« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013/01/29

辛辛魚らーめんを食べてみた

バブル時代に第一次激辛ブームという、能天気な若者が「俺はこんなに辛いもの食べても平気だぜ?」なんていうのを自慢しあってた能天気な時代がありまして、当時は街中に「地獄ラーメン」なんていう激辛を売りにするラーメン店があちこちに見受けられました。

激辛を売りにするラーメン屋なんて見かけなくなって久しいけどね。

そんな中、激辛を売りにするカップ麺がちらほらと店頭に出始めてますが、これは「安部バブル」とも囁かれる政府主導の金融緩和政策が、好景気を予感させている世相をも反映し・・・

なんてことはどうでもいいんだけど、今日のお昼は近くのサンクスで売っていた「寿がきや 東京石神井麺処井の庄店主監修 辛辛魚らーめん」のカップ麺を食べてみました。

えっと、先日ペヤング 激辛やきそばを食べたんだけど、平成の世になってから名ばかりの「激辛」ばかりだったので、コンビニに売っている「激辛」なんて辛いはずがない、とタカをくくってたら、「辛い」というよりむしろ「痛い」ww
それでもちゃんと「ペヤング」なのが良かったです。

で、今日の辛辛魚はというと、これもかなり辛いです。なんせ「限界突破」ですから。ただ、魚の味が強めに出ているスープで、辛いだけじゃなくて旨みもちゃんとある所は好感が持てます。あと、最近のカップ麺らしく、麺も割としっかりしてます。魚介系のラーメンが好きで辛いの大好きな人ならお勧めかも。

時々、こうした激辛なモノを食べながら、好景気が来ることを期待してみたり。
とはいうものの、今日の好景気は明日の消費税増税に直結しているという皮肉はなんなんだろうww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/23

BOSS SYB-5 Bass Synthesizerを買ってみた

最近の流行はエレクトロポップとか・・・あ、最近でもなく、90'sからこっち、ずっと4つ打ちのターンか。
それはともかく、そんな音楽の空気感はやっぱり今っぽいです。

その手の音楽のベースは大抵打ち込みでシンセベースで、と相場が決まっているんだけど、エレキベースで再現できないかなぁ?と思って、「BOSS SYB-5 Bass Synthesizer」を買ってみた。

★★【ポイント6倍!】エントリーして購入すると、さらにポイントアップ!9/13(土)23:59まで!...


このエフェクター、ベースの音をトリガーにして内部のシンセ音源を鳴らしたり、ベースの音自体をシンセの音っぽく加工できる画期的なもの、らしい。これの前のモデルSYB-3と比べると、ベース音拾ってから音が出るまでの時間が格段に向上したり、エクスプレッションペダルを付けて何かしたり、安くなったり、といい事づくめ!!らしいんだけど。

結果から言うと、ちょっと期待はずれ、というか。音色は悪くないんだけどね。

白玉系で発声させたり、ゆっくりな曲をやる分にはそんなに問題起きなそうなんだけど、早い曲で8分のオクターブ奏法とかやると、時々オクターブ上に上がってくれなかったりなど、ちょっと反応が遅かったり思わぬ反応をしてくれる局面があるのが微妙、かもしれない。

もしかしたら、おれの弾き方が問題(ピッキングが不ぞろいとか?ミュートがちゃんと出来てなかったりとか?)なのかもしれないけど(汗)

うちのバンドは比較的速い曲が多くて今のままでは実戦投入は難しそうなんだけど、これの前に接続してるコンプの設定とか、少しいじって使い物にならないか試行錯誤予定。

もしくはMarkbass Super Synth MAK-SS の方が反応よさそうなのでそっちも試してみるか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/19

2013/01/19 ライブレポート@渋谷AUBE

今日はうちのバンドのドラムがサポートでライブだったり、大好きなnano.RIPEが古巣の千葉ANGAで凱旋ワンマンライブだったり、イベント目白押し。しかも家人は飲み会とやらでいない。となれば、これはもうライブを観に行くしかないわけです。

で、問題はどのライブを観に行くか・・・なんだけど、以前ライブ(PIXYSPICEさん企画のぴくすばーてぃVol.1、ああ、数日興奮しててライブレポート書くのすら忘れてたけど、すっごい楽しいイベントだったんだよ)を観に行った時に対バンで出て来たSheepdomさんが渋谷AUBEでライブやるとのこと。しかもイベントが「THE SOLISH 女性Vo限定企画」
ブッキングライブの良い所は、知らなかったバンドに出会える所。基本的には、実はワンマンよりもブッキング観に行く方が好きなんだよなぁ。女子Voのバンド大好きだし。

そんなわけで、渋谷まで行ってみた。途中、少し迷って渋谷の人ごみの中を迷走しつつ、無事に渋谷AUBEを発見。チェルシーホテルの上ですか。

オープニングアクトは、今回のイベントの企画バンド、「The SOLISH」さん
最初はヴォーカルさんがキーボード弾き語り。弾き語りって歌詞がストレートに伝わってくる強みがあるよね。二曲目の途中でバンドメンバーが入って来てバンドサウンドに展開。よく、ブッキングの都合でバンドライブの中に弾き語りのアーティストさんが入っちゃうことがあるんだけど、流れ的にどうなの?って思ってました。これだと弾き語り→バンドな流れに自然に持って行けて、なおかつこれから始まるバンドライブのイベントへの期待感もアップするので、オープニングアクトとしては素晴らしい演出ですね。

一番手は「どぎーばっぐ」さん
ギターヴォーカル、ベース、ドラムの3ピース
ヴォーカルさんがパワフルでバラード曲とかいい感じ。
若いバンドらしく、ベースさんに至ってはまだ現役高校生らしい。スラップやったりベース回し(英語ではBass spinて言うんだよ。これ豆な)にトライしたり・・・最近の高校生はすごいね。
音源買ってその場で御礼言われるのは普通なんだけど、その後ビール飲んでたら購入時に中座していなかったベースさんがわざわざ御礼を言いに来てちょっとびっくり。なかなかこういうの出来ないよね。


二番手は「SlingshotMillion」さん
ギターヴォーカル、ベース、ドラムの3ピース、かと思いきや、リーダーのギターさんがインフルエンザで急遽三人でやる事になったらしい。
曲調はメタルっぽさやラップとかも取り入れたミクスチャーな感じなんだけど、全体的にはシャカラビを彷彿とさせるパンクサウンドで、ヴォーカルの声質とかも好き。4ピースのライブも見てみたいですね。音源欲しいな。


三番手は「Sheepdom」さん
ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムの4ピース。
音源にも入っている「プレゼント」をSEに入場。セットリストは・・・
1.Precious
2.LINK (新曲)
3.Only one (新曲)
4.それでもずっと
5.Over The Rainbow
6.忘れない唄

新曲の「LINK」はカノン進行の聴きやすいポップス調、なんだけど、ギターソロの中にキャノンロックの一節をブチ込んでくる遊び心にはめっちゃテンション上がりました。
カノン進行みたいなメジャーなコード進行の場合、へたすると「パクってる」(ほんとは違うんだけどね。そんなこと言ったらブルースなんて全部パクりになっちゃう。こーいうのは様式美なんですよ。)とか言われる危険もあり、それを恐れて一部を代理コードに置き換えたりして「別のコード進行」に偽装しちゃったりする人も多いわけです。そんな中、あえて本家のメロディー乗っけて「カノン進行ですが何か?」って言い放つようなアレンジをするのは勇気がいるというか、度胸があるというか。こういうの大好きです。

最後の「忘れない唄」。この曲はオーディエンスと一緒に歌うのが定番みたいだけど、簡単な歌詞で歌いやすいメロなので、会場が一体になれるのでこういうのいいですね。「わ〜すれ〜な〜い〜♪うたをう〜たおうよ〜♪」

Sheepdomさんのライブは今回で2度目なんだけど、改めてこのバンドいいなと再認識。
ヴォーカルさんは華奢な体格なのにパワフルでステージ上での存在感が半端ない。ベースラインは特に派手なことやってるわけでもないんだけど、おそらくはベーシストにしかわからないフィルインかませつつ、しっかりボトム支えてて個人的には理想的。その上に力強いヴォーカルと、きらきらしたギターサウンドが乗っかってて、ほんとにバランスいいと思う。

一応音源は持ってるんだけど、2曲しか入ってないので他の曲のも欲しいなぁ、と思ったら今年4月か5月くらいにはリリースしたいとのこと。楽しみにしてます。

ライブの雰囲気はこんな感じ ← Just for your reference.


トリは今回の企画バンド「The SOLISH」さん
オープニングアクトとはガラリと変わって、ステージ上でよく動いて見ていても楽しかったです。さすがに会場は暖まりまくってて、オーディエンスもノリがよく、おれも端の方で手をふり上げたりジャンプしたり、こっそり楽しんでました(笑)
割とテンポの速い、ノリやすい曲が良かったです。こちらも音源ゲット。

オープニングの弾き語りからの流れがよくて、対バンもみんな良かったし、全体のイベントとしても楽しめたいいライブでした。こんな素敵なイベント企画していただいた The SOLISH さんに感謝です。

うちのバンドもこういうイベントに出れるといいんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/15

2013/1/15 ライブレポート@新宿motion

今年一発目のライブ観戦は、いつもお世話になっているリハスタのスタッフさんのバンド、「ちゃぷっけ」さんが女子ボーカルという噂を聞いて、新宿Motionにこっそり観に行ってみた。それにしてもMotionは久々だな。

昨日の雪で道は歩きづらい・・・と思ってたら、新宿の歩道は割ときれいに除雪してあってかなり歩きやすくてびっくり。

今日のイベントは"Slogun"。"Slogan"のもじりですかね?どんな意味が込められてるのかは不明。

てなわけで、今日の出演は・・・
「ちゃぷっけ」さん
「よだか」さん
「イエローナイフ」さん
「ドクロブッシュ」さん


オープニングアクトはお目当ての「ちゃぷっけ」さん
このバンドはベースボーカルの3ピース。ベース弾きながら何か別の事(唄うとか、会話するとか、ごはん食べるとか)出来ない身としては、ベースボーカルってだけで賞賛に値するわけですが。

初見なので、曲名とかよくわからず。なので、セットリストも不明。
全体的にリズム中心に構成を組み立ててる曲が多めで、名前の柔らかさとは裏腹にカッコいい系のサウンド。さすがにベースボーカルだと超絶技巧なベースラインとかは期待できないのだけれど、ドラムと一緒にボトムを支えてる感じが良かったです。

ジャンル的にもこの手の楽曲は嫌いじゃないのでとりあデモ音源ゲットしてみました。


二番手は「よだか」さん
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの4ピース。
ちっ、男ボーカルかよ?とか思って、余り期待してなかったんだけどメッセージ性のある面白い歌詞の曲が多くて意外と良かった、ような。
ベースはおかずにダブルストップ入れたりとか和音弾きするあたりが割とツボ。


三番手は「イエローナイフ」さん
ギターボーカル、ベース、ドラムの3ピース
今回が初ライブということで、少し硬さは見えるものの結構まとまってる感じ。
ベースのおねいさんが割ときれい系で、しかも運指がすっごいきれい。ずっと指に見とれてました(汗)。女子ベースは萌えますなぁ。
ベースラインはオーソドックスなんだけど、安定感半端ない。あんな感じにベース弾けるようになりたいな、と。


