« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

味覇(ウェイパー)を買ってみた。

Youtubeには猫動画から音楽まで、いろんな動画が上がっていて見ていて飽きないんだけど、楽器をやっていると、楽器系の教則的な動画もよく見たりします。

プロの教則DVDをリッピングした著作権上問題がありそうな動画から、アマチュアが趣味的に上げている動画まで、有象無象の動画がある中で、最近わりとよく見ているのが、相模原市橋本の近くにあるギター教室の講師が上げている動画です。
基本的にはギターの教則動画がほとんどなんだけど、ベースのスラップとかもあり、結構参考になります。

閑話休題。このギター講師、何故か「チャーハンの作り方」とかレシピ的な動画も上げていて、それがすごく美味そう。味の秘密は「ウェイパー」「一度おためしあれ」。

ウェイパーって何だ?
どんな味?

そんなわけで、ウェイパーを買ってみた。

本当は「ウェイパー」ではなくて、「味覇<ウェイパァー> 」と表記するものらしい。ま、表記で味は変わらないのでどうでもいいんだけど。

今のところ、買ったばかりなので適量がよくわからない。
味は割と強烈で、これ入れると全てがウェイパー味になってしまうという、SANSAMP BASS DRIVER DI的な調味料ゆえ、醤油とか別の味をベースに隠し味的に使うといいらしい。そんなわけで隠し味的な使い方からトライしてみたんだけど、隠し味だから、はっきりとした味の違いが出るわけでもなく。

少なすぎたのかな。

とはいうものの、以前より中華っぽく美味しく仕上がっているような気もするんだけど・・・少量だけど確実に入れているのでプラシーボではないと思うのだが。

もう暫く試行錯誤して適量がどのくらいなのかを見極める予定。ウェイパーメインで味付けしてみるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/18

海の日なので海に行ってみた

最近「買ってみた」系のエントリーばかりで、傍から見れば物欲のカタマリと化しているような印象を持たれるかもしれないけど、日々散財するほどの財力があるわけもなく普段は普通の生活をしていたり。

そんな普通の生活の中にも、季節的なイベントはあるわけで、今で言うなら「夏」「海」みたいなキーワードがすぐに思い出せるわけで。

都合よくお日柄も「海の日」というわけで、友人や知人や知人の友人とかと毎年利用しているイルカハウスに行ってみた。

イルカハウス

この海の日に海に行くというのは今年で5年目になる恒例の企画で、今年は3月の震災で一時は中止しようかという話もあったんだけど、イルカハウスのある旭市も実は被災・・・という話を聞いて支援の意味も含めて行くことに。

この企画の当初の目的は「たまには終電を気にせず飲みたいよね?だったら何処かに一泊して夜通し飲めばいいんじゃない?」という「夏」とも「海」とも何も関係ない企画だった、らしい(汗)

去年と一昨年はバンドのメンバーも参加してたので、軽くミニライブなんかもやったりしたんだけど、今年はメンバーの都合がつかず、ベース弾き語りというわけにもいかず、料理を楽しみつつまったりと飲んでました。

料理は得意な人が腕を振るったりするわけで、今年は牛タンのシチューとかカレーとかが出ました。牛タン丸ごとを実物で見たのははじめて(@o@)

牛たん調理中

ちなみに泊まった棟の近くの堀川浜は遊泳禁止なんだとか。津波の影響かと思ったら2009年に急激な海岸浸食のため開設2週間で閉鎖されて以来の措置らしい。

海

それでも波打ち際で足を海水に浸してみたりするくらいは出来るわけで、近くの海の家では生バンド演奏のステージがあって、おやじバンドとか馬頭琴のグループとかが交替でライブやってて、結構面白かった。

今日は早朝に女子サッカーのワールドカップ決勝があるとかで、何人かはずっと起きてたようだけど、そんなのにはおかまいなく普通に就寝。つか酔いつぶれた、とも言う(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/10

サーモスの水筒を買ってみた

かつて一世を風靡した「草食男子」から始る、XX男子シリーズには「スイーツ男子」「弁当男子」など様々な属性が生まれ、それらの共通点は既成概念的男性の枠組みから外れた、よく言えばジェンダーフリーな男子達。当時はこの調子でいけば「シュシュ男子」だの「ネイル男子」なんかが現れる日も近いんじゃないかと想像していたんだけど、世の中はそんな事態にまでエスカレートすることなくブームも下火になってきているらしい。

そんなXX男子シリーズに「水筒男子」というカテゴリーがあった。
これは女々しいというよりは、長引く不況とエコブームの相乗効果が大きかったようだけど、今年に入ってうちの職場で増殖している。てゆーか、水筒を持っていない男性の方が少ない。

確かにペットボトルのドリンクを買うより経済的だし、合理的であるのは間違いない。しかも、うちの冷蔵庫には水だしも出来るさんぴん茶のティーバッグが山ほどあり、賞味期限切れの危機に瀕している。水筒を買って、毎日さんぴん茶を持ち出せば、一石二鳥ではないかと思いついたので、比較的評判のいいTHERMOSの真空断熱ケータイマグ(GMY-501)とやらを買って、今更ながら水筒男子の仲間入りをしてみることにした。

保温性とかには不安はないんだけど、持ち運び用にホルダー的なものが欲しい、気分。
できれば先日注文したカバンに似合う革製(合皮可)のかっこいい奴だとうれしいんだけど、あんまり売ってないね。最近この手の水筒はすごく売れてるみたいだから需要はあると思うんだけど。

革製だと器用な人は自分で作っちゃうみたいだけど、レザークラフトなんてやったことないしなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/03

鞄を注文してみた

今使っているカバンがだいぶくたびれてきたので、新しいカバンが欲しい、ということで、仕事で渋谷に行ったついでに、革鞄の手作り工房HERZの青山本店に足を伸ばしてみた。

ここはネットで目をつけていた店で、実際の商品の感じとか、持った感じなんかを知りたかったのと、ちょっとした仕様変更を依頼しよう、という目論見。

で、注文したのは3Wayの↓のカバン

実のところ、今から10年以上前までずっとこんなカバンを使っていたんだけど、写真にハマってからは機材を入れて運ぶには不向きということで使わなくなった、という経緯があったりします。

考えてみれば最近は写真の機材を運ぶことも滅多にないので、また以前のスタイルに戻ろう、というわけです。
あ、別に初心に戻るとかそーいうのとはちょっと違う。単に慣れたスタイルは楽ってだけの話です(汗)

当時はこの手のスタイルのカバンは何処にでも売っていて、それこそ合皮の安物なら5,000円くらいで買えたこともあり、当初の予算は1万円くらい?・・・と思っていたんだけど、今は何処探しても売っていない。ネットでもほとんど見かけない。
本当はこんな高いカバンを買う必要もなかったんだけど、買えないとなると余計欲しくなるのが物欲の恐ろしい所。

結局、特注の分や皮の保護剤とかいろいろ会わせて5万円くらい。
注文を受けてから作るということで1ヶ月後くらいに届く予定。
それでも思ってた以上にしっかりした作りだし、かなり長いこと使えそうな感じなので、今からワクワクして待ってます。

本革のカバンなんて小学校の時のランドセル以来だなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »