2007/10/11

萬力屋@京都新風館 黒胡麻担々麺

久々のラーメンレポートです。今日は京都出張中で本来なら河原町あたりで飲んだりしてるはずですが、同僚とかがみんなテレビでボクシングを見たい、ということで宿の近くの新風館にあるラーメン屋、萬力屋でさくっと食べることに。そんなわけで今日の晩御飯は黒胡麻担々麺、880円

Dscf9942

えっと、結構美味い、というか好みのタイプです。坦々麺といえば本郷の瀬佐味亭が好きなんですが、負けず劣らずの味で、どちらかと言えば個性的な方かなぁ?濃厚だけど辛すぎず飽きのこない感じのスープと、若干縮れ気味な中太麺のコンビネーションも好きな感じです。

同僚の食べていたカレー担々麺も美味しそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/15

博多まるきんラーメン@春日 博多ラーメン

今日は朝から半日の人間ドックに行ってバリウムを飲んでみた。こんな重金属っぽいものをいつまでも体内に温存しとくわけにもいかないので、もらった下剤は全て飲んで水をがぷ飲みし、食事は汁っぽいもの(と、言えばラーメンがトップフライオリティ)を選択することに。

検査が終わって会社に戻ろうとすると、すぐにラーメン屋を発見したので、今日のお昼ごはんはまるきんラーメンの博多ラーメン(550円)+煮卵(100円)に決定。

Dscf9064

都内では割と安い方だと思うけど、具は少なめで、適当にトッピングを加えると、それなりの値段に。でも好きなトッピングが選べる方が個人的にはポイントが高い。

麺は普通の博多ラーメンな感じの細い直麺。スープも普通に豚骨だけど、臭みは少なめ?
味も普通で格別に美味いというわけでもないけど、ちゃんと豚骨ラーメンの味だし、紅しょうがとか、ニンニクとかを好きなだけ入れられるところがいい、かもしれない。これで高菜も入れ放題なら言うことないんだけど・・・それは高望みしすぎかなぁ。

あ、あと会社にもっと近いといいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/18

大福@本郷 坦々麺

会社の給湯室で女子社員がたむろしてる所に潜入してみた。ラーメン屋の話をしてるので、最近行ったのはどこ?とかきいてみると、いままでブログに書いてない中華屋の名前をあげて「坦々麺が美味しいですよ♪」

そいえば最近、ラーメンの話を書いてないな?いや、ラーメンは頻繁に食べてるんだけど。
そんなわけで、今日のお昼は大福の坦々麺、900円に決定!!

Dscf8965

値段は微妙に高いような?まぁ、ちゃんとした中華屋だからね。箸も割り箸なんかじゃなくて中華箸。
スープはゴマの風味が強めで少し辛めでいい感じ。とはいうものの、本郷の坦々麺=瀬佐味亭という方程式が脳内にすりこまれてるので、少し物足りないけど、たぶん坦々麺としてはこっちの方が正統派なような気がする。
麺は、中華そばって、こんな感じ!という普通の麺で、こちらも普通に美味しい。
てなわけで、ラーメンは結構満足いく味、だと思う。ここと味の勝負するとしたら瀬佐味亭よりもむしろ竹子かもな?と思ったり。

それはともかく、カルキくさい水道水を出すのはいかがなものか、と思ったり。安いお店じゃないんだからさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/31

らーめん亭@船橋 唐揚げあぶらーめん

らーめん亭@船橋 唐揚げあぶらーめん

今日は、前にも書いた店で、実はしょっちゅう来てる所なんだけど、別メニューでも紹介してみようかと。
えっ、ネタ切れ?
ラーメンネタで繋ごうとしてる時点で既にネタ切れですが何か?

そんなわけで、今日の夕飯はらーめん亭の唐揚げあぶらーめん400円

Dscf8473

あぶらーめんとは、スープがないラーメンでどんぶりの底にわずかに入った濃いタレに麺をさくっと絡めて食べるもの、らしい。他の店では油そばともいう、らしい。今回は唐揚げオプションを追加したので400円もしたけど、ノーマルのは普通のらーめんと同じ250円。めちゃ安。こんな値段だからどんな味でも満足、といえるけど、こんな値段なのに結構美味い、ような?・・・いや、他の店で食べたことはないから比較はできないんだけど。
ぶっちゃけ、こんなのラーメンとしては認められないと思って、ずっとずっとオーダーするのを拒んできたメニューのひとつだったりするんだけど、ここ半年くらい、この店にくると毎回あぶらーめんをオーダーしてみたり。

上に載ってる唐揚げなんだけど、これは売り切れたら終わりのオプションで、遅い時間に行くと食べられないこともあったり。えっと、鳥の唐揚げは好物なんでいろいろと食べてるけど、ここのは美味い、と思う。少なくともこの値段(400円-250円=150円)でこれより美味いのは食べたことない、かもな?

値段が値段だけに客層は押して知るべし、なんだけど、時々果敢にも女の子が食べに来たりすることもあったり。まぁ、今日はうだつの上がらないサラリーマン風と、年金生活者?ばっかりだったけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/17

ラーメン無限大@船橋 らー麺

和之介のあった場所に別のラーメン屋が出来てたのはなんとなく知ってたけど、今まで行きそびれていたり。
和之介は結構美味しかった、ような?閉店はちょっと残念です・・・なんて言って、最後に食べたのは半年近く前の話なので、味なんか忘れましたけど(汗)

それはともかく、跡地に出来た店は「ラーメン無限大」。これは是非行かなくては、といったわけで、今日の夕飯は、「らー麺」680円

Dscf8430

注文する時に、かつお味とニンニク味どちらにするか訊かれるけど、両方入れてもいい、というからややこしい。さらに背油の量も訊かれる。慣れれば自分の好みのラーメンにアレンジできるっぽい。この後人と会う都合があってとりあえずかつお味で。ニンニクも捨て難いんだけどね・・・なんて思ってたら人の心を見透かすように「ニンニクは普通に入れてよろしいですか?」みたいな事を訊かれて「あ、普通でいいです」
背油も普通。まぁ、初めてだから。

麺はうどんみたいに太い縮れ麺。食べごたえのある食感がグッドです。ラーメンに限らずやっぱり麺類は太い方がいいよね。そのせいか、茹時間が他の店より長かったりするけど、許容範囲でしょう。背油たっぷりのスープもよく絡んでいい感じ。

スープはかつお風味が効いてる・・っていうか、かつお以外の魚系のエグみも少し。とはいうものの、魚系は苦手だけどこれなら大丈夫。

もやしが大量にのっていて、トッピングにニンニクが・・・これは開き直って食べちゃうしかない感じです。

全体的に「がっつり」という雰囲気があるラーメンで、けっこう美味しかった。もしかしたらかつお味でない方が魚っぽくなくてさらに好きな味の予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/11

らーめん処 とまと@本郷 とまとらーめん

ここは以前にも入ったことある店なんだけど、ブログに書きそびれてることを思い出して、久々に食べに行ってみた。やっぱりお店の名前を冠したラーメンを、といったわけで今日のお昼は「とまとらーめん」650円

Dscf8244

オーダーして安心してると「トッピングは・・・?」と訊かれてちょっとパニック。このラーメンにはトッピング4種類(煮卵、ワカメ、コーン、バター)の中から 3種類入れてもらえる、てゆーか、入れないものを一種類指定する方式、らしい。久々なので忘れてたよ。
「ワカメなしで」といったわけで、無事にオーダー終了。

とまとラーメンと言っても、別にトマトソースベースのイタリアンな感じとかじゃなくて割りと普通な醤油ラーメン。
添加物を使ってないとかで、身体にはよさそう・・・とはいうものの、例えば塩とか醤油とかを過剰に摂取すれば極めて健康に悪いわけで「添加物なし」と「身体にいい」は必ずしもイコールではない、ような気もするけど。まぁ、いいか。

