« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/30

Docomoのケータイ、富士通 F-01Cを買ってみた

今まで使っていたのは、SH902iという5年くらい前の機種で、ワンセグもなければ海外でも使えない(これは、海外出張に行っている事を知らない友人から、早朝に「おーい、飲みに行こうぜ」なんて電話でたたき起こされないというメリットもあったけど)ケータイで、電池の供給がなくなるまで使ってやろうと思ってたんだけど。

なんか、電源系が変で充電できないっぽい現象が起きたのをきっかけに、修理or機種変の両方の可能性を想定しつつDocomoショップへ。

結局、修理とかも面倒だし、もう機種変してもバチはあたらないくらい使ったよね?

ということで買ってみた。

もちろん今のご時世、スマホという選択肢もあるのだけれど、電話もメールも動画も音楽もアプリも全て一台に集約すると、たぶん電池は半日持たない予感がするので、音楽+アプリはiPod touchに任せて、その他はケータイに任せる方針。

そして、要求仕様はただ一つ。「電池の持ちのいいやつはどれよ?」

一番電池の持ちの良い機種は売り切れだったので、二番目に電池の持ちが良いと思われるF-01Cに決定!

どうも高機能な機種らしく、Docomoショップでは上に貼った白ロムの機種の2倍近い値段だったんだけど、そこは一括払いの大人買いで(笑)

最初に感動したのは万歩計(つか、活動量計)がついていたこと。まぁ、今となっては普通の機能なんだろうけど、先日使っていた万歩計を洋服と一緒に洗ってしまったため、新しいの買おうかなぁ、とか思っていた矢先だったのでちょっと得した気分。

とはいうものの、きっと、いろいろとついている6万数千円分の多種多様な機能のうち2万円くらいしか使わないんだろうなぁ、とか思っていたら、この機種にはアクセスポイントモード(テザリング機能)というのが付いていることが判明。

このアクセスポイントモードはF-01Cを中継してiPod TouchやニンテンドーDSのネット接続ができる、という便利機能。iPod Touchのアプリは時々「便利だけどWifiのある所じゃないと使えない」的なものもあるので、そんなのを使いたい時に便利そう。

こんなアプリのためだけに、いっそiPhoneとDocomoの2台体制で行こうかと漠然と考えていたのが一気に解決の予感、だけでなく、出張の時に持ち出すノートパソコンすら何処でもネット接続が可能になる予感。

いろいろ考えると意外に安い買い物だったかもしれない。・・・と自分に言い聞かせ、Amazonのページは見なかったことに(汗)


そいえば、最初、文字入力が「ツータッチ入力」とかいう変な入力方法がデフォで泣きそうになりました。速攻で普通の入力モードに変更しましたとも。
富士通は親指シフトとかデファクトスタンダードに逆らうのが好きな会社だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »