2015/05/14

Micro Cube Bass RX インプットジャック破損

先日アコースティック編成でライブをやったんですが、エレキベースは生音というわけにもいかず手持ちのローランドのベースアンプ、マイクロキューブを持ち込んだんだけど、その時にインプットジャックを破損してしまいました。

具体的にはインプットジャックのナットが割れてしまったんですが、ジャックとナットがプラスチック製のため、シールドのプラグを挿した状態でシールドに足を引っ掛けるなど、強い力を加えると割れることがあるようで、ネットで検索したら同じような経験をしている人が散見されました。そして、修理に出すと結構高い、らしいです。

そんなわけで、ジャックを金属製のものに交換すれば、今後は割れることもないし、数百円で済むし・・・ということで自分で修理することにしたんですが・・・

まずはバラさないとお話にならないんだけど、むやみにネジを緩めてパネルに固定してある基盤やパーツが内部で脱落したりとかすると余計な手間が増えるだけなので、バラしてる事例がないか検索・・・

マイクロキューブベースを開けてみた的なサイトは見つからなかったんだけど、ギター用のマイクロキューブを改造するサイトは海外にありました。
http://microcuberxmods.blogspot.jp/2009/07/first-post.html

ギター用もベース用もケースは共通なので開け方も同じだろう、ということでこれを参考にしました。要するに、背面6個、上面2個のビスを外せば開けられるはず・・・なんですが、粘着テープでしっかりと止まっていて開かないんですね。これが。

そして、相当四苦八苦しつつ試行錯誤した結果、精根尽き果てて挫折(笑)

とはいうものの、このまま放置しておくわけにもいかないので。

ジャックがパネルの奥に「落ちた」状態だと面倒なんだけど、パネルから頭を出した状態で止まっていてナットさえ手に入れば元に戻すことは可能な状態。修理に出すと高いなら、ナットだけパーツを取り寄せればいいんじゃない?

といったわけで、ローランドのサポートにメールを送ったら、ナットだけ売ってくれる、とのことでした!

ローランドからのメールには「回答の一部または全部の転載、二次利用はお控えください。」
との記載があるので詳細は書かないけど、要は「ナットは残念ながら10個入りパックのみの販売。直販できないからローランドを取扱っている販売店で注文してね。」とのことでした。

まぁ、10個もいらないんだけど、修理に出したらもっと高いし、前述の通り、破損の報告がいくつもある箇所なので予備のパーツということで近所の楽器屋で注文したら比較的すんなり入荷して完治しました。

GWを挟んだこともあってメールで問い合わせてから2週間近くかかったけど、何もなければ2~3営業日くらいで収拾がつくはず。

とはいうものの、できればジャックを金属製のに交換したいので、そのうち機会があったら再度こじ開けるのに挑戦したい、かな?

今回のライブの時に、REC OUTにプラグ挿してMTRに送ろうとしたらスピーカーの音がOFFになっちゃったので、上記ページの「Speaker Switch Mod」とかの改造したら返しのモニターとして使えて良さげなんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/08

ライブやります

えっと、バンドのライブの日取りが決まりました。

【日付】2012年11月3日(土)
【場所】本八幡 3rd Stage
【時間】Open 18:00 / Start 18:30
【価格】Adv. \1,800 / Door \2,300 (+1drink \500)


うちのバンドは4バンド中3番目、19:50頃からの出演予定らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/01

セッション会に行ってきた

最近、たまにセッションの会に参加しています。

バンドメンバーが遠距離で、練習がたまにしか出来ないから暇で死にそうだから、ではなくて、緊張しぃのアガリ症なため、チキンハートを克服して鉄のハートを手に入れるために人前で演奏する機会が欲しいわけです。

そんなわけで、今回はSHAKALABBITSのROLLIEと、Super FlyのHi-Fiveを弾いてみました。
前回は、play that funky musicとかいう昔の曲で、ファンクで難しい割にはあんまり楽しくない曲だったんだけど、今回は大好きなSHAKALABBITSだったりとか、挑戦し甲斐のあるSuper Flyだったりで、結構楽しかったです。

今回で4度目の参加のため他の参加者とも慣れてきたおかげで、当初より緊張はしなくなってきたんだけど、そのほかにも課題はあるわけで、今の所の最大の課題は「安定しないベース(汗)」

8ビートとかを普通に弾いている時はほとんど問題ないはずなんだけど、例えば飛び道具的なフィルインをキメて戻ってきた時とか、ちょっとした変化がつく前後などにモタったりすることがあるわけです。

打ち上げの時に他のベーシストと「どうすりゃいいのさ?」とか話したんだけど、各人それぞれの体内に持っているリズム感があるためか、きっちりオンビートで弾いたりするのは難しいようで、共通の悩みみたいです。

メトロノーム使って、みっちりと基礎練習をやって、体に叩き込むしか方法はないんだろうな、とは思いつつ、つい安易な方法はないものかを探りたくなります(汗)

それはともかく、セッションは音楽仲間が出来るのが良いですね。それぞれ好みが違ったりするけど、勧められた曲を聴いたりすることで音楽の幅が広がるのもあるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/17

ROLAND QUAD CAPTUREを買ってみた

先日、Cubaseを買ったものの、MacBookではうまく動かなかったので、USBのオーディオインターフェースを買ってみた。

MacBookも購入してだいぶ時間が経つので、そのうち買い替えも検討しないといけなそうなんだけど、FireWireインターフェースってことだとパソコンの選択肢がだいぶ狭くなる、というのも購入の理由のひとつ。

これ、だいぶ人気があるらしく、あちこちの店で入荷待ちとなっていたので、先日「在庫有り」というAmazonを信じてポチってみたわけです。

大きさも機能も今使っているFA-66とだいたい同じくらい。いい所は、USBのバスパワーなのでノートPCと合わせるとモバイルな録音環境が構築できそうなところ。そのうちボーカル録りでスタジオに持っていく予定なんだけど、ACアダプタがいらない分、荷物が減るのはうれしい。

オートセンスも便利そう・・・だけど、さくっと使った感じではよく使い方がわからない(汗)取説読めば済むことなんだけど、入力レベルの表示は分かりやすいし、マニュアルで設定するのに慣れてるので、取説読む分、面倒とかw

CubaseにつなぐのでSteinbergのインターフェースも検討したんだけど、将来的に他社のDAWに乗り換え(あるいは併用)する可能性とか考えると、汎用性の高い方がいいかなぁ?といった感じ。

といったわけで、ベースの録音でもしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/25

Gacharic Spin ライブ&レッスンを買ってみた

近々ライブをやろうかという話になっているんだけど、ライブの参考用にGacharic Spinの ライブ&レッスンというDVDを買ってみた。

内容は前半がライブ映像編、後半が各パートごとにライブでどんなことをやってるのか解説するレッスン編になっています。

ライブ中の盛り上げ方とかMCのやり方とか、そんなののレッスンがあるといいな?とか思ってたけど、さすがにそんなに美味い話はなかったです(笑)

前半のライブパートは一周年記念ワンマンライブの模様を収録。最初の入場のところからカッコいいです。MCがカットされてたのはちょっと残念。一番好きなシーンは、ボーカルのArmmyさんが「それじゃあともぞう、いっちゃいなさーい」と言った後、ともぞうさんが台にぴょんと飛び乗ってソロを弾くシーン。萌えます。

後半の各パートのレッスンは「この曲ではこんなフレーズを弾いてるよ」的な感じで、バンドサウンドに埋もれて聞こえづらかったところもよくわかるようになっています。
とはいうものの、短い時間をパートごとに分けているのと、パートによっては教える気ゼロ(笑)だったりするので、教則ビデオと思って買っちゃだめです。
個人的には、それぞれのメンバーのキャラが見られて楽しめたけどね。

そんなわけで、Gacharic Spinの生ライブ、観に行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/16

iPad2を買ってみた。

最近、iPadを仕事で使っている人をよく見かけるんだけど、すごく便利そう。パソコンよりも立ち上げが早いので、軽くプレゼンするにしても、相手を待たせずに説明できるし、動画を見せながらとかだと説得力も増すしね。

そして、実は音楽系のアプリが充実しているところが他のタブレットとは違うところ。
どうやらAndroid系はJAVAを使っているためレイテンシーが酷い、という噂。真偽の程は知らないけど。
画面が大きいので、XEWTON Music Studioの操作性も大幅に改善できそうだし、最近はiPad用のガレージバンドもリリースされたとかで、ちょっとした作曲メモにも使えそうだな?

てなわけで、iPad2 ホワイト 64GB Wi-Fiモデルを買ってみた。


3Gもちょっと悩んだんだけど、ケータイでテザリングすればいいので不要っぽい。メモリは仕事でも使うかもしれないので(・・・かも?使わないの?とかのツッコミは不要)余裕を持って一番大きいやつにしてみた。


iPad用のガレージバンドは、ピアノロールでドラムパターンが編集できないとか、多少の制限がある模様。Macに持って行って編集しなさい、ってことかな?てゆーか、iCloudとか使ってシームレスに曲のデータを共有できないもんかね?
ついでに言うと、バンドメンバーとも簡単にデータ共有できると作曲→編曲のプロセスの効率化が図れてさらに嬉しいんだけど。

と、ここまで書いておいてなんなんだけど、うちのMacBookはまだLeopardのままなので、iCloudがちゃんと使えない状態らしい。しかもLionにアップデートするには、まずSnow Leopardをインストールしないとダメだとか。これも近々なんとかしないとダメっぽいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/26

abingdon boys school/primer ~musical score~ を買ってみた

バンドでAbingdon Boys School(ABS)のJAPをカバーしてみようかという話になったので、スコアブックを買ってみた。

ABSって知らなかったんだけど、ようするに「ほぼT.M.Revolution」のようです(笑)

指弾きなのにピック弾きみたいなパキパキした音作りが良いですね。最近うちのギターに「ピックで弾いて」とか言われるんだけど、こんな感じの音が出せれば指で十分、な予感。
ところでこの曲、ベース的にはLow-B弦を多用してて、やたら動いてちょっとめんどくさい。グルーブ感出せるように弾けたらカッコよさそうなんだけどねぇ。

頑張って練習します(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/20

いちごの2ndライブ

このご時世に、本八幡 3rd Stageで2ndライブをやってきました。

バンド的には何してたのか、さっくりと記録に残しておこうかと。

3/13(日)千葉組だけでリハスタ入り XXXVII
午前はドラムと二人でリズム強化。
午後はボーカル入れて全体の流れとか。

3/18(金)お昼休みにライブハウスの店長から電話。
「ライブの時間帯が計画停電の時間なので、昼に時間をずらしたい。それでも参加するか否か?」
急遽メンバーにメールを送って協議。結果は「決行」

3/19(土)バンド全体でリハスタ入り XXXVIII
半日、通しリハとか最終確認とか。

3/20(日)午前に全員揃ってリハスタ入り XXXIX
さっくりと通しリハ&気になる曲の最終チェック。

てなわけで、場所を本八幡に移して時間がないので直接ライブハウスに。
セットリストとか予約者名簿とかの書類を書いて提出した後、山田うどんで昼ごはん。

今回はリハーサルがなくて、セッティング後に軽く音出ししてそのままスタートという手順。その間幕が引かれることもなく、セッティングしている様子をオーディエンスが観察しているわけで、ちょっと緊張。

今回の課題は、ステージ上で動くことと、楽しそうに演奏すること。というわけで、返しのモニターに登ってみたりを試みてみたわけだけど、サウンドチェックの時に軽く登ってみたら意外と不安定なことが判明。

そうこうしているうちに開始時に流すはずだったSEも流れず、慌ただしくライブ開始。

そんなわけで、セットリストは・・・
1.月苺
2.そばかす(JUDY AND MARY カバー)
3.Sweets(笑)
4.寺子屋
5.Try Again
6.Sunny Side Up↑↑
7.Sunday forever

ライブ開始早々、返しのモニターから音が出てないことに気づくも、時は既に遅し。そして、モニターに登ってみるとやっぱり不安定で、以後登るのは断念。そのかわり返しのモニターより前に出ようと試みて、こんどはステージから落ちそうになったりして、以後、緊張に加えて動揺しまくりでミスを連発。

ライブ後に「ベースの人楽しそうだった」とかいう意見もあったみたいなので、当初の課題はクリアしたっぽいけど、動きながら安定したベースを弾くのは難しいことを痛感。新しい課題、ですかね?

とりあえず、反省点は全部いろいろなゴタゴタのせいにするとして(汗)お客さんは楽しんでもらえたようなので2回目のライブとしては成功、ということにしておきます。


ところで、ライブハウスで貴重な電力を使ってライブを強行することについて多少の罪悪感もあり、今回の売り上げの一部を義援金として寄附することになりました。

で、うちらはどんだけ電力消費すんのさ?と思って調べてみると、意外な事実も判明。

「なんかさ、マーシャルのアンプって電力喰いそうだよな」とか言って調べてみると、ライブハウスにあるマーシャルの消費電力は以下の感じ(どっち使ったのかベースのおれは知らない)。
MARSHALL JCM800  115W
MARSHALL JCM900  80W

で、参考までに最近のテレビの代表的な消費電力は以下の感じ。
液晶32Vワイド   150W
プラズマ42Vワイド 350W

テレビ消して、マーシャル鳴らした方がエコってことみたいです(笑)

勿論、照明とかドリンクカウンターの冷蔵庫とかいろいろあるので、ライブハウス全体では結構な消費電力になるはずだけど、オーディエンスが全員エアコン切ってテレビ消してライブハウスに来るなら、ある程度の人数以上ライブハウスに人を集めちゃった方が電力の消費量は低い、と言えそう。
何人くらい集めればその閾値を超えるのかは不明だけどね。これからライブを予定してるバンドマンは、どうせやるなら一人でも多くのオーディエンスを集めて、みんなを楽しませて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/07

リハスタ入り XXXVI 「2ndライブ対応 その5」

今日は仕事を定時で終えて、夜に2時間程ドラムとリズム強化練習。

日曜日の午前中に2拍3連が二人して同じようにずれていることがわかって、それを矯正するのにbpm変えたりしながらひたすらクリックに合わせて演奏。

その後、適当に弾いているベースがドラムのフレーズと合ってない、ドラムはコーラス入れるので合わせられない、とかいうので、ドラムのキックに合わせてベースの譜割りを構成し直し(汗)とか、走りがちな曲をクリック使って矯正、とかやっているうちに、あっという間に2時間終了。

なんか、もっと出来るような気がしてくるので、地味なリズム練習も嫌いではないです。クリックと合わせるにしても、ドラムと一緒だとハイハットやキックやスネアの音も意識するので、一人での練習より楽しいですね。


ライブの告知を兼ねてオリジナル曲のメドレーを作ってみたので、気になった方でお時間の合う人はライブに遊びに来て下さい♪

※※※ 計画停電の影響で時間が変更になりました ※※※
開場13:00、出演14:50予定

※ボーカルメンバーの変更に伴い、動画を一時的に非公開としています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/05

リハスタ入り XXXV 「2ndライブ対応 その4」

今日は名古屋からギターが帰郷して、一日バンドの全体練習・・・と思ったらボーカルが体調不良で午後から出て来る、とのこと。

そんなわけで、午前中は楽器隊で練習。

セットリストの曲の走りやすい所とかをクリック導入して練習したり、一部フレーズやコードを見直したり、ステージ上の動きなど(とはいってもそんなに動かないけど)を確認していたら3時間はあっと言う間。

ボーカルと合流して食事の後、午後は2時から全体の流れなどを確認。午後も3時間とってあったんだけど、午前中にバンド全体の練習ができないこともあり、急遽一時間延長して練習することにしたんだけど・・・

4時になった時に、時間終了を告げるランプがチカチカと光り始めて、なにかと思ったら「3時間」が「3時まで」と伝わっていたらしく、一時間延長で「4時まで」ということになってしまっていたらしい。

空いている部屋もなく、別のリハスタに移動するのも面倒、ということで、6時から2時間入ることに。この手の連絡のすれ違いって、双方に非があるもんだけど、スタジオの店長は「これは俺だったらキレますから」と言ってくれて、午後の2時間x2を無料にしてくれました。

とはいうものの、ロビーでだらだらと時間つぶししているうちに、テンションは落ちて、長時間の疲れも出て来て、最後の2時間は微妙に気の抜けた練習に。

バンド練習は集中力も大事だな、と思った一日でした。


ライブの告知を兼ねてオリジナル曲のメドレーを作ってみたので、気になった方でお時間の合う人はライブに遊びに来て下さい♪

※※※ 計画停電の影響で時間が変更になりました ※※※
開場13:00、出演14:50予定

※ボーカルメンバーの変更に伴い、動画を一時的に非公開としています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