« BROTHER のプリンタ PRIVIO DCP-J940Nを買ってみた。 | トップページ | 2013/1/15 ライブレポート@新宿motion »

2013/01/12

冷凍うどんと魚の缶詰でヘルシーっぽいチャンプルー風簡単焼きうどんを作ってみた。

今日は週末なんだけど家人はおらず、一人で家でのんびり・・・
ということは、昼ご飯は自分でなんとかしないといけない、ということです。

勿論、外食という選択肢もなくはないのだけれど、平日は日本の企業戦士として毎日7人の敵と戦っている身分。せっかくの休日なんだから引きこもってぬくぬくとしていたいのが人情ってもんです。
外、寒そうだし (>_<)

今日はうどん食べたいなぁ、と思って、簡単に素うどんか月見うどんあたりにしようとも思ったんだけど、無性に焼うどんが食べたくなりました。具材?・・・ありませんが何か?

そんなわけで、作ってみたのは表題の「冷凍うどんと魚の缶詰でヘルシーっぽいチャンプルー風簡単焼うどん」
調理時間は10分くらい?

使った材料(一人前)
・加ト吉 冷凍うどん       1つ

・キョクヨー あじ塩焼き缶詰              1缶

・玉子                            1つ

・きざみねぎ(冷凍)                    適量(好きなだけ入れても大丈夫)

・かつおぶし(ヤマキカツオパック)           3g

・炒め油                           少し(たぶん小さじ1弱)

・ほんだし                          適量(たぶん小さじ1くらい。少しでいい。なくてもいい)

・めんつゆ    少し(たぶん小さじ1くらい)

冷凍うどんを茹でます。茹で時間は外袋に記載されているのでOK。カトキチのは1分でした。

その間にフライパンを暖めて炒め油を少し入れて、缶詰の魚を軽く炒めながらほぐします。
缶詰はかば焼きでもなんでもいいような気がします。缶詰の中の汁は栄養たっぷりらしいので、捨てずに全部フライパンの中へ入れます。すでに火が通っているので、炒めるよりもほぐすのがメインです。しゃもじとかでがしがし突くと簡単にほぐれます。

魚がほぐれたら茹であがったうどんをフライパンに投入。ほんだしも入れて魚のほぐし身をからめながら少し炒めて、きざみねぎも投入。うどんの「焼けた感」を出したければ、炒め時間は少し長めでもいいかもしれないけど、お腹がすいてるので適当に切り上げ(汗)

仕上げにかつおぶしと麺つゆを入れて味付け。缶詰に塩分とかが入って味がついているので、味付けは薄めで大丈夫。自分でちゃんと味付けしたいなら水煮缶がいいかもしれません(←未経験なので想像ですが。)

たまごは火が通りすぎずふわっとしたチャンプルーっぽい感じにしたいので、溶いておいて、火を消したらすぐにうどんにかけて、フライパンの余熱を使ってさくっとからめます。

で、出来たのがこれ。

Cimg1916_convert_20130112132717

味は・・・魚の味が強めなので、好き嫌いありそうだけど、DHAやEPAがたっぷり、と考えただけでもプラシーボ効果の期待できるメニューです!!

これだけだと野菜が少なすぎてヘルシーを謳うには余りにも貧弱、と思われる方は、気休めに一日分の野菜が入っているとかいう野菜ジュースあたりを飲んでおけばプラシーボ効果はさらにアップするはず!!

|

« BROTHER のプリンタ PRIVIO DCP-J940Nを買ってみた。 | トップページ | 2013/1/15 ライブレポート@新宿motion »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66047/56523374

この記事へのトラックバック一覧です: 冷凍うどんと魚の缶詰でヘルシーっぽいチャンプルー風簡単焼きうどんを作ってみた。:

« BROTHER のプリンタ PRIVIO DCP-J940Nを買ってみた。 | トップページ | 2013/1/15 ライブレポート@新宿motion »