麺は、なぜか助六の箱に入っていたり。助六の麺を買ってるのかな?助六の麺を食べたのはだいぶ前だから、同じかどうかちょっと判断できないけど、同じような感じも。でも、ちょっと麺が茹ですぎてやわらかめのような?次回覚えてたら「麺カタめ」と注文してみよう。
スープは、オーソドックスだけど心なしか優しい感じの味で美味しい。つい全部飲み干してしまったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

美松@船橋 ばか麺ラーメン

船橋を代表する民族芸能のひとつに「ばか面おどり」というのがある、らしい。これって漁師町の方のやつだから、実は陸の方の住人としては「聞いたことはあるけど?」くらいの認識なんだけど・・・

その「ばか面」の名前をもじった「ばか麺ラーメン」とかいうものが船橋名物として君臨しているらしい?という噂を聞いて、自称「ややラーメン系ブログ」を標榜して(ないけどさ、成り行きとか勢いってもんがあるですよ)としては、レポしないわけにはいかない・・・といったわけで、今日の夕飯は、美松の「ばか麺ラーメン」700円

Dscf8235

えっと、ラーメンの前にこの店について。ばか麺のことを知ったのはもう半年以上も前のことなんだけど、夕食が外食な日はおおむね木曜日(定休日)だったりするので、なかなか行く機会がなかったり。ラーメンと甘味処ということで、あんみつとか、みつまめとか、おしることか・・・和系の甘いものは苦手で、背筋が寒くなるようなメニューもたくさん並んでたり。一瞬「女の子を連れて来るにはいい所かもな?」と思ったけど、別にトレンディーでお洒落な店というわけではないので、この案は却下。まぁ、気心の知れた女の子だったらまだ大丈夫かも、だけど、その節には「ばか面おどり」に関するトリビアでもネットで仕込んで行くのが正しい行動かと。

で、肝心のラーメンだけど、おおむねあっさり系の醤油ラーメンだけど、桜えびとアサリがのってるのが最大の特徴。やっぱ、アサリですよ。アサリ。深川丼なんかもアサリで有名だけど、江戸前にも通じるこのへんの海は、アサリが名産。深川丼みたいにアサリがたくさん・・・と思って期待してたんだけど、そんなに多くなくてちょっと期待はずれ。ついでに「もしかして佃煮?」的な味付けにはだいぶ期待はずれ。個人的に、なんでも「佃煮味」になっちゃう佃煮は、好きになれない数少ない食べ物のひとつ。出されれば食べるけどね、美味いと思ったことは一度もない。

もっとアサリの食材を生かした感じで出して欲しかったような?大粒でぷりぷりのアサリとかを入れて欲しかったかも。あるいはボンゴレみたいに殻つきのアサリがガサっと入った、漁師町らしい豪快なラーメンこそ「ばか麺」の名前にふさわしい・・・とか思うんだけど。

ぶっちゃけ、今回は期待が大きすぎたのが敗因です。全体としては美味しかったので、機会があればまた食べたいかも。てゆーか、Dragon的ばか麺ラーメンの構想を練りたい、ような?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/27

由○(由丸)@本郷 「由丸」博多らーめん

福のれんの名前が変わったらしい、という情報をゲットしたので夕飯を食べに行ってみた。
メニューは福のれんとだいたい同じ?。そんなわけで、今日のご注文は「由丸」博多らーめん、680円。

Dscf8214

お店の人の話によると、麺もスープも変わった、らしい。でも、違いが全然わかんない(汗)よ-するに美味しい博多らーめんです。
ゴマ擂り器も健在・・・ってか、ゴマを大量投与して、「ほぼゴマラーメン」になったのが味の違いが解らなくなった原因か?まぁ、美味しければ細かい味の違いなんてどうでもいいんだけど。

微妙に値段が上がったような?それと、ミニ替え玉はなくなったような?
普通の替え玉ぢゃ多すぎんですけど・・・(゚Д゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/22

喜楽@本郷 麻婆めん

Googleマップでラーメン店を検索すると出てくるお店。以前同じ名前のラーメン屋が本郷4丁目の方にあったけど?
興味があったので、お昼を食べに行ってみた。店の前に行くと、メニューがそっくり。もしかして同じ店かも、と思いつつ実際に食べて確認してみることに。そんなわけで、今日の注文は、以前よく食べていた、四川風麻婆めん(激辛)950円

Dscf8209_1

麺もマーボーも、食べきれないくらい量が多い所も酷似。すっごい懐かしい味。4丁目の店が閉まったのはいつ頃の話だっけ?
とはいうものの、メニューの細かいところが変わっていて、カキソースめんがなかったり、ランチメニューでごはんがついてたり。てゆーか、麺だけでも食べ切れそうにないのに、ライスがついても、ねぇ。
同定できないけど、関係アリなのは間違いない。店の人に「4丁目の方にも同じ名前の店があったけど?」ときいたら、「4丁目?ああ、真砂町のほうね。あそこで修行してましたが何か?」ということで、のれん分けなことが判明。

ちょっと値段が高いのと、会社から少し離れてるので、しょっちゅう食べるわけにもいかないけど、たまには足をのばしてみたい、かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/12

どさん子大将@本郷 みそラーメン

今日は何故か春日の駅まで歩くことになって、ちょっうど昼時だし、「あの店」でラーメンでも食べて行くか、ということで、今日のお昼はどさん子大将のみそラーメン700円。

Dscf0225

ラーメンの話の前に、なぜ「あの店」なのか、なんだけど、この店、実は前から知ってたけど、今まで怖くて入れなかったり。会社の同僚や先輩に訊いても、確たる理由も語らず「あの店はねぇ・・」と言って、昼飯時でも誰も入ろうとしない。少なくとも過去10年間、この店に入ったという人と会った事がない。確かに外観はボロボロで、やる気なしオーラが限りなく放出されている。そんなわけで、いつ通りかかっても、お客はいない。

ちょっと前、ラーメンにハマってるのを知ってる同僚と本郷のラーメン屋の話が出た時に「もう全部の店制覇したんでしょ?」とか訊かれた事があって、その時に「いや、あの店だけ行ったことがなくて・・・」と答えて以来「あの店」は、最大のペンディング事項となり、行く機会をじっと待ち続けてきたり。

今日、店に着いた時間はお昼の12:10頃。他の店はサラリーマンやOLでごった返している時間だけど、この店ときたら、近所のおばさん風のお客が一人いるだけで・・・びびりました。出来ることなら先送りにして別の店でラーメン食べたい衝動にかられたけど、会社を出る時に先の同僚に「あの店で喰ってから行くよ!!」と高らかに宣言してしまったので・・・。いや、こんなに入りにくいラーメン屋も珍しい(笑)

肝心のラーメンはびっくりするほど普通でした。写真にはないけど、何故か小さな冷やっこがついてました。別に美味いわけでもないけど、不味いわけでもない。しいて言えばスープがちょっと辛め、かな?という感じ。最近はダシにこだわりを持って、健康にいいものにしたり、みたいな姿勢がトレンドのような気もするけど、そんなの関係なし、な味がかえって懐かしいような。

いや、懐かしい感じがしたのはラーメンの味よりもむしろ店内の雰囲気かも。最近のお洒落なラーメン屋の雰囲気など微塵もなく、むしろ、外観から受ける印象を裏切らない少し小汚い感じは、なんというか「昔のラーメン屋ってこんなだったよな?」的でもあったり。昼の時間にもかかわらず客のいない店内には、止まったようにゆったりと流れる時間があったり。まるでここだけ昭和の時代に取り残されているような不思議な感覚の中でラーメンを頂きました。

考えてみれば、本郷にはかつて文豪が多く住んでいたり、とかで、そんな旧跡を求めて散策する人も多いんだけど、そんな「昔っぽい」感じに浸りたいなら、新しいお洒落な店に行くよりも、こういう店の方がいいのかもしれないなぁ、と思ったり。ちなみに場所は真砂坂上のバス停の前です。いや、万人にはお勧め出来ませぬゆえ、行く時は自己責任で(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