカ
夢路
レインカーテン
15秒
パトリシア
描きたい世界
・・・あと何やってたかな?曲名知らない曲もやってたし。少し酔ってたし。細かいことは覚えてないけど、すごく楽しかったのだけは覚えてる。

あと、樹海さんとtokageさんのCDをゲット。本当はCROMAGARAGEさんのCDも欲しかったんだけど、手持ちの残金が微妙だったので買えなかった。あちこちでライブやってるみたいなのでまた出会える予感もするし。我慢できずにAmazonで買っちゃうかもですが。

次は7月のnano.RIPE ワンマンに参戦予定・・・だけど、その前に何かライブ観たいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/02

「もしドラ」を読んでみた

出張で外国に行く場合、時差ボケで仕事にならないと、高い経費を払って海外に出してくれる会社に申し訳ない(いや、自分が辛い思いしたくないだけです。いろんな意味で。)ので、空港に向かう頃から目的地の時間を意識して行動するようにしてます。

飛行機の中では寝てるか酒を飲んでるか、機内食を食べてるか、映画を観ているか・・・そんなところだと思うんだけど、機内食ってのは現地時間の午前2時頃にがっつりとした物が出てきたりするので要注意。そんな時間の場合は機内食は無視して酒でも喰らって寝ているに限ります。

それと、映画。もちろん、観なくはないんだけど、実のところ小さい画面で映画観るのは余り嬉しくないんですよね。迫力に欠けるどころかディテールが乏しい上に、機内上映用に編集されている場合すらあるので、最新の映画が無料で観られるなんて喜んでばかりもいられません。しかも、時間を持て余しているからといって、早朝から映画三昧ってのはどうなの?とか思うし。

やっぱり朝は読書でも・・・といったわけで、今回は本を持ち込んでみた。
持っていった本は、いまさらながらの「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」。

この本を選んだのは、少しはマネジメントのお勉強でも・・・というのは後付けの理由で、ベストセラーで本屋で平積みになっていたことや・・・50万部くらい売れてるらしいけど、表紙に惹かれて買っちゃったアホな日本人は何万人くらいいるのかな(汗)

文章はラノベレベルの読みやすさで、行きの飛行機の中で一気に読み終わっちゃいました。フィクションとして普通に面白かったです。最後はちょっと泣きそうになってヤバかったです。

この本を読むだけでマネジメントのお勉強が出来るってわけではないし、さっくりと話が進んでしまうので内容もそれほど充実してるわけじゃない。もしこの本を読んで終了!なら、内容に対して価格はちょっと高いと思うかもしれない。

けど、ドラッカーの『マネジメント』を読んでみたくなることは間違いないです。その導入と考えれば、たぶん価格相応、かもしれない。まだ『マネジメント』を読んでないからなんとも言えないけど。

少なくとも小難しいマネジメントの教科書を読むにあたって「楽しく読めるはず」という自己暗示にかけるには十分の内容となっているのがいいですね。
引き続きドラッカーの『マネジメント』も読んでみたいと思います。

仕事にも役立ちそうだし、バンドのマネジメントなんかにも使える、かもしれないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »