« ワイヤレスシステム用ケーブルを買ってみた | トップページ | 口の中に有害な水銀が・・・!? »

2015/05/14

Micro Cube Bass RX インプットジャック破損

先日アコースティック編成でライブをやったんですが、エレキベースは生音というわけにもいかず手持ちのローランドのベースアンプ、マイクロキューブを持ち込んだんだけど、その時にインプットジャックを破損してしまいました。

具体的にはインプットジャックのナットが割れてしまったんですが、ジャックとナットがプラスチック製のため、シールドのプラグを挿した状態でシールドに足を引っ掛けるなど、強い力を加えると割れることがあるようで、ネットで検索したら同じような経験をしている人が散見されました。そして、修理に出すと結構高い、らしいです。

そんなわけで、ジャックを金属製のものに交換すれば、今後は割れることもないし、数百円で済むし・・・ということで自分で修理することにしたんですが・・・

まずはバラさないとお話にならないんだけど、むやみにネジを緩めてパネルに固定してある基盤やパーツが内部で脱落したりとかすると余計な手間が増えるだけなので、バラしてる事例がないか検索・・・

マイクロキューブベースを開けてみた的なサイトは見つからなかったんだけど、ギター用のマイクロキューブを改造するサイトは海外にありました。
http://microcuberxmods.blogspot.jp/2009/07/first-post.html

ギター用もベース用もケースは共通なので開け方も同じだろう、ということでこれを参考にしました。要するに、背面6個、上面2個のビスを外せば開けられるはず・・・なんですが、粘着テープでしっかりと止まっていて開かないんですね。これが。

そして、相当四苦八苦しつつ試行錯誤した結果、精根尽き果てて挫折(笑)

とはいうものの、このまま放置しておくわけにもいかないので。

ジャックがパネルの奥に「落ちた」状態だと面倒なんだけど、パネルから頭を出した状態で止まっていてナットさえ手に入れば元に戻すことは可能な状態。修理に出すと高いなら、ナットだけパーツを取り寄せればいいんじゃない?

といったわけで、ローランドのサポートにメールを送ったら、ナットだけ売ってくれる、とのことでした!

ローランドからのメールには「回答の一部または全部の転載、二次利用はお控えください。」
との記載があるので詳細は書かないけど、要は「ナットは残念ながら10個入りパックのみの販売。直販できないからローランドを取扱っている販売店で注文してね。」とのことでした。

まぁ、10個もいらないんだけど、修理に出したらもっと高いし、前述の通り、破損の報告がいくつもある箇所なので予備のパーツということで近所の楽器屋で注文したら比較的すんなり入荷して完治しました。

GWを挟んだこともあってメールで問い合わせてから2週間近くかかったけど、何もなければ2~3営業日くらいで収拾がつくはず。

とはいうものの、できればジャックを金属製のに交換したいので、そのうち機会があったら再度こじ開けるのに挑戦したい、かな?

今回のライブの時に、REC OUTにプラグ挿してMTRに送ろうとしたらスピーカーの音がOFFになっちゃったので、上記ページの「Speaker Switch Mod」とかの改造したら返しのモニターとして使えて良さげなんだけど。

|

« ワイヤレスシステム用ケーブルを買ってみた | トップページ | 口の中に有害な水銀が・・・!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66047/61587846

この記事へのトラックバック一覧です: Micro Cube Bass RX インプットジャック破損:

« ワイヤレスシステム用ケーブルを買ってみた | トップページ | 口の中に有害な水銀が・・・!? »