トリは「ドクロブッシュ」さん
ドラムをステージ下手の手前に移動してセッティング・・・上手側にはマイクスタンド一本で、ドラムのセッティングが進んでも他の楽器のセッティングが行われる様子もなく。ドラムとボーカルのデュオ??
・・・と思ったんだけど、そんなことはなくギターが遅れてる、とのことで、ドラムボーカルとギターのユニットでした。
曲名とかがない即興のJAM系のバンドさん。この手の音楽はハマると中毒性があるのを知ってるのでビール買って店外に退避(謎)


そんなわけで、ちゃぷっけさん良かったのでまた機会があれば観たいですね。他のバンドのベースさんも良かったこともあり、今はベース練習しなきゃ!な気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/12

冷凍うどんと魚の缶詰でヘルシーっぽいチャンプルー風簡単焼きうどんを作ってみた。

今日は週末なんだけど家人はおらず、一人で家でのんびり・・・
ということは、昼ご飯は自分でなんとかしないといけない、ということです。

勿論、外食という選択肢もなくはないのだけれど、平日は日本の企業戦士として毎日7人の敵と戦っている身分。せっかくの休日なんだから引きこもってぬくぬくとしていたいのが人情ってもんです。
外、寒そうだし (>_<)

今日はうどん食べたいなぁ、と思って、簡単に素うどんか月見うどんあたりにしようとも思ったんだけど、無性に焼うどんが食べたくなりました。具材?・・・ありませんが何か?

そんなわけで、作ってみたのは表題の「冷凍うどんと魚の缶詰でヘルシーっぽいチャンプルー風簡単焼うどん」
調理時間は10分くらい?

使った材料(一人前)
・加ト吉 冷凍うどん       1つ

・キョクヨー あじ塩焼き缶詰              1缶

・玉子                            1つ

・きざみねぎ(冷凍)                    適量(好きなだけ入れても大丈夫)

・かつおぶし(ヤマキカツオパック)           3g

・炒め油                           少し(たぶん小さじ1弱)

・ほんだし                          適量(たぶん小さじ1くらい。少しでいい。なくてもいい)

・めんつゆ    少し(たぶん小さじ1くらい)

冷凍うどんを茹でます。茹で時間は外袋に記載されているのでOK。カトキチのは1分でした。

その間にフライパンを暖めて炒め油を少し入れて、缶詰の魚を軽く炒めながらほぐします。
缶詰はかば焼きでもなんでもいいような気がします。缶詰の中の汁は栄養たっぷりらしいので、捨てずに全部フライパンの中へ入れます。すでに火が通っているので、炒めるよりもほぐすのがメインです。しゃもじとかでがしがし突くと簡単にほぐれます。

魚がほぐれたら茹であがったうどんをフライパンに投入。ほんだしも入れて魚のほぐし身をからめながら少し炒めて、きざみねぎも投入。うどんの「焼けた感」を出したければ、炒め時間は少し長めでもいいかもしれないけど、お腹がすいてるので適当に切り上げ(汗)

仕上げにかつおぶしと麺つゆを入れて味付け。缶詰に塩分とかが入って味がついているので、味付けは薄めで大丈夫。自分でちゃんと味付けしたいなら水煮缶がいいかもしれません(←未経験なので想像ですが。)

たまごは火が通りすぎずふわっとしたチャンプルーっぽい感じにしたいので、溶いておいて、火を消したらすぐにうどんにかけて、フライパンの余熱を使ってさくっとからめます。

で、出来たのがこれ。

Cimg1916_convert_20130112132717

味は・・・魚の味が強めなので、好き嫌いありそうだけど、DHAやEPAがたっぷり、と考えただけでもプラシーボ効果の期待できるメニューです!!

これだけだと野菜が少なすぎてヘルシーを謳うには余りにも貧弱、と思われる方は、気休めに一日分の野菜が入っているとかいう野菜ジュースあたりを飲んでおけばプラシーボ効果はさらにアップするはず!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »